No.1116 Christmas Day 2011

今年のクリスマス、初めて自分でホールチキンを焼きました。どきどき。

Christmas Dinner


参考にしたレシピは Food Network の 「Perfect Roast Chicken」と、マチくんが絶賛していたフィグ入りチキンに感化され、たどり着いたクスクス入り 「Roast Chicken with Fig Pistachio Couscous Stuffing」。本当は生フィグを使いたかったんだけど、季節柄生フィグは手に入らず、ドライフィグで代用。クスクスは、スタッフィングと外にあしらってグリルする2パターンを試してみる。外にあしらったほうが、クスクスも野菜もチキンの肉汁をぐーっと吸って美味しい。一緒に混ぜたピスタチオもほくほくな栗みたい。初挑戦だっただけに反省点も多く。極めたくなってきました、ローストチキン。

Christmas Dinner



結婚記念年の2005年ワインを毎年飲もうプロジェクト。今年はカリフォルニアのピノ、2005 Mendelson Sleepy Hollow Vineyard Pinot Noir。Sleepy Hollow Vineyard のピノは、私たちがワインにはまり始めた頃に大感動したワインのひとつ。レストランで飲んだので定かではないのだけれど、おそらく Mendelson のピノだったんじゃないかと信じることにしている。ちょうどよく枯れていて、スムースで飲みやすい。(で、飲みすぎた。)

Christmas Dinner


デザートは、夫がこよなく愛するエッグノッグ味の Eggnog Spice Cupcake。(エッグノッグのトリュフチョコもあったのに、写真の前に食べられた。。)私はエッグノッグは好きではないのに、これはいい具合にスパイスと甘さが効いててパクパク。

Christmas Dinner



ベイエリアでも日本でも、皆さんが大切な人と温かく過ごせたクリスマスでありますように。Du。

Durif






◆参考にしたレシピ:
Perfect Roast Chicken (Food Network で人気のレシピ、動画が参考になる)
Roast Chicken with Fig Pistachio Couscous Stuffing (クスクスのスタッフィングを詰める)
Book 『The Art of Simple Food』 by Alice Waters


◆今回の手順:
- 1~2日前に塩こしょうを振って冷蔵庫で保管。(チキンに香りが移る上、柔らかくなる by Alice Waters)
- 1時間前には冷蔵庫からチキンを出しておく。(by Alice Waters)
- 今回は5lbのチキンを355Fで1時間20分。(Food Network レシピは425F、それは高すぎと判断)
- 野菜は50分グリル、周囲にあしらうクスクスは20分グリルする目測で、出来上がりの時間から逆算。

- クスクスを作る。茹で上がったら刻んだドライフィグとピスタチオを混ぜる。
- クスクスを首の付け根に半分入れる。ホールのフィグも入れてみる。
- レモンを1/4に切り、ガーリックも真横に半分に切り、チキンの中に入れる。ローズマリーもいっぱい入れる。
- 表面に溶かしバターをまんべんなく塗る。羽の下にも塗る。
- 356Fで30分。この間に野菜を切る。玉ねぎはスライス、フェンネルは串切り。
- チキンを退避、野菜を敷き、オイルと塩コショウ、その上にひっくり返したチキンを乗せて30分。
- チキンをもう一度ひっくり返して、チキンの周りにクスクスをしいて、20分。
- 太ももの一番太い部分を刺して、透明な肉汁が出てきたらOK。
- アルミホイルをかぶせて20分休ませる。切り分けてできあがり。


◆次回の改良点
- 塩こしょうは豪快に。
- クスクスに混ぜるドライフィグはもう少し大きめに切ったほうがいい。スライスくらい。
- ピスタチオも刻まなくていい。大きいほうがほくほく感が出る。
- クスクスはスタッフィングにしなくても、外にあしらうだけでいい。
- 途中でチキンをひっくり返しながら焼くのは Alice Waters 式だが、ひっくり返してしまうと焼き色がうまくつかないし、温度が下がってしまうため、ひっくり返さなくていいと思う。
- フェンネルはやや薄めに切るか、1時間以上グリルしたほうが美味しい。(今回は50分。)
- ガーリックをもうひとつ買って、外にあしらってローストするといいかも。
- 今回は合計1時間20分ローストしたが、途中チキンをひっくり返さないのであればもう少し短めでもいいのかも。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-12-27 15:26 | アメリカのイベント


<< No.1117 Christm... No.1115 ファーマーズマ... >>