No.943 山の上の素敵なおうちでイタリアン忘年会

今年ブログを通じてお知り合いになったSarahさんに素敵な忘年会パーティにお招きいただきました。「忘年会」という言葉がしっくりこない、センス溢れるホームパーティ。引き合わせのきっかけを作ってくださった人望人脈厚きMiyukiさん、同じくMiyukiさんがつないでくださったakiumiさんもご一緒に。

Year End Party


いつもお洒落な驚きのマクロビ食を作ってきてくださる Miyuki さんから、前菜2種。初めて食べた「たかきび」は控えめな納豆のよう。土台の素揚げ芋もほくほく。鮮やかなビーツのスライスに挟まれているのはカシューナッツベースで作られたチーズ風ディップ。ピスタチオがいいアクセント。

Year End Party Year End Party


シェフを目指していらっしゃるという akiumi さんからも本格的な前菜が。新鮮なホタテやタコのセビーチェには旬のざくろ。極うすのパイ生地が何層にもなったフィロ(Fillo)でサーモンを巻いて飾り付ければ華やかなパーティの一品に。(フィロは扱いが難しくて苦手なので感動。使いこなしたい、、)

Year End Party Year End Party


私も、柿の白和えなど。あとはお料理に合わせてイタリアワイン Barbera d'Asti を持参。

Year End Party


Sarah さんが用意してくれた今回のテーマは「」。ずらっと並んだお品書きに歓喜!

1  ズッパ・トスカーナ(ケールとイタリアンソーセージの野菜たっぷりスープ)
2  ガーリックブレッド(パセリ、オレガノ、ガーリック、バターを挟んだお手製)
3  牛肉ラグーの手打ちパスタ(牛肉、サンマリノトマトを前日からコトコト)
4  ワイルドマッシュルームのラビオリ(パンチェッタときのこのソース)
5  グリーンサラダ(ホワイトバルサミコ&オレンジオリーブオイルのドレッシング)
6  デザート: 抹茶ティラミス(あんこ入り)

Year End Party Year End Party


大学の期末試験が終わったばかりでほっと一息つきたいところなのに、この素晴らしいおもてなし。どれもこれも本格的で、イタリアンだけど決して油っこくなく、シンプルで丁寧な薄味に感動。ケールのスープ、牛肉のラグー、オレンジオリーブオイルのサラダ、お気に入りでした☆

Year End Party



優しい話し方やほんわかした人柄に、周りへの気遣いが常ににじみ出てる Sarah さん。旦那様もお優しくて、楽しい会話が弾みました。今年舞い込んだ貴重なつながりのひとつ。大切にさせてください。これからもどうぞよろしくお願いします。(楽しくて飲みすぎて、1人場違いなほどハイテンションになってしまってすみません。反省。)

Ornament
Miyuki さんにいただいたオーナメント。このレース、なんと手作り!一生の宝物です。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-12-25 13:41 | おともだち


<< No.944 Christma... No.942 本場ドイツのシュ... >>