No.959 2011年日本 その弐:北海道 小樽

小樽は、札幌から日帰りで楽しめる小旅行圏内。JRで30~40分。この日は姪が朝からぐずり、弟夫婦は札幌でお留守番。久し振りに父母との旅行。(あ、もちろん夫もね。)

きたかぜぇ~こぞお~の寒太郎(かんたろー!)

Otaru


-----

■ 堺町通り

堺町通りは、ガラス工房やキャンドル工房、オルゴール館など小物や土産屋が連なる目抜き通り。建物もレトロでいい雰囲気。母と私、一歩進んでは「ここ入っていい?」「あら、ここもいいわねえ」。女性が揃うと、思う存分(遠慮のない)ショッピングが始まる。

Otaru


お土産ショップ以外にも、北海道を代表する和洋菓子本店がずらり。北海道おかきとバームクーヘンの「北菓楼」、殿堂入りチーズケーキの「ルタオ」、地元に愛される老舗洋菓子「あまとう」など。立ち寄っては、、つまみ食い(笑)と思いきや、明治の面影を残す甘味屋さん。お抹茶ほっこりと頂きました。

Otaru


小樽ですから、当然海鮮のお店も。

Otaru


ほたて焼き。寒いこともあり行列。ほんのちょっとだけ醤油をたらして。う~美味い!今回の旅行で食べた魚介の中でもトップ3に入る勢い!

Otaru


他にも、茹でたてのタラバ蟹や、見るからに新鮮なお刺身もその場で食べられる。素晴らしき小樽。

Otaru Otaru


日が暮れ始め、道端にもぽつぽつと灯篭が灯り始める。そして、、、

Otaru



■ 小樽雪あかりの路 (2011年2月4日~2月13日)

さっぽろ雪祭りと同時期に開催される小樽の冬の人気イベント、小樽雪あかりの路。ここから弟たちも合流、よかった。

小樽雪あかりの路


小樽運河の水面には400個の浮き玉キャンドルが幻想的に揺れる。

小樽雪あかりの路


スノーキャンドルの柔らかい明かりに包まれ、異国情緒漂う街並みがさらにロマンチックに。

小樽雪あかりの路

小樽雪あかりの路 公式サイト
http://www.yukiakarinomichi.org/



・・・でも、小樽の夜は真剣に寒かった。途中からは黙々と人の列について歩く。運河を見終わり、予約しておいたお寿司屋さんに少し早めに逃げ込む。ガイドブックで絶賛されていたお寿司屋さん。悪くはないんだけど、、残念なことに感動するほどではなく。お客さんいなかったし。折角の小樽の寿司だったのにな。("伊勢鮨が小樽一" とのコメントを頂きました。)

日本橋


夫曰く、たちの軍艦(鱈の白子)は絶品だったそう。(私は苦手。)

日本橋


お座敷個室だったから、まだつかまり立ちの姪を囲んでわいわいと。宴もたけなわ。ほろ酔いで札幌に戻りました。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-02-21 15:56 | 日本


<< No.960 2011年日本 ... No.958 2011年日本 ... >>