No.74 アメリカに来て4ヶ月が経ちました。

アメリカに来て4ヶ月が経ちました。

「アメリカの生活には慣れた?」とよく聞かれます。何を以って「慣れた」と言うかは人それぞれ。スーパーマーケットに1人で行けるようになったとか、ローカルバスを乗りこなせるようになったとか。聞かれるたびに「私は何に慣れることが出来てるんだろう?」と考えます。

私の場合、アメリカ生活の最初の最大の壁は「英語」と「運転」でした。



英語
当然の壁ですね。特にアメリカ英語は難しい。スーパーに言っても何を聞かれているのかわからず本当にへこみました。家にかかってくる電話なんてもってのほか。出来るだけ留守電にして、録音し、夫に聞いてもらってました。

そのうち、お決まりで聞かれることを覚えました。例えば、

スーパーマーケット
 "Debit or credit?"
   (カードを出すとデビットカードかクレジットカードかを聞かれる)
 "Do you need a cashback?"
   (デビットカードの場合、スーパーのレジでお金を下ろせるので聞かれる)
 "Paper or plastic?"
   (アメリカのスーパーは店員さんが袋に入れてくれる。その袋を紙袋にするかスーパーのポリ袋にするかを聞かれる)
 "Do you need a help outside?"
   (買い物が多いと、店員さんが外の駐車場まで荷物を運んでくれて、車に積むところまで手伝ってくれる)

デパートその他のお店
 "What's your zip code?"
   (アメリカでは郵便番号でクレジットカードの有効性をチェックすることが多いので、zip codeはよく聞かれる。ガソリンスタンドでも入力することが多い)
 "Do you need a gift reciept?"
   (贈り物用と伝えるとギフトレシートをつけてくれる。ギフトレシートについてはこちら

郵便局
 "Do you need stamps?"
   (欲しいと言ってなくても最後に必ず切手は要らない?と聞かれる)

言葉にすると簡単なんだけど、レジの人ってぺらぺらぺら~って早口で聞いてくるからパニックになる。でも、聞かれる内容を覚えておくと、聞き取れなくてもなんとなく対応できるようになる。

アダルトスクールに行き始めたのも外に出て英語に触れるいいきっかけだったと思います。めちゃくちゃな英語でもしゃべろうとする行為はいいみたい。周りのみんなも同じような環境なので、英語を頑張ってる人の気持ち、相手に一生懸命伝える努力も理解し合える。




運転
日本で10年間ペーパードライバーだった私。過去3回しか運転したことがありません。筆記テストは一夜漬けで何とかなるも、実地テストの教官は当然英語だし、夫は隣にいないし。でもこれも、どういう項目をやらされるかをしっかり予習して、夫に英語で指示を出してもらいながら予行練習しました。

免許を取ってからも、"高速道路なんか一生乗らない!"と豪語していました。ベイエリアには縦に長い 101 という高速がありますが、El Camino Real という下道も併走しているので、ずっと El Camino だけで生きていこうと思っていました(笑)でも、一区間だけとか、車線変更しない区間だけ、という具合に練習し、今では勇気を出して積極的に 101 に乗っています。これには自分もびっくり。ただし、280 や 92 といった別の高速道路への乗り継ぎはまだまだ先の課題です。。


-+-+-

今日、日本人に「アメリカの生活には慣れましたか?」と聞かれ、"あ、最近ちょっとアメリカの生活に慣れたって言えるのかも"、と思えたのはうれしかった。どんなに悩む時期があっても、どんなにへこんでも、人間少しずつ前に進んでるんだなぁ、と。私はこう思えるのに4ヶ月かかって、これは早いのか遅いのかわからないけれど、また4ヶ月後にもうちょっと「アメリカの生活に慣れた」と思えるといいなと思います。



そんな変な自信がつき、いつも夫に英語で迷惑をかけていることもあり、今日は病院の予約を変更する電話を自分でしてみました。超ーーーーーつたなくて、超ーーーーー聞き返したけれど、相手も辛抱強く繰り返してくれ、何とか完了。頑張った!私!


追記:
"need a help" と "need a cashback" の a は要らないよーとご指摘を受けました。。まだまだですな。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-07-27 10:19 | アメリカ生活を始めよう


<< No.75 外国人へのススメ ... No.73 サンフランシスコ&... >>