No.1102 ピザワールドカップ覇者のマルゲリータ Tony’s Pizza Napoletana@San Francisco

サンフランシスコのリトルイタリー、ノースビーチの名物ピザ Tony’s Pizza Napoletana

有名人オーナーの Tony 氏は、本場イタリア・ナポリで毎年開かれる World Pizza Cup(ピザのワールドカップ)で、2007年に Best Pizza Margherita 賞をアメリカ人初、ナポリ人以外で初受賞という快挙の人。そのほかにも Pizza Acrobat(ピザのアクロバット部門)で8回もワールドチャンピオンに輝いていて、サンフランシスコでピザスクールまで開くほど。Tony さんがピザをくるくる回し飛ばす姿は Food Network でも有名なんだとか。

Tony's Pizza Napoletana


ここは予約を受け付けないため、週末の夕方5時半頃から並び始め、待ち時間45分くらいと言われる。大半がガイドブック片手の観光客。雨上がりの夕刻、待てど暮らせど順番は回ってこず1時間以上、、、ようやく名前が呼ばれたときにはお疲れと安堵のため息。7時を過ぎていたけれど、7時の時点でその先の待ち時間が見えないため、名前を取ることを断っていた様子。つまり打ち止め。帰らされる旅行客、かわいそうに。

Tony's Pizza Napoletana


レストランと Tony さんを一躍有名にしたマルゲリータは一日限定73食。レストランはランチからディナーまでオープンしっぱなし、かつ1時間以上も待ったのだからほぼ諦めていた。(待ってる間の私のテンションの下がり様ったら。友と夫よ、すまぬ。)ダメもとで聞いてみると、イタリアンピザには欠かせない 00 Flour(ゼロゼロ粉、Tony’s では San Felice 社のを使用)はなくなってしまったけれど、他の小麦粉でなら同じ具材でマルゲリータを作ってあげるよとのこと。それでいいです!お願いします!

Tony's Pizza Napoletana


一気にご機嫌が直るんだから単純です。

Tony's Pizza Napoletana



Meatball Gigante ミートボール・ギガンテ
こちらも一日25個限定というジャイアント・ミートボール。これもまだ残っていてラッキー。選んだトッピングは中央がクリーム状なモッツァレラのブラータチーズ。お目見え、本当に巨大。両手の平で輪を作ったくらいの塊、普通のミートボール10個分はある。肉汁がしっかり閉じ込められててジューシーで、マリナーラソースとも合いとても美味しかった。

Tony's Pizza Napoletana


Margherita マルゲリータ
2007 World Pizza Cup Winner Naples, Italy
dough mixed by hand using san felice flour then proofed in napolitan wood boxes, san marzano tomatoes D.O.P., sea salt, mozzarella fior di latte, fresh basil, extra virgin olive oil

待望のマルゲリータ。このシンプルな赤白緑がピザの美学、ピザの究極と思うくらい好き。ナポリ風ピザは底面の生地がしっとりとした、アメリカのパンピザとも日本人が好きな薄焼きパリパリピザとも違うタイプ。トマトソースは繊細といえるほどシンプル。

Tony's Pizza Napoletana


Cal Italia カル・イタリア
Gold Medal Winner Food Network Pizza Champions Challenge
asiago, mozzarella, imported italian gorgonzola, croatian sweet fig preserve, prosciutto di parma, parmigiano, balsamic, no sauce

こちらは Food Network で優勝したというオリジナルピザ。アシアゴチーズ、モッツアレラ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、フィグジャム、プロシュート、そしてバルサミコビネガーという贅沢さ。シンプルなマルゲリータとはまさに対照的、甘さと酸味と塩分とチーズが複雑かつ見事にマッチし、絶妙。単純に美味しい。なんといってもピザ生地。マルゲリータの生地より断然もっちり。耳もまたもっちり。というわけで、私はこちらに軍配。

Tony's Pizza Napoletana


これはもう、ピザスタイルの好みなんだと思う。ナポリ風ピザも悪くないけど、私はもう少しもっちり系のほうが好き。(やりすぎなアメリカのパンピザ、という意味ではなく。)トマトソースも、トマトの酸味が強いものより、もう少しマイルドで塩味と甘みのあるほうが好き。ただそれだけ。「ナポリ風ピザとしては相当レベルの高いマルゲリータだったよ」と夫。

このお店のメニューは、ナポリ風、シチリア風、カリフォルニア風、クラシックアメリカン風と、とにかくバライティ豊富。感心するのは、それぞれのセクションごとで、使う小麦粉や焼く釜の種類、焼く温度などがすべて違うこと。だから今回のように、ピザ生地も一様でない。本格派ナポリピザからニューヨークスタイルピザ、ペパロニてんこ盛りピザまで(笑)、いろいろ楽しめるのは間違いなし。ただし、待ちは必至。

ところが、イタリア本国が認定する「The True Neapolitan Pizza Association (Associazione Verace Pizza napoletana) (真のナポリピザ協会)」認定店に入っているのは、サンフランシスコではA16だけ。Tony’s や Zero Zero などは認定されていない事実にちょっと驚き。


Tony’s Pizza Napoletana
http://www.tonyspizzanapoletana.com/
1570 Stockton St
San Francisco CA 91433
水~日:ランチからディナーまで続けて営業。月・火曜定休。予約不可。ホームページに最寄の駐車場情報あり。人気のマルゲリータは一日73食限定。

Tony Gemignani's International School of Pizza
http://www.internationalschoolofpizza.com/
Tony さんのピザスクール。Classic Italian Style、Neapolitan Style、American Style とコースも豊富で、卒業すれば Certificate がもらえる。「サンフランシスコ・ワイン日記」ブログのゴマさんのお友達が受講し、卒業証書をもらったそうです。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-11-24 02:15 | レストラン


<< No.1103 東日本大震災に... No.1101 ミシュラン2つ... >>