No.970 東日本大震災によせて

罪悪感にかられて日々を疎かにしないでください。
不謹慎という言葉を恐れて人を笑顔にするのを忘れないでください。
どんな仕事であれいつもと同じ事を淡々と続ける事が日本の力になります。


ゴマさんのブログより。
同じ思いでつい先ほど一日かけてブログを書き終えたのに、震災ニュースを見て再び圧倒的な悲しみに飲み込まれてつぶれてしまった。でも私にできるのは、泣くことではなく、強く前向きに支援すること。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------




東日本大震災発生後、インターネットやテレビのおかげで十分な情報に感謝しつつも、溢れかえる情報の波にのまれ、ブログにも何を書いていいのか、自分は何をすればいいのか、情報をわかりやすく発信すればいいのか、何をそんなおごったことを、、、など、悶々とした時間を過ごしていたのですが、同じブロガーとして尊敬して止まないMiyukiさんが、私の中ではぐちゃぐちゃだった情報と気持ちをその文才でまとめてくださって、肩の重荷がすとんっと落ちたような気分でした。そか、とにかく書いてみよう。

まとまりのない文章になるかもしれないけれど、思ったことを書いてみよう、と。長くなると思います。ご興味のある方はお付き合いください。


-+-+-

何度も涙した。

心に残るつぶやき (Pray for Japan より)
http://prayforjapan.jp/tweet.html

あなたたちは一人じゃない (東北関東大震災 宝地図ムービー)
http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc&feature=player_embedded


To Japan from OIGC - You're Not Alone!
(ベイエリアを代表するゴスペルグループ The Oakland Interfaith Gospel Choirs より)
http://www.youtube.com/watch?v=GZoi1Mn34IY&feature=player_embedded



今回多くの人が痛感・再認識した、日本人の道徳心、秩序、自制心、譲り合い、助け合い。そんな日本への全世界からの賞賛と応援と支援。世界に誇れる日本。祈ることしかできなくて、祈るだけじゃ何の助けにもならないと思ったこともあるけれど、世界中が日本のために祈ってくれているのが本当に嬉しかった。私も祈ろう。

嬉しくて何度も涙して、ただ、こうした応援メッセージや素敵な言葉の数々は、一番勇気づけてあげたい被災地の人たちには届いていないんだろうと思うと、やりきれない気持ちになる。それでも、だからこそ、情報を受信できる私たちが支援し続ける気持ちを忘れないことが大切。



-+-+-

一日中、テレビとUSTREAM NHKをつけっぱなしにしているものだから、過酷な現状が絶え間なく入ってくる。こんなことを言うと叱責されるかもしれないけれど、悲痛な思いが積み重なって、「何も出来ないもどかしさ」とはまた別の意味で、負の感情に疲労困憊、というのも正直なところ。

日本にいれば、度合いの大小はあるにせよ多くの人が辛い状況下にあって、それでも生活と経済を立て直そうと耐えている。一方私は、普段どおりの日常が送れていて、不謹慎にもいつものようなブログをふっと書きたくなったりもする。そんな考えの足りない自分に自己嫌悪し、落ち込んだり。そんな時見つけた、こんなブログ。

「不謹慎」という病
http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20110314

支える側も、思い詰めすぎるのではなく、罪悪感を感じつつも、適度な「ガス抜き」をしながら、普段どおりの「日常」を送って、被災した人たちを少しずつ、そして長い目で支え続けていく。それでいいのだと、少し肩の力を抜くことが出来たブログでした。もちろん、今の段階で「あのレストランが美味しかったー」などというブログを書くつもりはないけれど、時間が経てば、またいつものそんなブログに戻りたいと思っています。(その時期が、人によってはまだ「不謹慎」と思われるかもしれず、難しいのだけれど。)


併せて、「不謹慎 vs ユーモア」、「自粛 vs 普段の生活」などの議論が盛んになっていますが、経済復興のために普段どおり仕事をしたり生活をすることと、被災者や不自由を強いられている関東・東北の方々の気持ちを考えない発言をするのは別問題。普段の生活を「不謹慎」と非難するのもまた別問題。私も気をつけます。

東日本大震災で「ユーモア」が許されないこの緊張状態は危険
http://agora-web.jp/archives/1279887.html
不謹慎・自粛ムードに関する反論
http://agora-web.jp/archives/1278351.html



-+-+-

最後に、寄付について。

寄付大国アメリカに住むようになってから、寄付に対する意識がずっと身近になった。嬉しい変化。もちろん、確実に現地に届けてくれて、一番いい使い方をしてくれそうな団体を選びたい。だから、各団体がある程度出揃うのを待っていた。

できること・してはいけないこと (from かもくん - 毎日募金情報をUpdateしてくれています、さすが!)
http://kamokun.blog33.fc2.com/blog-entry-10521.html

【義援金・募金・寄付できるサイトまとめ】東日本大地震 (from yukiさん
http://matome.naver.jp/odai/2129989217646489401

在サンフランシスコ領事館 義援金の受付先 (日本赤十字社に寄付予定)
http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/archives/PR/2011/pr_11_0314.htm

個人的には、やはり日本赤十字社が信頼できるかなと思っていたので、同額を会社が拠出し(マッチング)倍額の寄付をしてくれるグルーポンやDMM(募金先は共に日本赤十字社)はいいですね。グルーポンの締め切りは3月31日、DMMの締め切りは3月18日16:30。



海外にお住まいの方であれば、シリコンバレーのカリスマブロガー 『ON、OFF AND BEYOND』 渡辺千賀さんが紹介されている「日本の地震への救援のための寄付に適切な団体リスト」も参考になりそうです。

Japan Earthquake and Tsunami (from Charity Navigator)
http://www.charitynavigator.org/index.cfm?bay=content.view&cpid=1221

アメリカ納税者はアメリカのNPOを一つ選んで寄付しよう (from 渡辺千賀さん)
http://www.chikawatanabe.com/blog/2011/03/donation.html




海外にいても日本を思う気持ちは、押しつぶされそうな気持ちは、他人事どころかさらに積もっています。この気持ちを風化させないように。そして、同じような思いを持っている他のブロガーさんたちの声も聞きたい、です。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-16 14:57 | 日本


<< No.971 東日本大震災によ... No.969 サマータイム開始... >>