No.1058 走る!走る!オレ・ン・ジ! JapaCurry@SF Bay Area

ますます話題を呼ぶフードトラック。日本人ならここを食べておかない訳にはいかないでしょ、と、とうとうサンフランシスコまで追いかける。アメリカ生活20年、元IT商社マンだった日本人Jayさんがフードトラックビジネスに挑戦。日本のカレーのフードトラック JapaCurry

週末のサンフランシスコ。ランチタイムをやや過ぎても、3台並んだフードトラックはお客さんで大賑わい。人混みの向こうにオレンジ発見。

JapaCurry


そう、元気なオレンジカラーとかわいいイラストが目印。

JapaCurry


カタカナで書かれた「ジャパカレー」の文字もレトロでかわいい。

JapaCurry


この日のメニューは、カツカレー(ポーク or チキン、8ドル)、コロッケカレー(野菜コロッケ or かぼちゃコロッケ、7ドル)、チキン南蛮(7ドル)。飲み物にはおーいお茶。

Katsu Curry (w/ Pork) ポークカツカレー
夫のお目当てはカツカレー。ご飯とルーは別々にサーブされる。家庭のとろっとルーではなく、職人的なさらさらルー。とんかつはさっくり揚がり、カレーも適度なスパイシーさ。美味しい日本式カレーに夫も満足。

JapaCurry


ただ、買いに行った夫の話だと(私は車でその辺りをぐるぐる回っていた)、両隣のフードトラックが盛況なのに比べ、JapaCurry はややさみしい感じだったとか。(両隣が人気の Little Green Cyclo と Hapa SF だったので仕方ないといえば仕方ない。)日本のカレーって、こちらの人にどんな風に見られてるんだろう、どう評価されるんだろう、という話になる。カレーといえば、インドカレーやタイカレー。日本カレーの知名度はまだまだ低く、新しい物への興味で試す人はいるだろうけれど、、どれくらいのリピート率になんだろうね、うーん、どうなんだろう、と話は堂々巡り。とはいえ JapaCurry、場所によっては大盛況で売り切れることもあり、知名度も上昇している噂は聞くので、日本人としてはもちろん応援したい。

カツカレー・ブリトーは順調かな。ご飯をべちょっとさせないのが難しそうだけど、面白いアイディア。同じく手軽さを見込んだたこ焼きも現在思索中とか。頑張ってください。


JapaCurry
http://www.japacurry.com/
http://www.facebook.com/JapaCurry
http://twitter.com/JapaCurry/
Jay's World
http://jay.typepad.jp/jays_world/
オーナーJayさんのブログ。忙しい中更新してくださる興味深いフードトラック裏事情。

その他のベイエリアのフードトラックはこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-08-09 08:21 | レストラン


<< No.1059 彼と彼女を虜に... No.1057 アーモンドバタ... >>