No.886 奇抜なフレーバーはお好きですか?Humphry Slocombe@San Francisco

サンフランシスコで Bi-Rite Creamery と人気を二分するアイスクリームショップ Humphry Slocombe(ハンフリー・スロコム)。外にはどこにもお店の名前が出ていないものの、長蛇の列ですぐに目的の店とわかる。(写真ではちょうど列が途切れたところ。)

Humphry Slocombe


寒いサンフランシスコでも、みんな美味しそうにアイスクリームをほおばる。ふと店内を見ると、壁に牛・・・。しかもよく見ると頭2頭。(このお店のキャラクターらしい。)

Humphry Slocombe


フレーバーは日替わりで10~12種類。ところが、夜7時半に訪れたこの日は既に半分以上のフレーバーが Sold Out。一番食べたかったフレーバーのひとつ、Blue Bottle Vietnamese Coffee も売り切れ。がああん、ショック。

Humphry Slocombe


くじけないぞ。気を取り直して。
私は Small(2スクープ)、一番人気の Secret Breakfast(bourbon and toasted cornflakes)と黒ビールの代名詞 Stout。夫もお目当ての Salt & Pepper が売り切れてて Kids(1スクープ)に Tahitian Vanilla

Secret Breakfast は、ベースが Bourbon で売られているアイスクリームにコーンフレークが入っている。スタウトもバーボンも酒好きがばれてしまうチョイス。いえいえ、どちらもアルコールの味はせず、蒸留の香り、麦の味が濃厚なアイスになったよう。文句なく美味い。個人的にはスタウトのほうが好き。バニラは、バニラビーンズが入った上質なバニラだけど、まあ、ここでなくても食べられるかな、というのが正直なところ。

Humphry Slocombe



さて。2008年に Humphry Slocombe をオープンさせた Jake Godby 氏は、Boulevard、Zuni、Fifth Floor、Coi などサンフランシスコの名だたる有名レストランでデザートシェフを勤めてきた人物。「この味をアイスにするとどうなるだろう」と常に好奇心旺盛な方らしく、Humphry のメニューには以下の様なびっくりフレーバーが名を連ねる。

バルサミコ・キャラメル(Balsamic Caramel)、プロシュート(Boccalone Prosciutto)、フォアグラ(Foie Fras)、オリーブオイル(McEvoy Olive Oil)、ウーロン茶(Oolong)、ピーナッツ・バター・カレー(Peanut Butter Curry)、塩リコリス(Salted Licorice)、ストロベリー・キャンディ・ハラペーニョ(Strawberry Candied Jalapeno)、白味噌(White Miso)、五香粉パイナップル(Pineapple 5-spice)、バナナアイス w/ベーコン・ピーナッツ・ビッツ(Elvis: the Fat Years; Banana Ice Cream with Bacon Peanut Brittle)、Jesus Juice(Red Wine and Coke)...etc. もちろん美味しそうな普通のフレーバーもあります。


お店を入ると、おなじみキャンベルスープ缶の絵が4つ。ラベルには、Secret BreakfastSalt & PepperHibiscus Beet、そして Fetal Kitten と書かれている。最初の3つは既存フレーバーだけど、じゃ、4つめの Fetal Kitten(子猫の胎児)は?「次はどんなクレージーなフレーバーを作るんだい?」と聞かれたとき用に用意してある常套回答なんだとか・・・。ちょっとブラックすぎやしませんか、Godby サン。

Humphry Slocombe


奇抜フレーバーの評判は賛否両論。それでも、これだけ多くのファンを魅了するには、基礎となる知識と技術、材料の上質さ、そしてセンスがあればこそ。某有名レストランのシェフが、「私はずっとこの味に出会いたかったのだ」と言ったとか。私も是非再訪したい。まずは Blue Bottle Vietnamese Coffee をリベンジしなきゃ。そして密かに気になるはピーナッツ・バター・カレー。

Humphry Slocombe
牛カウカウ


Humphry Slocombe Ice Cream
http://www.humphryslocombe.com/
2790A Harrison St
San Francisco, CA 94110

月~日:12:00~21:00。定休なし。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-08-04 13:00 | レストラン


<< No.887 今年の紫蘇、来年... No.885 こんなところで名... >>