No.1020 Jerk でハッピーアワー!Coconuts Caribbean Restaurant & Bar@Palo Alto

パロアルト de ジャマイカン。ダウンタウン University Ave から少し入ったところにある、ちょっと可愛い外装のカリビアンレストラン Coconuts Caribbean Restaurant & Bar。気になっていた矢先、「すべてうまいです、ここ。」 と、ビビメモYukkoさんからのお告げ。となれば、行かなくちゃでしょう。

Coconuts


-----

実はこのレストラン、私たちにとってほろ苦い思い出に由来する。もう3年くらい前、Yelpで大人気を誇るメンロパークの Back A Yard というカリビアンレストランを見つけ、わくわくしながら訪れた。すると、場所は全米有数の犯罪地帯イースト・パロアルト近く、店員は無愛想な(むしろ怖い)黒人さん、店は小さい商店みたいだし、テーブルも椅子も貧相なブリキ風、ビールもお酒も置いていない。場違いなアジア人への遠慮ない視線。味も何も覚えてないくらいの緊張感の中で食べ、もう二度と行かない、、と誓ったレストラン。Coconuts Caribbean Restaurant は、なんとその Back A Yard の姉妹店。


「Back A Yard より親しみやすく、お酒も飲めて気軽に集え、そんな雰囲気の中、人気の味を提供したい」というのが Coconuts オープンの由来。うんうん、、、嬉しいです(T_T)

-----


ジャマイカ料理のトレードマークは、「Jerk」 と呼ばれる、激辛チリペッパー、オールスパイス、ナツメグ、タイムなどを調合したスパイスでマリネしグリルしたネイティブ・ジャマイカン料理。マリネする食材は何でもよく、Jerk Chicken、Jerk Pork、Jerk Salmon、Jerk Tofu など。今ではどのグローサリーのスパイスコーナーにも Jerk Seasoning として売られているほどポピュラー。


大好きなカクテル、モヒート(Mojito)。ここのモヒートは、ミントの葉がたっぷり入ってて、甘すぎないし美味しい。他の南国カクテルも充実しており、どれも飲んでみたくなる。

Coconuts



Di Small Tings カテゴリ(アペタイザー)より3品。(店内がかなり暗いので写真がややぼけ。)

Spinach Ackee Rolls ほうれん草とアキーの揚げ春巻き
An ital pairing of Jamaica's national dish, seasoned spinach, silken tofu, coconut dipping sauce
人気だった一品。ぱりぱりに揚がった具沢山の春巻き。アキー(Ackee)は主にジャマイカでのみ食べられる不思議な果実だそう。(豆腐との区別がつかなくて気がつかなかったけど、、)ディップが甘口でトロピカルムード。なんだろうこの味、と思っていたら、そうか、ココナッツ!

Coconuts


Curried Garbanzo Avacado Guacomole 揚げプランテーンのアボカドディップ添え
Our Twist on an old classic Green plantain tostones, Pica De Gallo
こちらも人気。調理用バナナのプランテーン(Plantain)を薄くスライスして揚げたトストーネ(Tostones)は、バナナやバナナチップスとは全然違い、ほくほくでポテトみたい。でもやっぱり、ほんのりバナナの甘さ。ピリ辛サルサ入りアボカドディップを乗せて食べる。うーん、これも美味しい。

Coconuts


Jerk Pork Bites ピタパン乗せジャークポーク (写真右奥)
Slow Cooked Jerk Pork, Caribbean Bakes, Condiments
小さく角切りにされた、Yukkoさん語録「豚の角煮」的ジャークポークが、ふんわりピタパンのようなブレッドに乗っている。ジャークポーク自体はそれほど辛くはなく、むしろ甘辛い。これに添えられたディップはややピリ辛。ピタパンがほの甘くてふわふわで、お惣菜パンを食べてるような幸せ感。

Coconuts

(写真がないけれど)サイドメニューから Fried Ripe Plantains (揚げプランテーン)と Corn Bread (コーンブレッド)。アボカドディップのプランテーンとかぶったかなと思ったけれど、こちらは南国デザートにあるような柔らかい完熟バナナ。コーンブレッドはもはやデザート的な甘さのマフィン。



Di Big Tings カテゴリ(メイン)より2品。

Half Jerk Chicken ジャークチキン
Slow Cooked Chicken Smoked Over Allspice Wood Brushed with Our Popular Jerk Sauce
お店の看板メニュー、ジャークチキン。ジャークスパイスは確かにピリ辛。味がしみこんでる表面は、味があって香ばしくて美味しい。ただ、中央部分は淡白なチキン。アペタイザーにあった Jerk Wings でもよかったかも。

Coconuts


Six Hour Braised Oxtail オックステイル煮込み
Fallen off the bone so tender you don’t need a knife. Served with Butter Beans and Carrots
6時間煮込んだというオックステイル。(イカ墨リゾットみたい。骨、見えるかな。)柔らかくて、骨から肉がするりと落ちる。コラーゲンたっぷり、でも、個人的には脂身多すぎかな。一緒に煮込まれた豆が全体に優しさを添えててよい。

Coconuts



いずれもカリブ料理では伝統的なのかもしれないけれど、慣れない私たちにはとても独創的。特に、アペタイザーの3品はいずれもハズレなし!次回は他のアペタイザー三昧でもいいくらい。ジャークスパイスは深みがあってまあまあ。思ったほど辛くもない(当社比)。Jerk じゃない料理もあり、カレーベースだったり全体的にピリ辛が多そうな印象。ただ、私たちは気にならなかったけれど、ご一緒したやなまん夫妻は全体的に塩辛すぎとコメント。

ラムとナツメグ風味がきいた人気のデザート Warm Sweet Potato (スイートポテト・プティング)までいきたかったんだけど、かなりお腹いっぱいだったのと、女性陣がシュレッド・ココナッツが苦手だったため断念。

南国感溢れる賑やかな店内。アロハシャツを着た店員さんは明るく親切で好印象。結構うるさいので、わいわい騒ぐにはいいけれど、じっくり話をするにはちょっと不向き。

Coconuts

とにかくアペタイザーが美味しかったので、時間が間に合うならYukkoさんもお勧めしているように断然ハッピーアワー!ドリンク格安はもちろん、通常8ドル前後のアペタイザーがなんと4ドル。しかも金・土も実施。これはすごい!また来たい。


Coconuts Caribbean Restaurant & Bar
http://www.coconutspaloalto.com/
642 Ramona St
Palo Alto, CA 94301

火~日:ランチ、ディナーあり。月曜定休。ハッピーアワー:火~土 5PM~6:30PM。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-05-26 23:19 | レストラン


<< No.1021 フードトラック... No.1019 まだまだ続くよ... >>