No.1098 サンフランシスコで愛される王道フレンチベーカリー La Boulange@Burlingame

サンフランシスコでローカルの人たちに愛されているフレンチベーカリー La Boulange (ラ・ブランジュ)。青と黄色の明るいパステルカラーがモチーフのかわいいお店。これまでサンフランシスコやノースベイ、イーストベイにしか店舗がなかったのが、待望の!ペニンシュラ、バーリンゲームにオープン。

La Boulange


こじんまりなカウンターながらも、バゲットやローフに始まり、サンドイッチ、キッシュ、クロワッサン、ブリオッシュ、ペイストリー、タルトなど所狭し。カヌレ、マカロン、マドレーヌ、ベニエといった、フレンチベーカリーならではの品揃えも。(カウンターに試食があることが多いみたいで、この前はマカロンがまるまる1個でした♪)(ランチ直後に行くとかなり品薄。デザートタイムには補充されるのかな。)

La Boulange


カフェも併設する店内は、テーブルや椅子は木を基調としたカントリー調。天井からはバケツをひっくり返したランプシェード。パリの田舎、というより、木の椅子に座っていると小学校時代を思い出す。

La Boulange


La Boulange は、フランス出身の長年パリで修行を積んだ伝統的なフレンチベーカー Pascal Rigo 氏が1999年にオープンしたお店。全店フランチャイズではなく、品質管理すべてに手が行き届く直営店なんだそう。オーガニック素材やフレンチバターを使ってデイリーで焼かれる新鮮なパンたち。その日売れ残ったパンは、地元の恵まれない人々をサポートする団体に寄付されている。



カフェタイム。こちら、フレンチの王道キッシュ・ロレーヌ(Lorraine Quiche)にサラダを添えて。一口頂いたら、タルト生地がさっくさく。キッシュも濃厚で本格派。ハムもチーズも美味しい。丁寧に作られてる感じ。

La Boulange


私は来店前から決めていた、フレンチトースト(Fantastic French Toast)。普段フレンチトーストは頼まないのだけれど、mikaさんMiyukiさんが「このフレンチトースト、卵の割合が大きいのかブレッドプディングと言ってもいいくらい」と仰っているのがとても気になっていて。ふにょふにょではなくふっくら、しっかりめで、確かにブレッドプティング風。表面がカラメル状に焼き付けられていて美味しい、幸せ。お気に入り。フルーツもフレッシュで美味しかった。

La Boulange



-+-+-

La Boulange には本家ブレッドプティングもある。クロワッサン・ブレッドプティング(Croissant Pudding)。その名の通りクロワッサンを使ったブレッドプティングはお店の大人気商品で、レジに並ぶ見知らぬ客同志が「これは絶対買うべきだよ」と勧め合うくらい。まさにプリン!な部分とパンの部分と、両方が融合した部分がそれぞれ楽しめる。上部と底にさくさくタルト生地があり、キッシュ同様丁寧で美味しい。ただ、、、甘かった。そしてクロワッサンが苦手なので油っこさが気になる(それは私の問題)。個人的にはお店で食べたフレンチトーストのほうが好き。でも、3ドルでかなりの大きさと人気の高さは試す価値ありかと。ブルーベリーのパウンドケーキもブレッドプティングのようにみっちり詰まってる系でやや甘め&特大。

La Boulange


その他の人気アイテム、野菜のタルト。mikaさんもお勧めカリフラワータルト(Cauliflower Tart)は、濃厚ベシャメルソースが王道フレンチを感じさせて美味しい。温めなおしてもパイ生地がさくさく。ばんずさんお気に入りのハムポテトタルトも美味しそう。

La Boulange


SF 50 Treats to Eat Before You Die にも選ばれているミニパルミエ(Mini Palmier)。「源氏パイ」と言ってしまえばそれまでなんだけど、、でも正直、このミニパルミエは「源氏パイ」だった。良くも悪くもざくざく。(さくさく、な感じではない。)よくあるパルミエに比べれば甘さ控えめで美味しい。(最近スコーン狂返上し、パルミエ&ブレッドプティングに目がない。ベイエリアのマイベスト・パルミエは、ソノマの Costeaux French Bakery。Cocola と Douce France もなかなか。)

La Boulange

マカロンは何度か食べたけれど可もなく不可もなく。(マカロンなら同じ Burlingame Ave 沿いのもうひとつのフレンチベーカリー La Bohème のほうがお勧め。)マドレーヌはしっかり焼かれた固めでややぱさつき。もう少ししっとりしたマドレーヌのほうが好き。小振りなオートミールクッキーはしっとりソフト系でやや甘いけれど結構美味しい。カヌレも表面のカラメル感と中のしっとり感が上手い。



一言で表すなら、「忠実にフレンチ」。フランスの伝統的なレシピに妥協せず、惜しみなくリッチに、丁寧に。タルト生地、パイ生地はさくさく、時間が経ってもさくさく。これは秀逸。クリスマスには期間限定販売ブッシュ・ド・ノエルが出るそう。お気に入りのベーカリー&カフェが身近にまたひとつ。

La Boulange


La Boulange Cafe & Bakery
La Boulange de Burlingame バーリンゲーム店
http://laboulangebakery.com/
1152 Burlingame Ave.
Burlingame, CA 94010

現在サンフランシスコ市内に10店舗、その他のベイエリア地区にも7店舗を展開(2012年現在)。カフェではサンドイッチの他、スープ、サラダ、季節スペシャルのパスタやメインがあることも。キッズメニューもいろいろ。そっくりな名前のベーカリー Le Boulanger と混同しないようにしましょう。(ね、かもくん。)
f0097972_364076.jpg




-+-+-



※2012年にクローズしました。
同じ Burlingame Ave 沿いにある、もうひとつのフレンチベーカリー La Bohème(ラ・ボエム)。
フランスとアメリカ、2つの国旗。名刺には French American Cuisine と書いてある。(フレンチに特化したほうが印象いい気もするけれど。)

La Boheme


左が La Boulange のピスタチオマカロン、右がここ La Bohème のヘーゼルナッツマカロン。いずれも1.50ドルと同じ値段で La Bohème のほうがひと回り大きい。お味も La Bohème のほうが表皮のさくさく感と中のしっとり感のバランスがよくて美味しい。

Macarons


もうひとつのお気に入りが、ファーマーズマーケットで見つけた La Bohème のベニエ(Beignet)。ベニエは、ドウを油で揚げて粉糖をかけた、ドーナツに似たペイストリー。ブリオッシュ風の甘めのパン。中には煮込んだアップルが詰まっていて、自然なりんごの甘さでとても美味しい。ベニエはファーマーズマーケット含め土日限定販売。

Beignet at La Boheme


La Bohème
http://labohemerestaurant.com/
1425 Burlingame Ave
Burlingame, CA 94010
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-11-12 03:54 | レストラン


<< No.1099 東日本大震災に... No.1097 Hallowe... >>