No.948 なにがあってもなんくるないさー沖縄とんこつ ラーメン天馬@San Jose

近年ラーメン激戦区のベイエリア。そんな激戦区サンノゼに2010年7月にオープンした、沖縄とんこつラーメン天馬。Saratoga Avenue 沿いに輝く赤い LION 獅子城のネオンの並び。

Ramen Tenma


オープン直後の日本人の方々の評判は正直いまいちだった。沖縄とんこつラーメンという、ちょっと目先の変わったもので客を引こうとしてるのかな、という勘ぐりもあった。でも、そんな中でラーメン天馬をずっと贔屓にし、通い続けていた美食家Wさんから、「そろそろ美味しくなりましたよ。行ってみてください。」とGOサインを頂き、ラーメン命の夫が立ち上がった。花笠だ。懐かし八重山。

Ramen Tenma


メニューは、とんこつベースの「天馬らーめん」、こってりとんこつの「こってり天馬」、辛味噌「スパイシー天馬」など。そして懐かしの「沖縄そば」。らふてーの乗ったソーキそばもあるし、自家製コーレーグースまで。(コーレーグースとは、島とうがらしを泡盛に漬け込んだ沖縄そばには欠かせない調味料。)

Ramen Tenma


まずはセットについてきた炙りチャーシューチーズの小皿。チャーシューとチーズの香ばしい香り。食欲そそる。

Ramen Tenma


私はらーめんを注文。これに半熟卵が入ると天馬らーめんになる。スモールサイズがあるのが嬉しい。スープを一口。さらっとした口当たりだけど、とんこつはしっかり効いていて、むむ美味しい。Wさんから「天馬は麺が旨いんですよ」と聞いていたとおり、ちぢれ目の細麺はストライクゾーン。私が細ちぢれ麺好きというのもあるけれど、個人的な好みではベイエリアで一番お気に入りの麺。

Ramen Tenma


夫はこってり天馬。とんこつにコーンは甘くなるからと、もやしとコーン抜き。(Wさんも抜きが好きらしい。)そしたら海苔を一枚サービスしてくれた。こってりだけあって、かなりこってりとんこつ。さらに、にんにくがっつり。流行のとんこつ醤油ではなく、白濁とんこつでもないけれど、とんこつ勝負。これが沖縄とんこつというもの?いずれにせよ、夫も期待以上に美味しかったそう。そしてやはり麺を絶賛。

Ramen Tenma

私はくど過ぎないオリジナルとんこつ派、夫は断然、こってりとんこつ派。何より麺。


偶然、ラーメン天馬のオーナーさんのブログを発見。
何となく読んでいるうちに、じーんとくる。ブログは、お客様への、スタッフへの、そして家族への感謝の言葉に溢れている。
最初から順風満帆な店もあれば、オープンして数ヶ月で簡単に閉めてしまう店もある。ラーメン天馬も、最初客足が伸びず、資金が底を尽き、泥棒にも入られ、本当に辛い時期を過ごした様子。レストランを開業する人なら誰でも同じ苦しみを持つだろうけれど、そんな思いをとつとつと、辛くても前向きに、夢を忘れず、自分を振り返り、同業者に敬意を払い、常に周りへの感謝を忘れないオーナーさんの姿勢に心打たれる。年明けから素敵な元気をもらいました。頑張ってください。



ラーメンこそ、スープ、麺、具でいろんな好みの要素があるから、「やっぱり俺ん家だよなー」「俺は晴派」「ずっとひまわりファン」等々あるだろうけれど、今のラーメン天馬を食べてみてほしい、と思う。そして自称八重山ラブとしては、一度は食べてみなきゃかな、沖縄を愛するオーナーの沖縄そば。


ラーメン天馬 Ramen Tenma
http://ramentenma.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/okinawa139 ※ラーメン天馬のオーナーさんのブログ
487 Saratoga Avenue
San Jose, CA 95129

月~日:ランチ、ディナーあり。定休なし。火曜のみディナーなし。現金のみ。泡盛もあるそうです・・!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-01-04 15:12 | レストラン


<< No.949 見た目はショウガ... No.947 「蕎麦花」さんの... >>