No.1030 トマトにヨーグルトに美味エキメキなトルコ料理 Pilita Grill@San Carlos

※2012年5月、大家さんからの強制退去によりクローズ。。新しい場所を探し中だそうですが。残念です。

伝統的な世界三大料理と言われているのが、フランス料理、中華料理、そしてトルコ料理。フレンチと中華は食べるけれど、トルコ料理はちゃんと食べてないね、食べてみたいねと話していた矢先、ベイエリアのお勧めレストランを紹介する東京テレビの「ハローレストラン」に登場したのが、サンカルロスにあるトルコ料理レストラン Pilita Grill(ピリータ・グリル)。

Pilita

とはいえ、トルコ料理はギリシャなど各国の地中海料理と影響しあっているので、おおむね共通した料理を持っている。中央アジアの食文化である羊(ラム)を中心とした肉料理、ヨーグルトやナッツ類、地中海で取れるオリーブオイルを料理に使う、アラビア周辺からひろがった小麦粉とアジアの主食である米の両方を使うなど、東西の食文化を融合させた多彩な素材、味、調理法を持つことが特徴として挙げられる。


まだ陽の強い夕方は明るい店内。夜には照明が落とされてロマンチックな雰囲気に。

Pilita


このお皿、一目惚れ☆

Pilita



まず感動したのが、暖かくサーブされたお通しの自家製パン。トルコではパンを総称してエキメキ(Ekmek)と呼ぶそうで、これもエキメキと呼んでいいのかな。外側はスコーン生地みたいにさくさく、中は白くてふわふわ、美味しいー!サンドライトマトのディップもトマトの甘さが際立ってすごく美味しく、他の料理にもつけたくて最後までキープ。ベーカリーとしてこのエキメッキだけ販売してほしいくらい。

Pilita


Mucver ズッキーニシュレッド揚げ
Shredded zucchini fritters with onions & mint
前菜から、伝統的なトルコ料理。細くシュレッドしたズッキーニを揚げたもの。かりっと固そうに見えて、実際はふにょ、ふわっと、期待を裏切る面白さ。ヨーグルトソースはやや甘め。ミント風味が効いてて夫お気に入り。

Pilita


Yorgurt Doner ヨーグルト・ドネル
Thin Slices of lamb & beef over pita bread & strained yogurt topped with tomato sauce & brown butter
ハローレストランで紹介されていた一品。角切りエキメッキの上にラムとビーフ、トマトが盛られ、その上からトマトソースとヨーグルトソースがかかった鉄板料理。トマトの酸味と食感が思ったほど強くなくて(夫でも食べられる、笑)ヨーグルトで更にマイルドに。エキメッキがソースに浸ってブレッドプティング風。グリルされたラムは炭の味がしっかりして美味しい!

Pilita



Beyti Kebab 牛ひき肉のラバッシュ巻き(左)
Seasond ground beef, wrapped in our thin lavash bread, flame-broiled to perfection, topped with both a marinara sauce & a light garlic-yogurt sauce, served with our rice pilaf & grilled vegetables
こちらもトルコ料理の定番の一品。牛ひき肉をラバッシュ(薄いフラットブレッド)で巻き、輪切りにして並べ、トマト&ヨーグルトソースをかけたもの。ひき肉ケバブのスパイスがエキゾチック。トマトの酸味とヨーグルトもベストマッチ。

Pilita Cherry サワーチェリー味のラムミートボール(右)
Lamb meatballs infused with sour cherries, tomatos & onions served with rice
お店オリジナルの創作の一品。サワーチェリーはユニークだけど、夫曰くちょっと甘い。ラム肉のミートボールもやや固めで、悪くはないけど別メニューのほうがお勧め。

Pilita


本日のデザート、ミルクプティングは、ラベンダーの香りが強く、ラベンダーやローズウォーターが苦手な私はギブアップ。(これは私の選択ミス。)ざらっと濃いトルココーヒー(Turkish Coffee)でほっこり。

Pilita


お隣レッドウッドシティのちょっと名の知れたトルコ料理レストラン New Kapadokia も悪くなかったけれど、同じ物を注文してもエキメキを比べても、ここ Pilita Grill のほうがうちはお気に入り。値段もひと回りお手頃だし。「ハローレストラン」ありがとう!

Mezze Plater(ハマスなどの前菜盛り合わせ)、Manti(牛ひき肉のラビオリ風ダンプリング)、Karniyarik(ナスにひき肉を詰めて焼いたもの)、定番ケバブなど、他にも食べてみたいメニューいろいろ。ランチにはラップもあり。何といってもここのエキメキとディップは必見、もとい必食です。世界三大のトルコ料理、もうしばらく気になる存在。


Pilita Grill
http://www.pilitagrill.com/
680 Laurel St
San Carlos, CA 94070

月~日:ランチ、ディナーあり。定休なし。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-06-17 05:49 | レストラン


<< No.1031 季節を届けてく... No.1029 伝説の黒肉 S... >>