No.1066 サヨナラデュリフと奇才ワインメーカーの旅@Santa Cruz

カリフォルニア州サンタクルーズ。一般的にはサーフィンなど水上スポーツで知られている町だけど、サンタクルーズ群全体はワイン産地としても重要な地域。サンタクルーズまでなら車で1時間。行ってみようか、と訪れたのは、サンタクルーズに拠点を置く2軒のワイナリー。


■ Santa Cruz Mountain Vineyard

Santa Cruz Mountain Vineyard のワインラベルには、サンタクルーズマウンテン地方に生息するシンボル的野生動物ボブキャットが描かれている。耳の先が尖っていて飾り毛がついている(証拠画像)。そんなワイナリーでの、悲しく切ないストーリー。

Santa Cruz Mountain Vineyard

数年前、このワイナリーの Petite Sirah の赤ワインを飲んで気に入る。ラベルのボブキャットもかわいいね、と。その翌年、アニマルシェルターで運命の黒猫と出会う。名前は何にしよう、と相談してるとき、ふと思い出したのがこのワインの名前。「Durif」。Durif とは Petite Sirah の元々の品種名で、フランスからカリフォルニアに渡った際に Petite Sirah と呼ばれるようになった。あのワイン美味しかったし、ボブキャットにもちょっと似てるかも、ということで、その子は Durif(デュリフ)と命名された。

そんな、とても思い入れのあるワイナリー。

「あったあった、Durif いるよ」と嬉しそうに Durif ワインと再会を果たし、テイスティングを始める。

Santa Cruz Mountain Vineyard


・・・ふと気づく。飲ませてもらっている最新ヴィンテージのラベルには 「Durif」 ではなく 「Petite Sirah」 と書かれている。え。。恐る恐るお姉さんに聞いてみると、嫌な予感的中。「アメリカでは Durif と言ってもピンとこないから、わかり易く Petite Sirah に変更したのよ」と。そんなー。そんなー。わかりにくくても、それがワイナリーのアイデンティティ、こだわりだと思ってたのに。うちの子 Durif の由来はどこへ。ショック。

そんな傷心を抱えつつも、相変わらず Petite Sirah (旧 Durif)は美味しかった。深みのあるブラックベリー。それは切ない涙の味。(うそ。)

Santa Cruz Mountain Vineyard

お気に入り
・2007 Pinot Noir - Bailey’s Branciforte Ridge Vineyard ($29.00) 複雑で濃いピノノワール
・2009 Grenache - McDowell Valley ($18.00) 鮮やか軽やかなグレナッシュ
・2008 Petite Sirah - San Antonio Valley ($18.00) 涙のデュ、もう一度

Santa Cruz Mountain Vineyard (テイスティング料5ドル、ワイン購入で還元)
http://www.santacruzmountainvineyard.com/




■ Bonny Doon Vineyard

Bonny Doon を形容するならば、というより創設者兼ワインメーカーのランドール・グラハム氏(Randall Grahm)を形容するならば、カリフォルニアワイン業界きっての「奇人ワインメーカー」。ワインのラベルや名称だけでも独創的だが(それぞれ個性の塊、なんの統一性もない)、それ以上に氏自身の奇抜な発言や行動はもはや名物、の「変わり者」。

Bonny Doon Vineyard


しかし、単に奇をてらっただけの人物ではなく、ワイン造りの実力や確かな科学的根拠に裏づけされた新たな取り組みが時代の先駆けになってきたのも事実。その功績が認められ、2010年にはカリフォルニアワインの発展に貢献した人々を称える第4回 Vintners Hall of Fame 『ワインの殿堂』 に選ばれている。(詳細はゴマさんのブログをどうぞ。)

Bonny Doon Vineyard


ブドウ品種も変わっているが、グラハム氏自ら 「The Rhone Deranger(ローヌ狂信者)」と名乗るだけあってフランス・ローヌ地方の品種が多い。気に入ったのは 100% Grenache Blanc(Biodynamic)の白ワイン。ラベルもバイオダイナミックを表す螺旋デザインですてき。ハチミツやメロンの味、でも甘すぎない。もうひとつ、Bonny Doon のフラッグシップワイン、ローヌブレンドの赤ワイン Le Cigare Volant(ル・シガー・ヴォラン)。ラベルは空飛ぶ葉巻。古典ローヌとは一味違った、鮮やか軽やかなカリフォルニア的ローヌ。全体通して赤より白が個性的で美味しい。

Bonny Doon Vineyard

こうした奇天烈な発想と、対照的に真面目な思想、人物像、独創的なワインが、熱狂的ファンを生む所以なんでしょう。(私もはまりそう。)

お気に入り
・2009 Vinho Grinho ($20.00) ハーブ香るすっきり白
・2009 Grenache Blanc ($25.00) ハチミツやメロン香るトロピカルな白
・2007 Le Cigare Volant ($35.00) カリフォルニアのローヌな赤
・2008 Vinferno ($20.00) 個性的なデザートワイン

Bonny Doon Vineyard (テイスティング料5ドル、ワイン購入で還元)
https://www.bonnydoonvineyard.com/




-+-+-

この2つのワイナリーがある場所は倉庫街で、他にもワイナリーが隣接して立ち並ぶ。サンタバーバラのロンポックのよう。徒歩で何軒もワイナリーを楽しめる。

Santa Cruz


ワイナリー以外にも、フレンチベーカリー&カフェ(美味しそうなマカロン発見!元サンタクルーズ在住kiki-jujuさんのお勧めは洋ナシのタルトだそうです)、雑貨屋、アパレルセレクトショップ、ブリュワリーなどが集っていて、是非また来たい一画でした。

Santa Cruz
Ingalls Street, Santa Cruz, CA 95060


帰りは気持ちよく CA-1 ドライブ。最高 004.gif

Santa Cruz

※「サヨナラデュリフ」、ちょっといたずらが過ぎました、、みなさま、すみません。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-08-27 04:28 | ワイン&ワイナリー


<< No.1067 美味しさ届けて... No.1065 恐竜野菜 Di... >>