No.961 2011年日本 その四:北海道の食

風ニモマケズ雪ニモマケズ、冬の北海道を決意した大きな機動力のひとつはもちろん emoticon-0165-muscle.gif

■ ジンギスカン
自信を持って生ラムを出すお店ということで訪れたのは、すすきのにあるカウンター15席のみの小さな名店 『山小屋』。絶品でした。東京で一時期ジンギスカンが流行って食べてたけれど、さすが元祖。ラム肉はもちろんのこと、おろしにんにくと特製ダレで馬刺し感覚で食べたエゾ鹿肉がまた絶品。臭みも固さもなく、生肉が得意でない私でも美味しく食べられる。くー!(ただし、帰りにコンビニでファブリーズを買わずにはいられなかった。。)

ジンギスカン



■ 
お次は蟹三昧。蟹と道産料理 『雪華亭』。毛ガニ!松葉がに!そしてタラバガニ!!しゃぶしゃぶ、湯引き、天ぷら、鉄砲汁、雑炊などのフルコース。蟹しゃぶ用に追加注文した貫禄のタラバガニ。1本1250円也。

かに料理 雪華亭

かに料理 雪華亭



■ 海鮮丼
活気溢れる札幌場外市場は海鮮パラダイス!蟹もウニもイクラもなんでもござれ。散策するだけで楽しい!

Sapporo


冬の北海道のほっけは、肉厚で味があって最高に美味しい。

Sapporo


13種類のネタてんこ盛り丼もあったんだけど、「食べたいネタに集中したい」と夫が選んだのは、どーん、ウニイクラ丼。無言で進む箸が至福を物語っていました。

Sapporo


タクシーの運転手さんから情報を仕入れた、知る人ぞ知る幻のぶどう海老。うわ、、、甘い。ねっとりとした食感とぼたん海老の上を行く甘さ。こんな海老初めて。感動。

Sapporo



■ 札幌ラーメン
夫がこよなく愛する食べ物、ラーメン。今回は味噌の名店を2軒。『にとりのけやき』 と 『すみれ』。夫はけやきのほうが好みだったそう。

けやき

すみれ



■ じゃがバター
それほど期待してなかっただけに衝撃を受けたのが、じゃがバター。というより、じゃがいも。普通のじゃがいもより黄色が強め。・・・何?なに?この甘くて味の濃いじゃがいもはーっ!まるでサツマイモや栗のよう?!(おそらくキタアカリという品種。義妹が執念で箱買いして家に送ってました、笑)たかがじゃがいも、されどじゃがいも。恐れ入りました。

Sapporo



そして私に欠かせないのが・・・! emoticon-0152-heart.gif スイーツ emoticon-0152-heart.gif

雪印パーラーの 『生キャラメルソフト』
Sapporo

高橋牧場の 『こだわりシュークリーム』
さっぽろ雪まつり

べんべやの 『べんべやロール』
Sapporo

きのとやの 『酪農チーズプリン』
Sapporo

花畑牧場の 『カタラーナアイスクリーム』
Sapporo

特大 『白い恋人』 Durif バージョン
Sapporo

「白い恋人」石屋製菓の 『美冬』 と、六花亭の 『ストロベリーチョコ』
Chocolate

ろまん亭の 『純生ロール』
Sapporo

ホワイトコージよつ葉の 『いちご練乳パフェ』
ホワイトコージよつ葉

『カリカリまだある?』、『ジンギスカンキャラメル』、チロルチョコ 『ゴーダチーズ』
Sapporo

北菓楼の 『北海道開拓おかき』(写真はホームページより拝借)
f0097972_17165747.jpg

北海道は、新鮮なミルクや卵に恵まれた酪農王国。それだけに、アイスクリーム、プリン、生クリームのロールケーキが目白押し。ふふふ。心いくまで食べました。でも、何でも一流が集まる東京の感覚で期待していくと、まあ普通だったかな。

白い恋人の石屋製菓が出してるチョコレートコーティングされたミルフィーユ菓子 『美冬』 がヒット。ベルンやロイズなど、いろんなところが同じような商品を出してるけれど、その中でも一番お気に入り。特にホワイトチョコレート&マロンが秀逸。さすが白い恋人の会社。

もうひとつのヒットが北菓楼のおかき。「昆布味」「帆立味」「秋鮭味」「シマエビ味」「甘エビ味」。ふんわりもち米と上品な塩味、昆布や帆立紐そのものが入った組み合わせは、食べ始めたら本当に止まらない。あまりの人気に、一見区別がつかないほどパッケージまでそっくりな類似商品が多発してるとか。

チロルチョコ 『ゴーダチーズ』 は北海道限定かと思ったら、東京のコンビニでも多数発見。ちゃんとチーズ味でなかなか美味しい。(夫は嫌いだって。)『ジンギスカンキャラメル』 は、、、ありえなかった。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-02-26 17:09 | 日本


<< No.962 2011年日本 ... No.960 2011年日本 ... >>