No.102 アメリカの野菜 どうやって調理するの?

アメリカのスーパーマーケットには、日本では見慣れない野菜が本当にたくさんある。

夏になって、新聞やレストランのメニューによく取り上げられているのが Heirloom Tomato というトマト。Heirloom は、"野菜などの品種で系統の古い伝播作物" という意味らしく、エアルーム と発音するらしい。春キャベツや新ジャガのように、アメリカの代表的な旬の野菜なのかな。しかし・・・、形はいびつ、大きさも色もばらばらなこのトマトたち。そんなに美味しいの??
f0097972_6441448.jpg

となれば、食べてみないわけにはいかない!



あと、この時期どうやら旬らしいのがアンティチョーク(Artichoke)。
f0097972_6513692.jpg

でも、生のアンティチョークって下準備がとーーーっても面倒。。。硬い葉(ガク?)をハサミで切って、中央の紫の部分と羽毛を取り除いて、変色しないようにレモンをこすり付けて・・・。いつかはチャレンジしてみる・・・かも。



-+-+-

その他にも、スーパーで特に種類が多いのがスカッシュ類(Squash)。
以前ブログに書いたカラフルなズッキーニ(Zucchini)はサマースカッシュ(Summer Squash)で、
f0097972_6523944.jpg



ウィンタースカッシュ(Winter Squash)にもたくさん種類がある。代表的なものがこれら↓

エーコンスカッシュ(Acorn Squash)。
※Acorn はドングリの意。確かにドングリ。
f0097972_6552645.jpg


バターナッツ(Butternut)と色違いのエーコンスカッシュ(Acorn Squash)。
f0097972_6554624.jpg


形違いのバターナッツ(Butternut)といわゆるカボチャ(Squash)。
※カボチャもスカッシュ。カボチャというとパンプキン(Pumpkin)と思いがちだけど、パンプキンはハロウィーンで使われる大きなオレンジ色のものを指し、日本の食用カボチャは Squash と呼ぶ。
f0097972_6563032.jpg


バナナスカッシュ(Banana Squash)。
f0097972_6565796.jpg


他にも、フォークでそいでスパゲティのようにして調理するからスパゲティスカッシュ(Spaghetti Squash)、なんていうのもある。




おもしろい、おもしろい、おもしろい。

でも・・・・・、どうやって調理するんだ?




と、思っていたら、野菜に貼ってあるシールに簡単な調理方法が載ってるじゃない!どのスカッシュにもまったく同じ調理方法が書かれている。

Cooking Instructions:
Cut into 4" X 4" pieces, bake at 375°for 30 minutes or until tender or cover with clear wrap in 1/4" water and microwave for 8-10 minutes or until tender. Season with salt & pepper or butter and brown sugar.

(10cm角に切り、375Fのオーブンで30分焼くか、0.5cmの水を張ってラップをかけレンジで8~10分調理する。塩コショウあるいはバター&ブラウンシュガーで味付けする。)



-+-+-

というわけで、本日の夕食の一品。
エアルームトマトバナナスカッシュ
f0097972_65819.jpg


エアルームトマトは、普通のトマトと比べて酸味が少なくあっさりした味。かなり柔らかいものを選んだつもりだけど、歯ごたえがあって肉厚。中に入っている種ととろっとした部分が少ない気がする。サラダ向きだけど、トマトソースや煮込みにはむかなそう。

バナナスカッシュは、そのままオーブンで焼いて塩を振ったものと、バター&ブラウンシュガー&シナモン&ナツメグをかけて焼いたもの。味はカボチャそのもの!カボチャの多少甘さ控えめな感じ。食感も近い。バター&シュガー&シナモンのほうはデザートでもいけるんじゃない?と夫。




ウィンタースカッシュは、オニオンやチーズ、ベーコンを乗せて焼いても美味しいそう。次回は他のスカッシュにも挑戦してみまする。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-02 06:46 | アメリカの野菜


<< No.103 初のヨセミテ国立... No.101 ご褒美シャンパン... >>