No.927 Halloween 2010 & 0906

忘れないうちに備忘録。
ワインの好きなダンディWさんと、しゅうくん夫妻をお招きしてワインパーティ069.gif ハロウィンの前日だったので遊び心でハロウィン風。

Halloween Party


かぼちゃをマッシュしてパンプキンの形にしたかぼちゃんズ(クックパッドから参考レシピ)。目や口はかぼちゃの皮、いろんな表情がご愛嬌。木の葉型に型抜きしたバターナットスカッシュ(Martha Stewart から参考レシピ)と、まだら模様の Colby チーズのカナッペ。軽く炙ったイチジクとブルーチーズにプロシュートは最強の組み合わせ。クリーミーなマッシュポテトとスパイシーなワカモレにBOOチップスを躍らせてみる。

Halloween Party


マッシュルームとしめじたっぷりトマト煮込みハンバーグは、ワインにもあうし作り置きできるのでパーティの定番。前日作って味を寝かせる。日本のウスターソースが隠し味。実は今回、初めてイタリアのオーガニックトマト缶を使ってみたら(いつもはセールで買いだめるトマト缶、、)へぇと感心するくらい美味しいトマトソースに仕上がる。ちょうどいい酸味と甘み。イタリアのトマトあってのイタリア料理、さすがなり。

Halloween Party


しゅうくんの奥様が作ってきてくれたほっこり栗おこわ。嬉しい美味しい☆イタリアンと和食なのに、ハンバーグだったから、なぜかとってもコラボレーション。

Halloween Party

(本当はこの他にサラダとスパニッシュオムレツも用意していたんだけど、おしゃべりの居心地のよさと満腹感で出番なしでした。。)


-----

この日の主役はピノ・ノワール。ピノ好きのみんなと是非一緒に飲みたいピノがあって。カリフォルニアワインの大御所かんちゃんが自ら造るカスタムワイン 0906(ゼロキュウゼロロク)。「2008ヴィンテージがすごくよくなってきてる」とかんちゃんに勧められ、満を持して開けてみる。せっかくピノ好きと飲むのだから、ちょっと趣向を凝らして3種類のピノをブラインドで飲んでみることに。

Wさんからは、モントレーのピノ 『Miura
しゅうくんからは、オレゴンのピノ 『Elk Cove
うちからはもちろん、ソノマコーストのかんちゃんピノ 『0906』。

奇遇にもすべて2008ヴィンテージ。最初から産地はわかっているから、予想をつけながら飲み比べ。

Wine Party

さて結果。5人中4人が1番に選んだのが、堂々 0906!一同、感心と感嘆の声。カリフォルニアというよりフランスのピノのような、上品な酸味と豊かな果実味を持ち合わせたワイン。時間が経つと少し力強くなってきて面白い。すごいね、かんちゃん。ペンギン力。素敵なワインを造ってくれて、飲ませてくれてありがとう。

Wine Party

麻布十番でカリフォルニアワインにあう料理を出すレストラン California Wine Garden のオーナーさんも2010年の第2位に選んでいる 0906。飲んでみたくなりませんか?お問い合わせは以下の 0906 公式サイトまで。日本でも上記のレストラン California Wine Garden で飲めます!


0906
http://www.0906wine.com/
クラッシュパッド・ジャパン
http://www.crushpad.jp/
オリジナルワイン造りクラッシュパッドについては、過去ブログでも紹介しています。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-11-12 15:53 | アメリカのイベント


<< No.928 Cold Sto... No.926 一生ものの鍋、一... >>