No.72 アメリカはリサイクル天国

アメリカで売られているビール瓶やペットボトルにはよく以下のようなマークがついている。
f0097972_8534152.jpg


CA CRV - California Redemption Value or California Refund Value (カリフォルニア州のリサイクル前払い制度)

カリフォルニアではビンやペットボトルを買ったときに California Redemption Value(CRV)が自動的に課金されるので、容器を戻せば CRV を返金しますよ、というシステム。個別に持っていくと 24 fl oz 以下の容器なら5¢、24 fl oz 以上の容器なら10¢返金される。また、大量に持っていくと重さで計量してくれる。




■ リサイクルセンター 『BFI Waste Systems of North America Inc』

Costco や Safeway などのスーパーマーケットで回収しているところもあるが、とりあえず一番近い大型リサイクル場に行ってみた。埋立地に造られた、まさに廃棄物処理場のような場所。。プレス済みの缶たちが作り上げた巨大な塊がごろごろしている。

車の入り口は "Drop Off(置き捨て)" と "Buy Back(買戻し)" の2レーンに分かれており、キャッシュバック目的の人は "Buy Back" へ進む。"Drop Off" ではキャッシュバック対象ではないリサイクル用品(ダンボールや新聞など)を一気に捨てることが出来る。


どのくらいキャッシュバックされるかというと、↓これくらい持っていって $6~7。ペットボトル4袋、ビン2袋、カン1袋。
f0097972_8563287.jpg


こんな量りで重さを量る。この施設ではまとめて重さを量るので、5¢の換算方法は不明。本当は CRV マークや Recycle という文字が書かれていないといけないのだけれど、ビンは基本的に何でも受け付けてくれる。ワインのボトルや日本製のビンも出せてしまった。ただ、カンはアルミ缶のみ。スープや調味料のカンを持っていくと怒られる。。
f0097972_8565595.jpg



日本に比べるとリサイクル施設はあちこちにあるし、キャッシュバック換金率もそれほど悪くはないと思う(日本のリサイクルをよく知らないけど・・・)。「高いキャッシュバック率」 → 「リサイクルしようという意欲が高まる」というサイクルが出来上がっている。州単位で頑張ってるんだよね。すごいと思う。




-+-+-

以下のサイトに家の Zip Code (郵便番号)を入れれば最寄のリサイクルセンターを探すことができる。
Recycle.
http://www.bottlesandcans.com/dev/locator.cfm?phpMyAdmin=SNwipYERqHbZX3jreShERea0uK8

注)
スーパーマーケットなど、リサイクル場所によってリサイクル日や取り扱い品目、方法(数でカウントする場合と重さでカウントする場合など)が違うらしい。現金をキャッシュバックしてくれる場合と、リファンド金額が書かれたクーポンを渡されてそのお店でしか使えない場合などがあるので、事前に要確認。。。




-+-+-

(2006年9月6日追記)

リサイクルセンター『BFI Waste Systems of North America Inc』は Allied Waste of San Mateo County 運営の『The Recyclery』という名前に変更になっていました。

The Recyclery
http://www.alliedwastesanmateocounty.com/services_therecyclery_transferstation.cfm
333 Shoreway Road, San Carlos, CA
Monday - Saturday 8:30 a.m. - 4:00 p.m

以前とルールが変わって、ビンはダンボール箱や持ち帰り可能なプラスチックボックスなどで持っていかないと注意される。ビニールのごみ袋はNG。(次回からは気をつけろよなー、と言って受け取ってはくれたけど。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-07-26 04:49 | アメリカ生活を始めよう


<< No.73 サンフランシスコ&... No.71 つゆだく&生卵のな... >>