No.931 Thanksgiving 2010

今年のサンクスギビングは、光栄なことに2家族にディナーにお誘いいただきました。まさに感謝(Thank!)の感謝祭。


11月25日。
サンクスギビング当日は、aqua_blueYさんのお宅へ。「サンクスギビングディナーは早めにスタートするんですよ。」ということで2時半集合。

Thanksgiving Dinner


aquaさんちのシェフは旦那様のジェームス。ところが、料理の手順を誤ったらしく、焦りながらキッチンで大奮闘。「オクレル、ゴメン、、、。」いえいえいえ、のんびりチーズ食べながら(シャンパン飲みながら)待ってますから。このチーズカッターが面白くて。フランス、ピレネーの Petit Basque というチーズ。カウ Cow だと思ったらシープ Sheep。脂肪分の多いシープは苦手なのに美味しい~!

Thanksgiving Dinner


夕方6時。主役のターキーが出来上がり。13.4ポンド(約6kg)は、aquaさんがブログで「重さ当てクイズ」を企画してて、私、惜しかったのです。残念。

Thanksgiving Dinner


でも、サンクスギビングディナーはターキーだけでは終わらない。たくさんの付け合せの準備も必要。ジェームスのテーマは「全て手作り」。引き続き奮闘するジェームス。そして大奮闘の末、完成!切り分けられたターキーにお手製グレービーソース。

Thanksgiving Dinner


たくさんのサイドディッシュに加え、スタッフィングやクランベリーソース、添えられたパンまで一から手作り。(こんな真っ白パン。初挑戦だったそう!)

Thanksgiving Dinner


さくさくパイ生地もお手製のパンプキンパイ。ひと段落ついてジェームスも満足そう。研究熱心で、いつもプロ顔負けのアメリカ料理をご馳走してくれるジェームス。本当にありがとう!

Thanksgiving Dinner



-----

11月27日。
翌々日は、毎年恒例お招きいただいているパティシエChicoさん宅へ。サンクスギビング当日は職場で何十台ものケーキ&パイを焼いていたという大忙しのChicoさんが、今年も絶品ターキーを焼いてくれました。

ターキーのお腹にはハーブやニンニクや薬味の野菜がたっぷり。もちろん食べられない。(食べたい。)

Thanksgiving Dinner


Chicoさんのターキーはなんと22ポンド!(約10kg!)ブライン液に漬け込むだけでも大変そう。これを手際よく豪快に切り分ける。さすがプロ。

Thanksgiving Dinner


大皿に盛られたけれど、これでまだ半分。こんな特大サイズのターキーでも、焼き加減は完璧、皮もぱりぱり。

Thanksgiving Dinner


付け合せも盛りだくさん。大好きなブリュッセルスプラウトから、スイートポテトのグラタンまで。栗入りスタッフィングも健在。

Thanksgiving Dinner


ジェームスのクランベリーソースはオレンジピール入りだったけれど、Chicoさんのはリンゴと梨入り。ターキーの肉汁から作るグレービーソースだって全然違う。これぞ家庭の味。

Thanksgiving Dinner

Chicoさんちでは旦那様のマークの仕切りで、今年一年の感謝の言葉をひとりずつ発表する。I'm thankful for my husband, Durif, our families, friends, good health and having no tennis injuries. 感謝の日。今年はウィッシュボーン対決を忘れたけれど、これ以上ウィッシュする必要のないくらい幸せなひととき。


サンクスギビングも大忙しだったChicoさん。デザートはトレジョのパンプキンパイとパンプキンブレッド。暖かくてスパイシーなアップルサイダーはアメリカの味。毎年素晴らしい伝統料理をありがとう、Chicoさん!

Thanksgiving Dinner


-----

遠いアメリカの地で、こんな素敵な友人たちに出会えたことに心から感謝。家族が集う大切な日に、一緒に過ごそうと招いてくれて本当に感謝。私は友人の数は多いほうではなくて、大人数で集まる場も時々ちょっと苦手で、それを引け目に感じていたこともあったけれど、今では貴重な友人たちの存在がとてもとても大きいから。aquaさん一家、Chicoさん一家、そしてかけがえのない友人達に、感謝。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-11-30 00:32 | アメリカのイベント


<< No.932 ミシュラン2つ星... No.930 ダンジネスクラブ... >>