No.866 London 2010 ウィンブルドン編

2010年ウィンブルドンがいよいよ開幕。日本勢も、クルム伊達公子(現在世界ランキング64位)、森田あゆみ(101位)、奈良くるみ(149位)、錦織圭(189位)、添田豪(そえだごう)(124位)の5人が本戦入り。嬉しいうれしい。


その開幕1ヶ月前のウィンブルドン、にいました。

Wimbledon Guided Tour


今回ガイドツアーに参加。たっぷり1時間の充実ツアー。ガイドのお姉さんはゆっくり分りやすいクイーンズ・イングリッシュで説明してくれる。(ツアー客全員が英語圏外なこともあるそうで。)

Wimbledon Guided Tour


スタートは、イギリスの国民的英雄フレッド・ペリー(Fred Perry)の銅像。選手生活の間にテニス4大タイトル(グランドスラム)をすべて獲得した歴代男子シングルス6人のうちの1人で、母国ウィンブルドンでも3度の優勝、5年間に渡り世界No.1の座に君臨した偉大なるテニスプレーヤー。

Wimbledon Guided Tour

ウィンブルドンのスポンサーといえば ROLEX。

Wimbledon Guided Tour


まずは1番コート(No.1 Court)。1ヶ月後のウィンブルドンに備え、芝もきれいに生えそろっている。

Wimbledon Guided Tour


1番コート近くの広い芝生、通称ヘンマン・ヒル(Henman Hill)には、ウィンブルドン期間中大型モニターが設置され、会場に入れないファンたちで賑わう。名前の由来は、フレッド・ペリー以来の期待のイギリス人男子テニスプレーヤーとして活躍したティム・ヘンマン(Tim Henman)。彼の熱狂的な地元ファンは当時“ヘンマニア”と呼ばれていたらしい。・・・ヘンですよ。

Wimbledon Guided Tour

ヘンマン・ヒルからの眺め。遠くにはビッグベンなどのロンドン市内が望める。

Wimbledon Guided Tour Wimbledon Guided Tour


ツアーならではの経験!だったのがここ、プレス・インタビュー・ルーム(Press Interview Room)。そうそう、みんなここで試合後の会見してるー!私も席に座って成りきり写真ぱちり037.gif

Wimbledon Guided Tour


選手の控え室と食堂。メニュー内容や値段は結構普通。

Wimbledon Guided Tour Wimbledon Guided Tour

「出場選手のプライバシーを尊重するため、レストラン内での写真撮影、インタビューおよびサインを求める行為はやめましょう。」同じプロでもその心理は働くのでしょう、面白い(笑)

Wimbledon Guided Tour

歴代優勝者の名前が輝かしく刻まれて。今年もフェデラー頑張れ!

Wimbledon Guided Tour


そして待望のセンターコート(Centre Court)。感無量。

Wimbledon Guided Tour

雨の多いロンドンでは、雨天中断時にシートを持った人たちが一斉に走る光景が名物だったけど、2009年4月に開閉式の屋根が完成。2012年のロンドンオリンピックテニス会場として使用されることが決まっている。

Wimbledon Guided Tour Wimbledon Guided Tour

座席数は1万5000席と少ない。世界最大のテニスコートで知られる全米オープンのセンターコートは2万5000人以上収容可能だとか。

Wimbledon Guided Tour Wimbledon Guided Tour


ツアーにはテニスミュージアム入場料も含まれている。右の写真は動く3Dマッケンロー、、、

Wimbledon Lawn Tennis Museum Wimbledon Lawn Tennis Museum Wimbledon Lawn Tennis Museum


楽しかったぁ。テニスファンなら興奮間違いなし。充実したウィンブルドン・ガイドツアーでした072.gif

Wimbledon Lawn Tennis Museum

Wimbledon 公式サイト
http://www.wimbledon.org/en_GB/index.html
Guided Tours
http://aeltc2010.wimbledon.org/en_GB/about/museum/museum_tours.html
Tour Booking
http://www.aeltc.com/museum/


-+-+-



毎年6月から7月に行われるウィンブルドン選手権の会場として使われるこの施設。普段は、オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(All-England Lawn Tennis and Croquet Club)というプライベート・テニスクラブの所有。現在375名のフル会員と約100名のテンポラリー会員が登録されており、コートおよび施設を使うことが出来る。入会金500ポンド、年会費は100ポンドで大したことはないんだけど、、

会員になるためには、ですね。

  ・4人のフル会員からの推薦状が必要
  ・そのうち2人は申請者と3年以上の交友があること

このあとインタビューを受ける。お家柄とか、家族構成とか、会員にふさわしい人柄かとか。で、インタビュー終了後会員になれるかというと、まだ。これでようやくウェイティングリストに載るのだそうです。。イギリスで最も会員になるのが難しいクラブの1つ。そりゃそうだ。ものすごい名誉だもの。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-06-22 08:27 | ロンドン 2010


<< No.867 干し野菜生活 2010 No.865 インジェラに包ま... >>