No.1209 コンドルは飛んでいくボリビアのカフェ 3 G's Cafe@Palo Alto

日本人の方から「お勧めよ」と教えてもらったパロアルトの小さなカフェ 3 G's Cafe。California Ave の1本裏手、オーガニックグローサリー Country Sun や和食陣匠 Jin Sho の真裏あたり。

3 G's Cafe


ここは南米ボリビアの軽食が食べられるお店。南米もいろんな国があって、ボリビアとだけ聞くとどんな風なんだろう、、と思うけれど、日本人の方のお勧めとあらば。ボリビアメニュー以外にもアメリカのサンドイッチもいくつか。(有名な民族音楽 『コンドルは飛んでいく』 は、本来ペルーの曲ですが、日本ではボリビアのアレンジが圧倒的に多いのだそうです。)

3 G's Cafe



Salteñas サルテーニャ
お店の一番人気、サルテーニャ。アルゼンチンやブラジルの具入りペイストリー Empanadas エンパナーダと同じ系統。ボリビアのサルテーニャは、ペイストリーの上部を綴じ合せたジャンボ餃子のような形。お店の人に温め方を聞くと「さくさく感を損なわないために、電子レンジではなく必ずオーブンで4~5分ね!」と念を押される。外側はほんのり甘めのクッキー生地のようで、エンパナーダより厚めでさくさく。

3 G's Cafe


こちらはビーフのサルテーニャ。牛ひき肉、じゃがいも、豆、オリーブなどが香辛料でしっとり煮込まれたパイ。(本場サルテーニャには固ゆで卵が入っていることが多いそう。)野菜もたっぷり。

3 G's Cafe


こちらが、夫も私も軍配を挙げた野菜のサルテーニャ。割ってみるとキヌアが!さすがキヌアの原産国。その他、じゃがいも、パプリカ、インゲン、コーン、オリーブの実、レーズンなどがマイルドなインド風香辛料で煮込んである。さくさくな外側としっとりな具が対照的、レーズンの甘みとオリーブの酸味のアクセント、野菜の優しい味が絶妙でとても美味しい。

3 G's Cafe


Alfajores and Cuñape アルファホレス&クニャペ
アルファホレスは、甘いキャラメルクリーム(Dulce de Leche)が挟まった、夫がこよなく愛する南米のクッキー。よくあるショートブレッド生地よりは甘さ控えめアーモンドクッキー風生地。(個人的には Sabores del Sur のが大好き。)一方、クニャペはもっちりしたチーズパン、日本では定着したポンデケージョ。こちらは想像どおりチーズパン。原材料は Yucca Flour なんだって。相場を考えると割高だけど(1.75ドル)。

3 G's Cafe


-----

サルテーニャがとても美味しかったので、他の人気メニューのスープにも期待高まり。

Peanut Soup and Quinoa Soup ピーナッツスープ(左)、キヌアスープ(右)
キヌアスープは、キヌアのぷちぷち食感はないけれど、キヌアの芽?の名残が見える。トマト抜きのミネストローネがとろんとしたような、クラムチャウダーからクラムとじゃがいもとミルクを除いたような、香味野菜とハーブの風味が奥深いスープ。(人によってはやや味が濃いかも。)ピーナッツスープにはチキン入りのチキンブロスベース。香りは確かにピーナッツィだけど味はそこまで強くなくて、ナッツが得意じゃなくても美味しく食べられる。どちらもヘルシーな食事を食べてる気分になれて幸せ。

3 G's Cafe


Pan de Arroz パンデアロス
「お米のパン」の意味のパンデアロスは、名前の通り Rice Flour(米粉)で出来たチーズパン。バナナの葉に乗せて焼いてある。思ったよりもっちりしてなくて、少し温めるとチーズとバナナの葉の香りがふんわり。よいよい。

3 G's Cafe


2011年にオープンしてもうすぐ1年。Yelpのレビュー数はまだ少ないけれど、ほとんどの人が★5をつける人気振り。ちょっと穴場っぽいところもいい。お気に入りは、野菜のサルテーニャと2種類のスープ。気軽にボリビアン。南米文化豊かなカリフォルニアならではの贅沢。

3 G's Cafe
http://50.28.14.108/~gscafec1/
456 Cambridge Ave
Palo Alto, CA 94306

月~金、日:朝食、ランチ(~4pmまで)、土曜定休。お店の奥にもちょっとしたパティオ席あり。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-07-19 14:34 | レストラン


<< No.1210 怖い話 ~ ガ... No.1208 テニス Ban... >>