No.1285 アメリカで洗濯機を掃除しよう!

子供が生まれるときに肌に優しい赤ちゃん用洗剤を買ったはいいけれど、洗濯機が汚れていたら意味がないなと、洗濯機の掃除を思い立つ。標的は、洗濯槽の裏に張り付いた溶け残った洗剤、そこに付着した垢や泥の汚れ、そして黒カビemoticon-0170-ninja.gif

洗濯槽掃除は日本では「酸素系漂白剤」を使う方法が多い。(重曹(黒カビ対策)、お酢(石鹸カス対策)を使う方法は、日々のお手入れとしては有効だけど、既に張り付いてしまっている汚れを落とすことは出来ないのだそう。)調べたところ、アメリカで手に入りやすい酸素系漂白剤が OxiClean!OxiClean の威力はすごいらしく、日本で市販の洗濯槽クリーナーで掃除した後なのに、OxiClean を使うと黒いベロベロした黒カビがぷかぷか大量に浮いてくるのだとか。

Washing Machine Cleaning



◆準備
OxiClean(粉末)
ゴミすくいネット(私はこちらを参考に自作)

◆手順
1. 洗濯機内側の細かい部分のゴミを雑巾や歯ブラシを使って除去。
2. 洗濯槽をお湯で満たし OxiClean を付属スプーン6~8杯投入後、洗濯機を10分ほど回して OxiClean を溶かす。
3. 洗濯機を止め、洗濯槽いっぱいまでお湯を足し、6時間~一晩浸け置く。
4. 放置後、浮いた汚れをネットですくい取る。
5. 通常の洗濯モードで2回転。
6. 洗濯槽を乾拭きし、蓋をあけて乾燥させる。

※OxiClean の量は60リットル(日本の洗濯機)に対しカップ5杯が目安。
※アメリカの洗濯機だと、上下に洗濯機と乾燥機が並んでいるタイプ(2.5 cu. ft. = 71リットル)ならカップ6杯、洗濯機と乾燥機が別々に並ぶ中型タイプ(3.4 cu. ft. = 96リットル)ならカップ8杯が目安です。
※お湯で完全に溶かすのがポイント。




洗濯機のHOT機能でお湯を溜め、OxiClean 投入。

Washing Machine Cleaning

がしがし回して OxiClean を溶かす。洗濯槽の上のほうまでお湯を足して満たし、

Washing Machine Cleaning

一晩置くと汚れが浮かんでくる。(思ったよりは少ない?乾燥してるカリフォルニアだけに、日本より黒カビは少ないのかも。)

Washing Machine Cleaning

自作網で汚れを掬い取る。

Washing Machine Cleaning

普通モードで2回転。後は蓋を開けて乾燥させる。

Washing Machine Cleaning

最後の洗濯モード2回転目で、ぞうきんを1枚はそのまま、1枚はネットに入れて一緒に回してみた。ネットに茶色いクズがひとつだけ付着したけど、それだけ。一応成功かな?

洗濯槽の汚れは、洗ったことのない洗濯機や引越し直後も気になるところ。皆さんも是非一度。


追記情報(Stan Lacieさんからのコメントより):
- アメリカの洗濯槽洗剤 「Tide Washing Machine Cleaner
 http://www.tide.com/en-US/product/tide-washing-machine-cleaner.jspx
- アメリカの食器洗い、コーヒーメーカー、湯沸かしポット等 「CLR
 http://www.jelmar.com/CLRbasic.htm


-+-+-

カビ繁殖を防ぐために日ごろ注意すべきポイント

1. 洗剤の使用量を守る。(粉洗剤の溶け残りを防ぐ、リキッドタイプのほうが溶け残らない)
2. 洗濯機のふたは開けっぱなしにしておく。(湿気をこもらせない)
3. 汚れ物は洗濯機に溜めず洗濯かごへ。(脱いだ衣類の湿気や汚れがこもってしまうので)
4. 時々重曹を入れたぬるま湯やお酢を入れて洗濯機を回すとカビ&汚れ防止になる。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-06-05 03:53 | アメリカ生活を始めよう


<< No.1286 聖なる山マウン... No.1284 海の中で熟成さ... >>