No.790 Christmas Day 2009

毎年クリスマスには、夫とお小遣いを出し合って、ちょっといいワインを飲むことにしている。今年選んだのは、フランス、ボルドー5大シャトーのひとつ 1994 Chateau Haut-Brion (シャトー・オー・ブリオン)。5大シャトーの中で、ムートンやラトゥールを産出するメドック地区ではなく唯一グラーブ地区から選ばれたワイン。

ワイナリーが提示する飲み頃が2000~2010年なので、2009年の今年はまさに飲み頃。15年も経っているのにまだ力強さが残っていて驚く。後味が驚くほど長い。時間をかけると優しくまろやかに。これだからワインは奥深い。

Christmas Dinner


合わせたのはラム。ワイン単体で飲むよりも、チーズより何より肉と合わせるとぐんっとワインが美味しくなる。時折こうして食とのマリアージュの大切さを再認識させられる。(それにしても、、、肉って難しい。こういう豪快な肉料理は慣れていないから、火の通り具合が難しくて苦手。肉を上手に焼ける人、尊敬、募集。)

Christmas Dinner




Black Cat
今年も素敵なワインが飲めました。そして今年もあと数日。
ありがと、夫。おつかれ、自分。らぶ、デュリフ。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-12-30 04:19 | アメリカのイベント


<< No.791 謹賀新年2010 No.789 近所でクリスマス... >>