No.903 田舎町 突如現る チョッピーノ Phil's Fish Market@Monterey

モントレーの帰り。やなまん夫妻がどうしても寄ってみたいレストランがあるという。
少し前にサンフランシスコ・ノースビーチの絶品チョッピーノ(Sotto Mare)をご一緒したのだけれど、アメリカで初めて食べてすごーく美味しかったチョッピーノの店が帰り道にあるらしく、もう一度食べて真偽を確かめたい、と。

場所はモス・ランディング(Moss Landing)という昔の漁村の趣を残す小さな町。ビーチでサーフィンや釣りを楽しんだり、ちょっとしたアンティーク通りがあったりする町らしいんだけれど、たどり着いたのは夕方7時。えええっと、、、人っ子一人いない閑散とした通り。不安。。。

ところが、寂しい路地を1本入った辺りから、まったく路駐スペースが見つからなくなる。車びっしり。そして突如現れたのが、古きよきアメリカを思わせる港町風の建物 Phil's Fish Market

Phil's Fish Market


中に入るまでもなく、その賑わいは外まで伝わってくる。中に入ると、レジまで長蛇の列。人、人、人で溢れかえって大繁盛。これはすごい。

Phil's Fish Market


まずレジで注文し、お会計をして番号札をもらって席に着く。チョッピーノが有名だけど、それ以外にもアペタイザー、フィッシュサンドイッチ、フィッシュグリル、ロブスター、蟹、ステーキ、パスタなど、驚くほど充実したメニュー。ロブスターロールも発見。でもこの日、カヤック後のランチが遅めで(しかも遅いからしっかり食べてしまって)、ToGo することに。

Phil's Fish Market



家到着。温めなおし、ビールと共に頂く。

Cioppino in a Bowl served with Green Salad and Garlic Bread
・・・・これは旨い。白身魚、ダンジネスクラブ、クラム、ムール貝、イカ、エビ、ホタテ。すごい食べ応え。食べ始めの感動より、食べ進める毎にどんどんはまっていく感じ。タイプが違うので単純には比べられないけど、Sotto Mare より具沢山かも、パスタでの底上げもなく(Sotto Mare チョッピーノの底には大量のペンネが入っていた)、具材の新鮮さとシンプルな魚出汁で勝負!な味わいに、「リピートするならこっちだね」と夫も私も軍配を上げる。

Phil's Fish Market


もちろん、ガーリックブレッドに最後の一滴まで浸して食べる。うまあああい。(おうちなので見た目が悪いのが難点。本来はこう出てくるはず。)

Phil's Fish Market


Cioppino for Two($39.95)もあるけれど、アペタイザーやサイドメニューを頼めば今回のボールサイズ($18.95)を2人で分けも足りる。ちなみに Sotto Mare のチョッピーノは27ドルで、パスタを除いた魚介の具だけなら同じくらいの量。Sotto Mare のほうがトマトとハーブが濃厚、Phil's のほうは魚の旨味勝負。(後日再訪してお店で食べたときはやや酸味が強かったのが残念。)ま、どちらも絶品チョッピーノに違いはないのですが。

次は必ず、お店でビールを飲みながら。必ず、お腹を空かして。」が、うちの合言葉になりました。このチョッピーノのためにモントレードライブを企画するもよし。



Phil's Fish Market & Eatery
http://www.philsfishmarket.com/
7600 Sandholdt Rd.
Moss Landing, CA 95039

月~日:ランチ、ディナーあり。夜9時まで。定休なし。
モス・ランディングは、道が混んでいなければモントレーからだと約30分北上、サンノゼからは1時間、サンマテオからは1時間半南下した辺り。レストラン内に鮮魚を販売するフィッシュマーケットも併設。また、持ち帰り専用のバケツ入りチョッピーノ(Cioppino to-go)もあるので、ポットラックなどに喜ばれるかも。


-+-+-



モス・ランディング周辺はアーティチョークの栽培が盛ん。高速沿いの看板にも "Fresh Artichoke $1 for 12" って、どんだけお買い得なんですか。ここ Phil's にも、蒸しアーティチョークやアーティチョーク・ハーツ・フライなどの名物メニューがずらり。そんな中見つけたのが、

アーティチョーク・カップケーキ(Artichoke Cup Cake)

Phil's Fish Market

買わない手はない、です。アメリカンなアイシングがどっぷり乗ったカップケーキ。本物のアーティチョークがごろごろ入ってはいるけれど、予想通りキャロットケーキやズッキーニのパウンドケーキのように、野菜の味がわからなくなるほどあまーいカップケーキでした。経験経験。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-09-23 10:27 | レストラン


<< No.904 「日本の中華料理... No.902 缶詰横丁キャナリ... >>