No.865 インジェラに包まれてエチオピア Zeni Ethiopian Restaurant@San Jose

アフリカはエチオピア料理を食べに。サンノゼにある Zeni Ethiopian Restaurant。Yelpでの評判に加え、先日るんさんがエチオピア料理に挑戦されていたのが後押しに。和食居酒屋 TANTO と同じモールの同じ並び。この看板が、、エチオピア語?

Zeni Ethiopian Restaurant


明るい店内。麦で編まれたカラフルなタジンポットみたいな物体。バスケットのふたを取ると丸いテーブルに変身。低い椅子に座って囲む。不思議な居心地。

Zeni Ethiopian Restaurant


エチオピアのビールはすっきり味。美味しい。タッジ(Tej)と呼ばれるエチオピアの伝統的なハニーワインもいただく。デザートワインよりすっきりで、薄い梅酒のよう。後味にほのかなはちみつ。暑い地域だから、飲み物もすっきり系が好まれるのかな。

Zeni Ethiopian Restaurant



で、エチオピア料理ってどんなもの?メニューを見てもちんぷんかんぷん。何もかもが初めてのエチオピア。予習してきた代表的なメニューをいくつか注文。

KEI WOT 牛肉の煮込みシチュー
Hot and spicy beef stew. Very lean chopped beef simmered in a hot and thick berbere sauce and purified herbed butter, with exotic spices added
YE-BEG TIBS ラムのソテー
Succulent pieces of fresh lamb sauteed in butter seasoned with onions, green pepper, tomato and rosemary. Served juicy or fried
VEGETARIAN COMBO ベジタリアン・コンビネーション
A combination of Ye-Miser Wot, Ye-Kik Alitcha, Atakelt Wot, Ye-Gomen Wot, Ye Timatim Fitfit


エチオピア料理は、インジェラ(Injera)と呼ばれるスポンジ状のグレーのパンケーキと一緒に食べるのが一般的。このように大きなインジェラの上に具が乗って出てくる。まずはベジタリアン・コンボが登場し、次に持ってきてくれた牛肉の煮込み(Kei Wot)を空いている場所に追加して、

Zeni Ethiopian Restaurant Zeni Ethiopian Restaurant

最後にラムと野菜のソテー(Ye-Beg Tibs)を乗せて注文メニューがそろう。なるほどー。面白いサーブの仕方。

Zeni Ethiopian Restaurant


おしぼり、ではなく、追加のインジェラもついてくる。

Zeni Ethiopian Restaurant


エチオピア料理は、なんと手で食べる。インジェラに好きな具をくるんでぱくっ。

Zeni Ethiopian Restaurant

インジェラは、テフ(Teff)という穀物の粉を水で溶いて発酵させ、クレープ状に焼いたもの。サワードウのような酸味が特徴。発酵によって出来た気泡がスポンジのようで、弾力がありもちもち。

エチオピア料理で一番ポピュラーな料理ワット(Wot)。牛肉バージョンは Kei Wot。牛肉は柔らかく香辛料が効いている。それだけで食べても美味しいけれど、インジェラの酸味と合わさるとさらに美味しい。ラムのティブス(Tibs)はやや油っこいけど柔らかい。注文してよかったのがベジタリアン・コンボ各種。ターメリックで煮込んだ Split Pea、ねっとりマイルドな Lentil、まるで高菜の漬物のような Collar Green、クミン風味のキャベツ、小さくちぎったインジェラにトマトや特性マリネドレッシングが浸み込んだ Fitfit など。味に変化が出て、端休めにもなり。食べ進めると、料理から出たソースや旨味をたっぷり吸い込んだインジェラが下から顔を見せる。もちろんちぎって食べる。これがまた美味しくて。

味のベースはクミン、クローブ、コリアンダー、カルダモン、ターメリック、レッドチリといったインド系スパイスだけど、もちろんエチオピア風?独特な風味。スパイシーな料理が多いらしいけど、個人的にはそれほどでもなかったと思う。むしろインドに比べるとマイルドで食べやすい。炭水化物インジェラと一緒に食べるから、4人でメイン3種類で十分お腹いっぱい。



エチオピアはコーヒーの原産地と言われている。エチオピアコーヒーは、サイフォンなどを使わず、鍋の中で水と一緒に沸かして上澄みを飲むため粉っぽい印象。以前飲んだトルココーヒーに似て、素朴な噛みしめて飲むような風合いがとてもいい。

Zeni Ethiopian Restaurant


気が付けばお店は満席。インド人に加え、中東やアフリカ系のお客さんが圧倒数。伝統的な味を守り続けている証拠なのかも。ベジタリアン向けのメニューも豊富。貴重な食経験と、ご一緒してくれたお2人に感謝。


主なエチオピア料理メニュー
・Wot(Wat) ワット: 肉や野菜をバルバレ(Berebere)という辛い香辛料で煮込んだ汁気の少ないシチュー
・Alicha アリチャ: 辛くないマイルドなワット
・Tibs ティブス: 肉や野菜のソテー
・Injera インジェラ: 主食であるスポンジ状のパンケーキ、酸味があり、ワットやティブスと一緒に食べる
・Kitfo(Ketfo) キトフォ: ミトミタ(Mitmita)という非常に辛いチリパウダーでマリネした生肉のたたき(野菜の場合もある?)
・Firfir(fitfit): 細かくちぎったインジェラに肉汁やマリネ液を浸み込ませたもの
・Ye Bere: 牛肉
・Ye Beg: ラム(ヤギ肉)
・Ye Doro: 鶏肉
※宗教の戒律上、豚肉は食べない。


Zeni Ethiopian Restaurant
http://www.zenirestaurant.com/
1320 Sataroga Ave
San Jose, CA

火~日:ランチ、ディナーあり。月曜定休。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-06-18 07:43 | レストラン


<< No.866 London 2... No.864 地元で頑張るお店... >>