No.1151 うるう年(Leap Year & Leap Day)

今年は4年に一度のうるう年。2月に29日が存在する年。英語では Leap Yearかえるがぴょーん。

基本は4年に一度巡ってくるけれど、実は例外の年もある。(え、常識ですか?)

1. 西暦年が4で割り切れる年は閏年
2. ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年(1800、1900、2100、2200、2300、2500 など、下二桁が00の年)
3. ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年(1600、2000、2400 など、100でも400でも割り切れるため)

西暦2000年は3番目のルールに当てはまる400年に1度の閏年であった。しかし2番目までのルールをもって2000年を平年と誤解する者もいた。このことは2000年問題の一因でもあった。次回の4で割り切れる平年は西暦2100年である。(Wikipediaより。



その他、うるう年に関する豆知識。

・ 近代の夏季オリンピックは4年に1度、うるう年に開催される。そのため「オリンピックイヤー」とも呼ばれる。

・ アメリカ合衆国大統領選挙も同様で、最初の1789年の選挙と1800年、1900年の選挙を除き、うるう年に行われている。

・ うるう年の西暦年は必ず4で割り切れるので、うるう年の十二支は子(ね)、辰(たつ)、申(さる)のいずれかである。

・ 2月29日生まれの人は平年に誕生日が存在しないため、日本では誕生日を基準とした行政手続に限って「みなし誕生日」として2月28日を誕生日とする。(行政手続に関係ないことなら2月29日を誕生日と主張し、4年に1歳しか年を取らないと言えるんでしょうね。)

・欧米諸国では、Leap Day は女性から男性にプロポーズをしていい日なんだそう。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-02-29 14:06 | 日々のつれづれ


<< No.1152 東日本大震災に... No.1150 IHOPでパン... >>