No.917 ブドウ畑に込められた情熱ワイン Marita's@Napa

■ Marita's Vineyard (マリタス・ヴィンヤード)

この日のメインイベントはやなまん夫妻の伝で誘っていただいたプライベート・テイスティング。初めて聞くワイナリー Marita's

Marita's Vineyard


メキシコ出身のオーナー Bulmaro Montes (ブルマロ・モンテス)氏は、ナパのワイナリー Joseph Phelps で30年に渡りブドウ畑の総責任者(Vineyard Manager)を勤めていた凄腕。かの 2002 Joseph Phelps Insignia (インシグニア)が、Wine Spectator 誌 "The Best Wine of the Year in the world" に輝いた年のブドウを造っていたのもこの方。その後、事業副担当(Vice President of Operations)にも抜擢されたが、自分のワインを造る夢を捨てきれず、2003年に Joseph Phelps を去り創設したのが同ワイナリー。

Marita's Vineyard


造っているワインは2種類のみ。フラッグシップワイン Marita's とセカンドラベル Soma。いずれも100% Cabernet Sauvignon の赤ワイン。同じ畑、同じブドウだけど、その年最上の出来の樽から造られるのが Marita's で、それ以外は Soma となり、更に残りはバルク生産のワインカンパニーに売却するのだそう。

Marita's Vineyard


そんなごく少量生産のブティークワインをテイスティングできるのは、このプライベート・テイスティング形式のみ。少人数でテーブルを囲み、まるで家族のように、軽食とワインに舌鼓。

Marita's Vineyard


Bulmaro さんは用事があるとかでお話できたのは10分くらい。残念。でもその後、マーケティング担当の Pilar さんというおばちゃまがいろいろ説明してくれる。ワイナリーのこと、特にブドウへの思い。このティスティングで出されるお料理はすべて Pilar さんお手製。みんなが絶賛したのが、バルセロナ出身の彼女特製スパニッシュオムレツ。ワインを邪魔するから胡椒も使わず、味付けは塩とオリーブオイルのみ、なんと摩り下ろした玉ねぎが入ってる。卵ふわふわ、ポテトもほくほく。完璧な焼き加減。みんなで奪い合い、あっという間に完売。

Marita's Vineyard


肝心のワイン。

・2005 Marita's Vineyrard Napa Valley Cabernet Sauvignon ($150) GOOD!
・2005 Soma Napa Valley Cabernet Sauvignon ($86) GOOD!
・2006 Soma Napa Valley Cabernet Sauvignon ($86) GOOD!

わ、美味しい。これは美味しい。Soma は鮮やかさと酸味が特徴、若いうちから楽しく飲める。Marita's はより複雑で樽香が感じられ、深い果実味とエレガントなタンニン。どちらもカベルネ100%とは思えない口当たりのよさとマイルドさ。Marita's はしばし時間が経って最高によくなり、最後はむしろ Soma のほうがフレンドリーな印象。ただ、交互に飲み比べていると、他方に戻った瞬間、他方の特徴(酸味とか苦味とか)が際立ちすぎてしまう。Marita's でも Soma でもいいから、1本をじっくり飲んだほうが楽しめるね、というのが夫との共通の感想。どちらにもいい個性があって、どちらも素晴らしい。


出されたお料理は、生ハムのブルスケッタ、きのこソテーのブルスケッタ、絶品スパニッシュオムレツ、グリッシーニ2種(パルメザン&ガーリック)、マンチェゴ(スペインのチーズ)、ダークチョコレート。ワインもたくさん頂いて。

Marita's Vineyard
チーズを切り分けて、ワインを注いでくださった、Pilar さんの旦那様。


あまりにもアットホームで、最後のほうは Pilar さんも椅子を持ってきて腰を据え、完全に世間話モード(笑)トレジョーのオリーブオイルが美味しいのよとか、スパニッシュオムレツのレシピやコツを聞いたりなど。心配になるほど商業っ気なし。


猫もシニカルですよ。くくく。

Marita's Vineyard

犬も無防備過ぎますよ。わーふわふわふわふっ♪

Marita's Vineyard


一般のお店ではなかなかお目にかかれないワイン。こんな素敵なプライベート・テイスティング、みなさんもいかがでしょう?詳細はこちら。やなまん夫妻ありがとう!(ちなみに今回は日本人のみ12人でのランチタイム。ディナーもある様子。)

Marita's Vineyard (要予約)
http://www.maritasvineyard.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-20 00:50 | ワイン&ワイナリー


<< No.918 ナパと共に歩む老... No.916 カエルも飛びます... >>