No.960 2011年日本 その参:北海道 旭川 旭山動物園

札幌からJRで1時間半。バスも乗り継いでやってきたのは、ココ。


■ 旭山動物園
「行動展示」や「ペンギンの散歩」で一躍有名になった旭川の旭山動物園。2004年には上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数を記録し、その後も年々入園者数は増加しているという。

旭山動物園


旭川は道内でも寒さの厳しい地域。この日も朝の開園時はマイナス6.3℃。。。日中もマイナス3℃までしか上がらず。(私の寒がりをご存知の皆さま、信じられないでしょう?この日は、ユニクロのヒートテック2枚にセーター、ヒートテックのスパッツ2枚にジーンズ、ヒートテックの腹巻、靴下重ね履きに足先ホッカイロ、耳まですっぽり隠れる帽子にぐるぐるマフラー、そしてスキーウェアという、人生最大の重ね着。う、動きづらい、、)

旭山動物園



■ ペンギンの散歩
まずは一番のメインイベント、ペンギンの散歩を見るために場所取り。この人だかり!寒い上にマナーの悪い人もいてちょっとむっとするけれど、少しの我慢がまん、、

旭山動物園


ずん、ずん、ずん!来たーーー♪ 可愛いーーー♪♪♪

旭山動物園


すごい。本当にちゃんと逸れずに散歩するんだね。

旭山動物園


クールな目元。毛並みも美しい。

旭山動物園


でも、夫の心をわしづかみにしたのがペンギンの子供!もこもこ茶色い産毛のおかげで、成人ペンギンよりひと回り大きく、ずんぐりむっくり。

旭山動物園


ばいばーい。お客さんのために、まだまだ行進は続きます。

旭山動物園


寒さから一旦逃げるのと、ランチ時の大混雑を避けるため、レストラン「モグモグテラス」で早めのランチ。10種類以上の中から3品を選び、サラダとライスとスープがついてくる。知床鶏のスープカレー、海老とタラのチリソース、ポテトカップのチーズフォンデュなど、かなり本格的で大満足。(メニューはこんな感じ。)

旭山動物園



■ 手作り展示パネル
旭山動物園の魅力のひとつが、飼育係の人たちによる手作り展示パネル。

旭山動物園


毎日接する飼育係だからこそ知っている、動物の生態が盛りだくさん。

旭山動物園


「喜ぶべな~」と思っていましたが、なんと見向きもしません!
なんで?せっかくおまえらのために買ってきたのに!

面白すぎです、飼育係さん。

旭山動物園


「喪中」、、死んでしまっても、ちゃんと思ってあげてる証拠。(?)

旭山動物園




■ 冬の動物たち (★をクリックすると旭山動物園の説明に飛びます。)

キリン
道が柵を取り囲むようにスロープになっていて、キリンと同じ目線でご対面!こんな経験初めて。でもキリンってアフリカの動物じゃ、、雪は平気なの?と思ったけれど、元気に走っていたのでよし。

旭山動物園


チンパンジー
ちんぱんじー館でも、低位置から高位置から、ガラス1枚隔てたすぐそこの身近さで観察できる。

旭山動物園


ニホンザル
冬ならでは。さる山のさるだんご。

旭山動物園


キタキツネ、エゾフクロウ、エゾユキウサギ
北海道を代表する動物たちが勢ぞろい。

旭山動物園

ふくろうの「新橋」。わかる人にはハグ贈呈。

旭山動物園

2011年の干支だべ。

旭山動物園

シロフクロウ!雪に溶け込んでてわからなかった。もこもこ。ぎゅーってしたくなる。

旭山動物園


オオカミ
白銀のオオカミは雪景色にぴったり。

旭山動物園


レッサーパンダ
雪の積もった吊り橋をぽてぽて渡る姿はアイドル確定。

旭山動物園


ユキヒョウ
真下からもこもこの肉球フォーカス。ラスベガスの白いライオン展示みたいだけど。(ネコ科を見るとDurifを思い出す。。)

旭山動物園



■ ほっきょくぐま館
3大人気展示のひとつ、ほっきょくぐま館(

旭山動物園

水中を泳ぐ姿や、ガラスのドームから間近で見ることもできる。

旭山動物園


■ あざらし館
3大人気展示のふたつめ、あざらし館(
流氷を再現したり、

旭山動物園

上下の大水槽をつなぐ円柱を、すいーっと泳ぎ去ったり。

旭山動物園


■ ぺんぎん館
一番の人気はやっぱりぺんぎん館(
水中トンネルから見る泳ぐ姿は、まるで羽を広げて飛んでいるよう。

旭山動物園

散歩にはいなかった種類の子たち。ただ今、ケンカ中。手を伸ばせるくらいの距離。

旭山動物園

でも、、、夫の心は茶色いペンギンの子供に釘付け。

旭山動物園



■ カピバラショック
ゆるキャラ系カピバラに会えるのを楽しみにしていた夫。なのに、「冬期開演中は外にでていません」!?
そう、カピバラは冬期は見られない動物だったのだ。ショック。

旭山動物園


あまりのショックにカピバラ情報を写真に収める夫。「たくさんの子孫を残し大往生」だったらしい「喪中」のカピバラさん。微妙に字が下手なのがご愛嬌。

旭山動物園



・・・ついつい長くなってしまいました。

以前Miyukiさんが旭山動物園のことをブログにされていて(実はそれまで旭山動物園がどうしてそんなに有名なのか知りませんでした、、お恥ずかしい)、ゆえにとても興味のあった動物園。特徴や背景を知って訪れると、ずっと理解が深まってよかった。寒くてすべての展示パネルをじっくり読めなかったのが心残り。来園者数が増えても、このいい環境をずっと続けて欲しいなと願う。

旭山動物園 公式ホームページ
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/


-+-+-



旭山動物園は、質問集の受け答えも、身近で、素直で、面白い。その一例をご紹介。


動物園の動物はどこからくるのですか?
「野生からつかまえてくる」ということはしません。旭山動物園以外のいろんな動物園からもらったり、借りたりします。動物商という人からお金を出して買ったりすることもあります。

くもざる・かぴばら館などで、何種類かの動物が同じ所で飼育されているのはどうしてですか?
本来、野生ですんでいるところが同じであれば、おたがいの存在がプラスのしげきになって、動物園で楽しく健康的に過ごすことができるからです。他にも、あざらし館ではアザラシとウミネコ、オジロワシがいっしょに暮らしてもらっています。

あたたかいところにすむ動物(ライオンなど)は冬はどうしているのですか?
お部屋の中には、ちゃんとストーブがあります。そうじなどで外に出す場合も、夏より時間を短くします。でも、動物たちは楽しそうに雪で遊んでいることもありますよ。雪の中の動物たちを見に来てみよう。

動物園の動物たちは冬眠(とうみん)しますか?
野生では冬に食べ物が少なくなることから冬眠(とうみん)する動物がいますが、動物園ではエサにこまらないので、冬眠(とうみん)する必要がありません。冬眠(とうみん)をしているときは、食べ物をほとんどとらず、体温も低くなり、失敗すると死んでしまうこともあります。ですので、動物園ではほとんど冬眠(とうみん)させません。

動物が死んでしまったらどうするのですか?
とっても残念なことですが、動物はいつかは死んでしまいますね。でも、悲しんでいるだけだと、死んでしまった動物がかわいそうです。だから、動物園のお医者さん(獣医;じゅうい)がその動物を解剖(かいぼう)して、死んだ理由をつきとめ、病気やケガが他の動物に広がらないようにします。また、教材や標本、研究資料として活用することもあります。

飼育係は主にどんな仕事をするのですか?
動物のお部屋のそうじやエサやり、健康管理や動物の研究をします。この他に、動物の遊び道具を作ったり、解説看板を作ったり、お客さんが楽しんでもらえるような見せ方の工夫もしなくてはいけません。「動物が好き」だけじゃ、つとまらない仕事です。

お客さんにされて、一番困ることはなんですか?
動物たちは、毎日栄養バランスのとれた決められた量のエサを食べています。動物園では、お客様からエサをあたえない約束がありますが、それでも、エサを勝手にあげる人がいて困ります。もっと言うと、そのことを注意すると「逆ギレ」するお客様がいるのには、とっても困ります。悪いコトしたのに、何であやまれないんでしょうね?


旭山動物園 よくある質問
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/zoo/edu/faq.html
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-02-24 16:12 | 日本


<< No.961 2011年日本 ... No.959 2011年日本 ... >>