No.6 日本のクレジットカード利用にはご用心

アメリカには "クレジット・ヒストリー" というものが存在する。"公共料金やクレジットカードなどの支払いを滞りなく行っているか?"、つまり "信用の履歴"。クレジット・ヒストリーが貯まっていないと車のローン利率や利息が高くなったりする。それどころかクレジットカードすら作れない。

渡米したばかりでクレジット・ヒストリーも貯まっておらず、クレジットカードも作れないので、当面日本のクレジットカードを使っていたのだが、、、気がつくと通常の為替レートより2円ほど高い利率で請求が来ていることが判明!!! ※日本の銀行口座から引き落とされているから。

後日、ようやく銀行のデビットカードが届いたけれど、限度額が低いので大きい買い物はまだまだ日本のクレジットカードに頼るほかない。とにかくなんとかクレジットヒストリーを貯めて、ドル建てで引き落とせる手段を手に入れなければ。。



-----
クレジットカードが作れないのでクレジット・ヒストリーが貯まらない。クレジット・ヒストリーが貯まらないとクレジットカードが作れない。。。どうすればいいんだぁぁと思っていたが、対応策はある。

■ 銀行のデビットカードを作る
日本にもあるけれど、使った直後に銀行口座から引き落とされるカードで、アメリカではスーパーやファーストフードなどかなりいろんなところで使える。限度額は低く1日500ドル(117円40銭時で57,200円)まで。デビットカードの利用度でもクレジット・ヒストリーは貯まる。

■ 銀行で Secured Credit Card を作る
最初に小切手で限度額を支払っておき、毎月その限度額までは使うことができる制限付きクレジットカード。

■ ANA CARD U.S.A. 
クレジット・ヒストリーがなくてもドル建て(アメリカの銀行口座から直接引き落とせる)で作れるクレジットカードが稀にある。そのうちのひとつ、私たちは "ANA CARD U.S.A." を日本で申請していった。けれど、、、いまだ手元に届かず。

こうやって少しずつクレジット・ヒストリーを貯めなければいけない。ソーシャル・セキュリティ・ナンバーがないと銀行口座も作れないし、、日本と違って本当に面倒。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-31 14:22 | アメリカ生活を始めよう


<< Restaurants and... No.5 運転免許 特訓編 &... >>