No.1130 祝春節!Chinese New Year!

中国人の多いベイエリアに住んでいると、この時期訪れる大きなイベントが旧正月。Chinese New Year、Lunar New Year、春節(しゅんせつ)とも呼ばれる。2012年は1月23日(本日!)がチャイニーズ・ニューイヤーにあたるemoticon-0164-cash.gif

旧正月は旧暦の正月。旧暦の1月1日は、1月22日ごろから2月19日ごろまでを毎年移動する。旧正月を祝うのは中国だけでなく、台湾、韓国、ベトナム、モンゴルでも最も重要な祝祭日の一つで、新暦1月1日の正月よりずっと盛大に祝われる。

中国の春節の習慣としては、起床後に年配者に対して長寿を祝う言葉を述べたり、知人や近所の人に春節を祝う言葉を述べ合う。正月料理も存在しており、一般に鶏(吉と同音)や魚(余と同音)を食す。北方では餃子が知られており、南方では甘い団子や餅を食べる習慣がある。(Wikipediaより)

Chinese New Year
Happy Year of the Dragon ☆



-----

旧暦大晦日に、近所の中華レストラン Cooking Papa で見つけたのがこれ。椰汁年糕(Chinese New Year Rice Cake)。

年糕 (Chinese New Year Rice Cake)

ばんずさんのブログで「New Year Rice Cake は "ういろう" や "くるみゆべし" みたい」とタイムリーに紹介されていたばかりで、ういろうLOVERの夫の心をわしづかみ。即お買い上げ。


中国では「年糕(Nian Gao)」と呼ばれるこの縁起物の食べ物。ねっちょりスティッキーなお餅風。大根餅よりさらにねっちょり。ばんずさんのは「ほんのり甘い」程度だったそうだけど、Cooking Papa の Rice Cake はひたすら甘いお菓子、まさに「ういろう」。赤褐色も砂糖の色で、小豆が使われているわけではないそう。レストランの人に食べ方を聞くと、「フライパンで表面を軽くかりっと焼くか、電子レンジで軽く温める(温め過ぎると溶けてNG)。人によっては溶き卵にくぐらせて表面がクレープ状になるように焼く人もいる」とのこと。炊飯器などで軽く蒸し直すと、蒸したてが戻ってまた美味しいのだとか。

いざ実食。手前がノンオイルでフライパンであぶったもの、奥が溶き卵をくぐらせたもの。ういろうLOVERの夫、幸せいっぱい。

年糕 (Chinese New Year Rice Cake)

この「年糕」、中華系スーパーでもチャイニーズ・ニューイヤーの時期なら簡単に見つかる。市販のものは、小豆入りだったり緑豆入りだったりいろいろ。ばんずさんバージョンもこのようなバライエティの一つなのでしょう。ただ一点、ばんずさんの Rice Cake との共通点はずっしり重いこと。持つとものすごい重量感。(量ってみたら1kg強あった。)小分けに切って冷凍して、長く楽しめるね、夫。。ういろうLOVERの皆さま、いかがでしょう?実は私はこの手のお菓子は大の苦手。ういろうも牛皮も全然ダメ。

年糕 (Chinese New Year Rice Cake)


-----

ベイエリアでは旧暦1月1日から2週間に渡りチャイニーズ・ニューイヤーが祝われる。中でも盛大なのが最終日チャイナタウンで行われるパレード。中国風獅子舞、ドラゴンたちがが練り歩き、爆竹が鳴り響く。すごい混雑だろうけど、こういうのを見ると一度は行ってみたくなる。

San Francisco Chinese New Year Festival and Parade
http://www.chineseparade.com/
http://www.sanfranciscochinatown.com/events/chinesenewyearparade.html
Saturday, February 11, 2012 5:15pm-8pm
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-01-24 11:45 | アメリカのイベント


<< No.1131 NBAバスケッ... No.1129 長く愛され続け... >>