No.1055 サンフランシスコの老舗アフタヌーンティ Lovejoy's Tea Room@San Francisco

女性の憧れ、アフタヌーンティ。(アメリカでは High Tea とも言います。)サンフランシスコで1ヶ月間バレエのレッスンを取られていた(さすがダンサー!)aqua_blueYさんとお会いするために選んだのは、人気の老舗アフタヌーンティルーム Lovejoy's Tea RoomANTIQUES の文字どおり、1990年代前半アンティークショップだったお店が、お店で出されるお茶とスコーンのほうが人気を呼び、ティールームとしてオープン。なるほど、歴史を感じさせる外観。年季十分。

Lovejoy's Tea Room


お昼になると次々とお客さんが訪れ、あっという間に満席。アフタヌーンティという儀式的 Ritual なランチだけに、予約客が多い。

Lovejoy's Tea Room
"Reserved for the Queens" 「女王様のためのご予約席」


High Tea for Two $17.00 per person
素敵な2段トレイが運ばれてくる。ガラスのプレートも取っ手部分もアンティーク調。上の段には、スコーン、ダブルデボンクリーム、ジャム、ショートブレッドクッキー。下の段には、サンドイッチ、コールスロー、グリーンサラダ。お茶は、好きなフレーバーを選ぶと何度もティーポットに注ぎ足してくれる。

Lovejoy's Tea Room


温められて出てきたスコーンは、さっくりイギリス風。(大きさはアメリカサイズ。)やや甘めだけど、アメリカで食べるイギリス風スコーンとしては美味しい。何より、ダブルデボンクリームをつけるとスコーンの味が引き立つのに感心。(Clotted Cream と Double Devon Cream って微妙に違うものだったんですね。知らなかった。)

Lovejoy's Tea Room


サンドイッチはたくさんある中から1人2種類ずつ選べる。aquaさんは、スモークサーモン&クリームチーズとシュリンプ&マヨネーズ。私は、同じくスモークサーモン&クリームチーズと洋ナシ&スティルトン(ブルーチーズ)。1種類が3~4切れずつ来るので、2人以上で行くなら全部違う種類にして、いろいろ食べるのが得策。(かぶっちゃった、失敗。)シーフード系はまあ普通。一方、世界三大ブルーチーズの一つであるイギリスの Stilton は洋ナシにとてもよくあって、これは美味しい。アーティチョーク・ハマスも人気とか。こういうところで食べるサンドイッチは、シンプルな組み合わせがいいのかもしれない。

Lovejoy's Tea Room


日本人の皆さん含めよく注文されているのは、一番デラックスな Queen's Tea セット($24 per person)。High Tea セットに、クランペット、フルーツ、プチフールがついてくる。(Queen's Tea の様子は、Miyukiさんばんずさんのブログをどうぞ。)そのプチフールがあまりにも可愛かったので、写真にだけ収めさせてもらって。

Lovejoy's Tea Room


他にサンフランシスコで有名なアフタヌーンティといえば、ラブリーな Crown & Crumpet や高級感溢れる The Ritz-Carlton Hotel など。ここ Lovejoy's は、例えるならイギリスの民家風、家庭的な雰囲気で親近感が持てる。そしてお値段も良心的。

Lovejoy's Tea Room


路面電車が通る Church St 沿いの憩いの場。お茶をたくさん飲んで、飲みすぎて、お腹たぷたぷ。お上品にサンドイッチをつまみながら、近況の話に花を咲かせ。そういえば、以前aquaさんとデートしたのもパロアルトのアフタヌーンティ。(サンドイッチのお味は、個人的にはそちらのほうが感動でございました、笑)ともあれ、今も昔も愛され続けるサンフランシスコのティールームでの、楽しい思い出。

Lovejoy's Tea Room
http://www.lovejoystearoom.com/
1351 Church St
San Francisco, CA 94114

水~日:月・火曜定休。お茶とスコーンのセット Cream Tea から、軽めの Light Tea、今回の Hight Tea、豪華な Queen's Tea までいろいろ。単品注文も可能。子供用メニュー Wee Tea もある。



-----

食事の後は、向かいのアンティークショップでお買い物できます。

Lovejoy's Tea Room
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-08-04 06:25 | レストラン


<< No.1056 甘く幸せなアメ... No.1054 サンフランシス... >>