No.55 サンマテオ・アダルトスクール(San Mareo Adult School)

ESL = English as a Second Language
英語を第二外国語とする人のための英語クラスを意味する。


■サンマテオ・アダルトスクール (San Mateo Adult Scool)
http://www.smace.org/classes/esl.html

ESL を始めとする様々なカルチャークラスが無料で受講できるアダルトスクール。各クラスは数ヶ所で実施されていて、家(Redwood Shores)の最寄だとサンマテオ(San Mateo)とフォスターシティ(Foster City)。ミルブレー(Millbrae)にもあり。

ESL は文法から読み書き・会話までトータルで教える通常 ESL クラスと、会話クラスがある。日本人、文法は出来るんだけどリスニングと会話が苦手なのは私も同じで、私は会話クラスを選択。午前が通常 ESL クラス、午後が会話クラス。

最初にレベルチェックのため簡単なテストを受ける。4択や穴埋めや昨日あったことの作文など。中学生レベルのテストなので、文法が比較的得意な日本人は大体良い得点を取ってしまうらしい。テスト受講後、その日からクラスに参加できる。

ホームページに載っている開催クラスや時間は最新でなないこ可能性があるので、どこかの実施校でパンフレットをもらって確認するほうがよいと思う。(実際、ホームページ上ではフォスターシティの午後クラスがなかったのでサンマテオまで行ったら、フォスターシティでも午後クラスを実施していた。。時間は 12:30 PM~2:30 PM と短め。)ただ、受講登録だけならサンマテオ本校で出来てしまうっぽい。で、フォスターシティの ESL 会話クラスに登録。



■フォスターシティ校 (St. Luke's Church@Foster City)
フォスターシティの開催場所は St. Luke's Church という教会。

午前の通常 ESL クラスは4段階、午後の ESL 会話クラスは2段階のレベル分け。通常は1クラス15~20人くらい。ただし、夏の時期(7~8月)は子供が夏休みに入ったり母国に帰ったりする人が多く、人数がぐっと減ってしまうため、2クラスが一緒になってしまうこともある。

さらに人数が少なくなると、9月までクラスがクローズしてしまう。アダルトスクールもボランティアではなくちゃんとお給料が払われているから、生徒数が少なすぎると講師に払うお給料の採算が取れなくてクローズせざるを得ないのだそう。

クローズしている間はサンマテオ校に通えばいいのだけれど、サンマテオ校はクラスが大規模。1クラス30人以上のこともあるとか。会話は断然人数が少ないほうがいいから、今の状況がぎりぎりで続くといいのだけれど。

初めての授業は、日本人3人、中国人&台湾人7人、ロシア人1人、ペルー人1人、計12人。
2回目の授業は、日本人1人、中国人2人、ロシア人1人、ペルー人1人、計5人。
3回目の授業は、日本人3人、台湾人3人、ペルー人1人、計7人。

そして本日、とうとう2クラスが合体して21人の大所帯。しかもレベルが違う人たちが一緒に勉強するので先生も大変だろうな。

フォスターシティは日本人が多いけれど、日本語ばかり話しているわけではなく、逆に先生が日本人の苦手なつぼを心得ていて重点的に教えてくれるのは嬉しい。中国人と台湾人も多い。知人に聞いた話だと、サンマテオ校はメキシコ人が多いらしい。ちょっと興味あり。



■サンマテオ・カレッジ (College of San Mateo)
http://collegeofsanmateo.edu/

こちらは授業料を払って通う、もう少し正式な語学学校。本当の大学への単位トランスファーなどもある。夫の会社の同僚はここの日本語クラスに通っていたらしい。

ただ、カリフォルニア州に住んで1年未満の人は前年の税金(住民税かな?)を払っていないので授業料が高いのだそう。2年目以降は安くなるので、1年を境にアダルトスクールからこちらのカレッジに移る人もいるのだとか。

サンマテオ・カレッジの情報をもっとご存知の方、教えてくださーい。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-06-30 10:24 | アダルトスクール


<< No.56 紫陽花が恋しい No.54 アダルトスクールに... >>