No.938 オルセー美術展 『ポスト印象派展』@サンフランシスコ

オルセー美術展 『印象派の誕生』 に引き続き、第二段 『ポスト印象派展
Van Gogh, Gauguin, Cezanne and Beyond
Post-Impressionist Masterpieces from the Musee d’Orsay


de Young Museum


-----

パリのオルセー美術館の大規模改装工事のため、普段は絶対に国外に出ることのない名画が、キャンベラ(オーストラリア)~東京~サンフランシスコを廻るという、最初で最後の貴重な機会。

前回、予約なしで赴き2時間半待ちを宣告された教訓を活かし、今回はきっちり事前予約。

これまで圧倒的に印象派初期のファンで、ポスト印象派はいまひとつ興味がなかったのだけれど、会場に足を踏み入れて、ぐんぐん引き込まれる自分に驚く。絵の具を点状にキャンバスにおいて絵を仕上げるドッティング(Dotting)、前衛的なナビ派(Les Nabis)、抽象主義(Symbolism)。

de Young Museum


好きな作品を書き留めていったら、前回を大きく上回る。厳選するのも何なので備忘録として列挙。

印象に残った作品覚書(★リンクはオルセー美術館およびオーストラリア国立美術館の作品紹介)
* John Singer Sargent 「La Carmencita」 ジョン・シンガー・サージェント 『カルメンシータ』 
* Edgar Degas 「Dancers Climbing the Stairs」 エドガー・ドガ 『階段を上がる踊り子』 
* Pierre-Auguste Renoir 「Country Dance」 ピエール=オーギュスト・ルノワール 『田舎の踊り』 
* Claude Monet 「Frost」 クロード・モネ
* Maximilien Luce 「The Seine at Herblay」 マクシミリアン・リュス 
* Vincent Van Gogh 「Starry Night」 フィンセント・ファン・ゴッホ 『ローヌ河の月明かり』 
* Vincent Van Gogh 「Van Gogh's Bedroom in Arles」 フィンセント・ファン・ゴッホ 『アルルのゴッホの寝室』 
* Vincent Van Gogh 「Portrait of the Artist」 フィンセント・ファン・ゴッホ 『芸術家の肖像画』 
* Vincent Van Gogh 「Imperial Crown Fritillaries in a Copper Vase」 フィンセント・ファン・ゴッホ 『銅の花器のフリティラテリア』 
* Pierre Bonnard 「The White Cat」 ピエール・ボナール 『白い猫』 
* Paul Cézanne 「The Kitchen Table」 ポール・セザンヌ 『キッチンテーブル』 
* Paul Cézanne 「Gustave Geffroy」 ポール・セザンヌ 『書斎に座る男性』 
* Édouard Vuillard 「Sleep」 エドゥアール・ヴュイヤール 
* Édouard Vuillard 「Félix Vallotton」 エドゥアール・ヴュイヤール 
* Vilhelm Hammershøi 「Rest」 ヴィルヘルム・ハンマースホイ 
* Maurice Denis 「Panel for a Girl's Bedroom: October Evening」 モーリス・ドニ 

抽象画は苦手だったはずなのに。偉大な画家の素晴らしい作品とは、そういうものなんだろう。(何をいまさら。)今年南仏のアルルを訪れて以来、ゴッホはぐっと特別な存在に。『Starry Night (ローヌ河の月明かり)』 の対照的な藍色と黄色、星の瞬き。雪景色 『Frost』 は、モネが雪を描くとなんて柔らかいピンクになるんだろう。以前なら素通りしそうなタッチの Édouard Vuillard (エドゥアール・ヴュイヤール)の前でしばし動けなくなる。まるで優しい和紙のちぎり絵のよう。セザンヌも、オーディオガイドを聞きながら見ると芸術的側面の理解が深まり。


オリジナルの美術館だと展示数が多すぎて絵の洪水に疲れてしまいがちなんだけれど、こうして厳選された作品を見れるのは初心者的には有難い。『ポスト印象派展』 は2011年1月18日まで。
f0097972_1311426.jpg


Fine Arts Museums of San Francisco de Young Museum デ・ヤング美術館
http://deyoung.famsf.org/
Golden Gate Park
50 Hagiwara Tea Garden Drive
San Francisco, CA 94118

※一般入場料は当日$25.00。今回の展示会は事前予約なしでの入場は厳しいので、事前予約できる次の2つがお勧め。1. Costco のディスカウントチケットを購入後、裏にある Coupon ID を使って事前予約($17.99でオーディオガイドつき)。2. 前売り($20.00)に Peet's Coffee の 20% promo code あるは American Express の 20% Coupon ID を組み合わせた事前購入(ネット手数料込みで最終金額$17.00)。前回の 『印象派の誕生(Birth of Impressionism)』 の様子はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-12-15 13:01 | ベイエリアお出かけ


<< No.939 栗の皮むき No.937 魂の響き、ゴスペ... >>