No.942 本場ドイツのシュトーレン Esther’s German Bakery@Mountain View

ホリデーシーズン。アメリカの「ジンジャーブレッド」、フランスの「ブッシュ・ド・ノエル」、イタリアの「パネトーネ」、国ごとにいろんな伝統菓子がある。パンとフルーツケーキの中間のような「シュトーレン」はドイツのお菓子だと初めて知り、本場のシュトーレンを求めてドイツベーカリー Esther’s German Bakery (エスターズ・ジャーマン・ベーカリー)へ。

シュトーレン(Stollen)というと、粉砂糖が雪のようにかかっているイメージだったけれど、ここのシュトーレンにはリキュール漬けされたざらめ。ドライチェリーやレーズンからはリキュールの香り。(ラム酒かな?)オレンジピールとマーマレードがちょうどいい甘さ。フルーツケーキに入ってるような毒々しさが全然なく、生地もぱさぱさしていない。今まで食べたシュトーレンの中で一番美味しいかも。(でも、アメリカのシュトーレンって食べたことないなあ。お勧めシュトーレンがあったら教えてください。)

Esther’s German Bakery & Cafe




-+-+-

※以下のサンアントニオ・ショッピングセンター店はクローズしてしまいました。現在はロスアルトスの本店のみ営業。

ドイツベーカリー Esther’s German Bakery & Cafe。本店ロスアルトスよりも、サンアントニオ・ショッピングセンターのほうが広くて駐車場も便利と聞き、訪れると、そうかそうか、ダイソーと Trader Joe's の角にあるあのお店ね。

Esther’s German Bakery & Cafe


オーナーさんはドイツからカリフォルニアに移り住んで以来、母国のお菓子が恋しく、伝統の味をみんなに伝えたいという想いから2004年にお店をオープン。そんな想いはバークレーの東欧ベーカリー Crixa Cakes と同じ。材料はすべてオーガニックの全粒粉や小麦粉にこだわっている。

ずらりずらり。ドイツ系のどっしり黒ブレッド、本場ドイツのプレッツェル、ナッツのデニッシュにアップルケーキ、ナッツバーにホリデークッキーまで。迷わないように予習していくのに、やっぱり迷い過ぎて行ったり来たり。Crixa では売り切れてて涙を飲んだポピーシードのデニッシュも発見♪

Esther’s German Bakery & Cafe


左上から時計回りに、Hazelnut Coffee Cake ヘーゼルナッツ・デニッシュ($2.00)、Poppy Coffee Cake ポピーシード・デニッシュ($2.00)、Poppy Cherry Strudel ポピーシード&チェリー・デニッシュ($2.75)、Raspberry Cheesecake ラズベリー・チーズケーキ($2.75)。どれだけポピーシードが食べたかったんだ、、

ポピーシードは "これでもか!" というくらいぎっしり。まるで黒ゴマペーストみたいで美味しい。奥2つのデニッシュ、見た目に反して生地が甘さ控えめで驚く。どちらもシナモンやクローブのスパイスたっぷり。細長いデニッシュはこのお店の人気商品だそうで、他のに比べると甘めだけど毒々しい甘さではなく、チェリーの酸味とポピーシードの甘さがなかなか。チーズケーキは柔らかいベイクド風。これも甘さ控えめ。でも、チーズケーキは Crixa のほうが好きかな。

Esther’s German Bakery & Cafe


シュトーレンの後ろの Apple Crumble Cake アップルクランブルケーキ($2.75)。味はまあ普通。でも、甘くないという点で貴重なケーキかも。

Esther’s German Bakery & Cafe



「アメリカのお菓子にしては甘さ控えめ」という言葉はどこまでほんと?と思うことが多いけれど、ここは本当にその通り、「甘さ控えめ」。(アメリカのお菓子じゃないけど。)本場ドイツのデニッシュ、ケーキ、そしてシュトーレン。クリスマスのお供にいかがでしょ?

Esther’s German Bakery & Cafe


Esther’s German Bakery & Cafe
http://www.esthersbakery.com/
987 N. San Antonio RD.
Los Altos, CA 94022
本店 Los Altos はレストラン併設。いろんなファーマーズマーケットにも出店されています。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-12-24 08:42 | レストラン


<< No.943 山の上の素敵なお... No.941 ベイエリアのカレ... >>