No.838 エキゾチックに中東アフガン Kabul Afghan Cuisine@San Carlos

サンカルロスにある中東レストラン Kabul Afghan Cuisine。ここのアフガニスタン料理はなかなかの評判で、一度行ってみたかったの!という友達たちと一緒にランチ。場所は、El Camino Real 沿い、韓国焼肉 KAYA のあるモール。

ところでアフガニスタンってどこ?Wikipedia によると、「アフガニスタン・イスラム共和国、通称アフガニスタン(アフガン)は、中東・南アジアに位置する共和制国家」。イランの東に隣接。そして首都の名前が Kabul (カブール)。なるほど納得。
f0097972_14423595.jpg



このレストラン、すべてのガラスがボルドー色のカーテンで覆われていて、店内の様子がまったく見えず、すごく怪しいし、入りづらい。。

Kabul Afghan Cuisine


でも中は広々、明るい雰囲気。壁にはサニーベールの地中海レストラン Dishdash のシンボルと同じ民族衣装がずらり。

Kabul Afghan Cuisine



Mantoo ラムひき肉のダンプリング
Onion and ground lamb filled dumplings, topped with yogurt, and served with mixed vegetables.
ラムのひき肉が水餃子のようなつるんとした皮に包まれた一品。ラムのスパイスとヨーグルトのまろやかさでエキゾチックな味に仕上がっている。ヨーグルトのおかげなのか、ラムは全然臭みもなく。

Kabul Afghan Cuisine



Chef Platter 前菜盛り合わせ
Chef's Favorite: Combination platter of Aushak, Sambosa, Bulanee Katchalu.
前菜盛り合わせ。Aushak (手前)は上と同じダンプリングだけど中身がネギ。ヨーグルトに加えミートソースがかかってる。Sambosa (左)は綴りもそれらしくサモサ風。ラムひき肉とつぶしたヒヨコ豆を皮でくるんでパリっと揚げてある。これが一番お気に入り。Bulanee Katchalu (右)はラムひき肉とマッシュポテトをブレッド生地で挟んで焼いたもの。ハーブが香っていいアクセントに。それぞれ特徴があって楽しめる。

Kabul Afghan Cuisine



Kabul's Combination Kabab ラム肉と海老のケバブ
Combination: Two skewers, one of each, lamb, chicken, fish, or beef, served with palla. Pallaw is Basmeti Rice cooked in sauce to make it brown.
ケバブは、お店のお薦めでラムと海老をチョイス。(実は私はこの日肉が食べられなかったんだけど、友人曰く)ラムはスパイスたっぷりでジューシー。付け合せのバスマティライスは少し長め、ちょっとぱさぱさ感が気になって残念。一同お気に入りは Afghan bread。フォカッチャのようにふわっと香ばしく、ほんのりスパイスの香り。どのソースにつけてもぱくぱく食べれちゃう。

Kabul Afghan Cuisine



Kadu パンプキンのソテー、ヨーグルト&ミートソース (手前)
Sauteed pumpkin topped with yogurt, and meat sauce.
Gulpi カリフラワーの煮込み (奥)
Stew of cauliflower cooked with ginger, tomatoes, and onions.
このお店一番の人気メニューといっても過言ではない Kadu。パンプキンは日本のカボチャより淡白で水っぽい欧米種。それを甘く柔らかく煮込んである。パンプキンの甘み、ヨーグルトの酸味、ミートソースのコクが絶妙のハーモニー。でも、個人的に好きだったのはカリフラワーのほう。トマトと甘めの香辛料でくたくたに煮込んだカリフラワー。どんなスパイスを使ったらこんな味が出せるんだろう。すごくすごく美味しい。

Kabul Afghan Cuisine


「エキゾチック」の一言。ヨーグルトとトマトと香辛料が頻繁に使われているけれど、決してスパイシーでも酸っぱくもなく、すべてがマイルドに調和する。(そういえば Dishdash もヨーグルトを上手に使ってたなぁ。)中東というと肉!ケバブ!が真っ先に頭に浮かぶけれど、こうした副菜的なメニューの素晴らしさを多くの人に知って欲しいな。

Kabul Afghan Cuisine



-----

後日ディナーで再訪したメニューも美味しかったので記録。

Pakawra-e-Badenjan ナスのフライ
Batter dipped eggplant with yogurt and meat sauce.
前菜メニューから、ナスのフライに定番ヨーグルト&ミートソース。ナスはふわっとさくっと揚がってて、ナス好きなら絶対気に入るはず。

Kabul Afghan Cuisine


Mater Challaw ラム肉のスパイス煮込み
Tender chunks of lamb, cooked with sweet green peas, onion, tomatoes, and spices, served with challaw.
いつもはメインにケバブを頼むけれど、今回は店員さんに勧められた煮込み料理をチョイス。これが美味しかった!トマトと香辛料で柔らかく煮込まれたラム。個人的にはケバブより断然お気に入り。この独特のスパイス、、はまりそう。ほうれん草で煮込んだラムの煮込み料理 Sabsi Challaw のほうも是非食べてみたい。今回のバスマティライスは前回より薫り高く美味しかった。日によって違うのかな。

Kabul Afghan Cuisine




Kabul Afghan Cuisine
http://www.kabulcuisine.com
135 El Camino Real
San Carlos, CA 94070

月~日:ランチ、ディナーあり(ランチは平日のみ)。定休なし。
Burlingame にも店舗あり。そちらの様子はMiyukiさんの素敵ブログでどうぞ。Sunnyvale にも同名の Kabul Afghan Cuisine というアフガニスタンレストランがあり、メニューもよく似ているが別系列。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-05-03 14:42 | レストラン


<< No.839 ダイナーで人気ハ... No.837 あなた色に染まり... >>