No.863 優雅なひと時、美味しいブランチ

aqua_blueYさんにブランチにご招待いただきました。

Brunch Party

aqua_blueYさんの旦那様ジェームスは料理上手。レストランで食べて美味しかったものは、家でもどんどん再現してしまう。しかも、試行錯誤の研究を重ね(こんな風に)、マル秘レシピブックには書き込みがびっしりだとか。ピクサー映画 『レミーのおいしいレストラン』(Ratatouille)からついたぴったりのあだ名は「レミー」。


ミモザで乾杯した後、フルーツたっぷりのクレープ登場。クリームチーズ&バターのクリーム、フルーツもたっぷりはさみ、「レミー」特製ブルーベリーソースとラズベリーソースをたっぷり。新鮮なフルーツはもちろん、つやつやの美しいソースも美味しい☆たくさん食べたいけれど、今日のメインディッシュはこれから。

Brunch Party


そして、メインディッシュ登場!エッグベネディクト(Eggs Benedict)。ポーチドエッグにフォークを入れると、黄身がとろ~りとあふれ出す。完璧な火の通り具合。かりっと焼かれたイングリッシュマフィンと上質ハムに黄身とオランデーズソースが絡まって、お、おいしい~♪

Brunch Party


キッチン裏では「レミー」シェフの真剣な表情。バターとレモン汁を卵黄で乳化させるオランデーズソース作りには、熟練の技が必要。うまく作らないと、凝固したり分離したりしてしまう。ポーチドエッグも、ひとつひとつゆっくりお湯に割り入れ、表面だけ固まった絶妙のタイミングで、黄身を崩さないようそーっとすくい上げ、そーっとマフィンの上に乗せる。

Brunch Party

こうして1人分ずつサーブされていく。こんな手の込んだ、そして心のこもったエッグベネディクトが美味しくない訳がない。最後にようやく自分の分を作り終え、満足そうに食べるジェームス。本当に本当にありがとう。

外は燦々快晴のカリフォルニア。木漏れ日と、気持ちのいい風が吹き込む窓辺で、最高に贅沢なブランチのひと時でした。





Brunch Party
食後になにやら盛り上がる男性陣。輪の中央には新品iPad。。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-06-15 03:26 | おともだち


<< No.864 地元で頑張るお店... No.862 London 2... >>