No.1217 カールズバッド洞窟群国立公園(Carlsbad Caverns National Park)

■ カールズバッド洞穴群国立公園(Carlsbad Caverns National Park)

ニューメキシコ州にある世界最大級の石灰岩鍾乳洞カールズバッド洞穴群国立公園。ゲートシティであるテキサス州エル・パソ(El Paso)から車で約3時間。

f0097972_9225336.jpg



公園ゲートを入り、しばし車を走らせビジターセンターに向かう。

Carlsbad Caverns National Park


園内はサボテンでいっぱい。

Carlsbad Caverns National Park



Natural Entrance Route(ナチュラル・エントランス・ルート:1.25マイル、2km、1時間)
ビジターセンターで基本情報をチェックした後、まずはここからスタート。ぽっかり開けた洞窟への入り口は、まさに地底への入り口。

Carlsbad Caverns National Park


足を踏み入れた瞬間、外の猛暑が嘘のようにひんやり。洞窟の中は一年中56°F(13℃)。

Carlsbad Caverns National Park


地底へと延々続く急な下りスロープ。鍾乳石を眺めながらどんどん下る。

Carlsbad Caverns National Park


約1時間のトレイル。終点は地下230mに突如開けた休憩所とランチルーム。さすがにここまで下ると13℃を体感、肌寒い。地球の歩き方に「地底での食事なんて滅多に体験できない!」とあったのでランチを楽しみにしていたのに、小さな売店に置いてあったのは何てことないサンドイッチ1種類とポテトサラダ、ヨーグルトパフェのみ。ビジターセンターのカフェで食べてくればよかった、、

Carlsbad Caverns National Park


Big Room Route(ビッグ・ルーム・ルート:1.25マイル、2km、1時間)
休憩所を出発地点としたトレイル。ここは更にすごかった。

Carlsbad Caverns National Park


ごつごつした火山跡のような岩。

Carlsbad Caverns National Park


威圧的な存在感の岩々に圧倒され。

Carlsbad Caverns National Park


かと思えば、中世ヨーロッパの宮殿のような石柱。

Carlsbad Caverns National Park


鍾乳石の岩肌は宝石のよう。

Carlsbad Caverns National Park


天井から無数に垂れ下がる鍾乳石はシャンデリアさながらに美しく。

Carlsbad Caverns National Park


一転、まるで宮崎駿ワールド。

Carlsbad Caverns National Park


天井から水が滴る所にはつらら石ができ、その水滴が床に落ちる所には石筍(せきじゅん)が生まれる。つらら石と石筍がつながると石柱となる。気が遠くなるような時間の成せる業。

Carlsbad Caverns National Park


このビッグルーム、天井の高さ約80m、アメリカンフットボール場が14個入るという、全米で3番目、世界でも7番目に大きい地下空間。とにかく広くて、スケールの大きさにただただ圧倒される。あまりの広さと奥行きに、時々遠近感を失いそうになる。この巨大空間の中に、これだけの多彩な鍾乳石が長い年月をかけて造られてきたんだ。

Carlsbad Caverns National Park


トレイル後はエレベーターで地上へ。噂どおり上りエレベーターは長蛇の列、2時半の時点で35分待ち。更に遅くなれば1時間待ちは覚悟なのだとか。ちなみにこの地下休憩所へはエレベーターで降りることもできるので、ビッグルームだけを見学することもできる。

Carlsbad Caverns National Park


ユニークな階表示。V(ビジターセンター)...450...550...650...750 ft.(深さ)...C(ケイブ)と降りてくる。

Carlsbad Caverns National Park


-----

The Bat Flight(コウモリの飛翔)

夕方のお楽しみはコウモリのショー。昼を洞窟内で過ごしたコウモリたちが、太陽が沈むと餌を求めて一斉に洞窟から飛び立つ様子を観察できる。洞窟入り口の円形場にみんな続々と。

Carlsbad Caverns National Park


コウモリは音や光に繊細なため、コウモリ飛翔中のカメラやビデオ撮影は一切禁止。

Carlsbad Caverns National Park


パークレンジャーがコウモリの習性や注意事項を説明していると、スピーカーに "がさがさ" ノイズが入り始める。なんと洞窟内に設置されたマイクからのノイズで、コウモリが飛び出してくる合図。と、思った瞬間、パタパタパター!と洞窟入り口から飛び出し始める。まとまった数が飛び出してきては、らせん状に旋回し、一定方向に飛び去っていく。空を真っ黒に覆うよう一斉に、ではなく、次々と、次々と。パタパタ、ふわふわ。なんて不思議な気持ちにさせる飛翔。そんな様子が30分以上続く。ぼーっと飽きもせず眺める。


この日は、月に一度の星を見る会(Star Party)の日。通常なら満点の星空と天の川(Milky Way)が見えるはず。ペルセウス流星群も期待したのだけれど、、残念ながら厚い雲に覆われて星はほとんど見えず。

Carlsbad Caverns National Park


夜は最寄のホワイツシティ(Whites City)に宿泊。かーなーり小さい町で、レストランもグローサリーも早々に閉まるため、コウモリや星を見た後に町での夕食は不可能。(よってビジターセンターのカフェで軽食を取った。)その上なんと、アルコールが売られていない町。。少し足を延ばしてカールズバッド(Carlsbad)の町に宿泊するのもあり。

Rodeway Inn


何はともあれ、壮大な鍾乳洞とコウモリの神秘に触れた、満足のカールズバッド洞窟群国立公園、終了。

Carlsbad Caverns National Park


Carlsbad Caverns National Park
http://www.nps.gov/cave/index.htm

洞窟は、ガイドなしで自分で見て回れる Self Guided Cave Tours(今回の2つ)と、パークレンジャーが案内する Ranger Guided Cave Tours(6つ)がある。中にはヘッドライト付きヘルメットをかぶり、這って進んだり岩をよじ登ったりする洞窟探検ツアーもある。(その様子はぴろりんさんブログをどうぞ。)洞窟内は、ペット、車椅子、ベビーカー禁止。コウモリの飛翔が見られるのは5月下旬から10月下旬。それ以外の時期はメキシコに渡り、また帰って来る。開始時間はビジターセンターでチェック。メキシコとの国境が近いため、エル・パソからの道中ボーダーコントロール(不法入国者の検問所)が設けられている。アメリカ国内のみの移動でもパスポートとビザをお忘れなく。



-+-+-

■ グアダルーペ国立公園(Guadalupe Mountains National Park)

おまけ、というと大変失礼だけど、エル・パソからカールズバッドへ向かう途中にあるグアダルーペ国立公園に立ち寄る。

Guadalupe Mountains National Park


マイナーな国立公園だけど、25億年前のサンゴ礁が露出しているなど地質学的には世界的に知られている。素晴らしい渓谷へ続くトレイルもある(そう)。

Guadalupe Mountains National Park


Guadalupe Mountains National Park
http://www.nps.gov/gumo/index.htm
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-08-27 09:23 | 国立公園:その他


<< No.1218 ホワイトサンズ... No.1216 ホワイトサンズ... >>