No.776 Thanksgiving Day 2009

今年のサンクスギビングは光栄なことに、一昨年同様パティシエChicoさんにお招きいただき、少し早いディナーを堪能しました。秋らしい素敵なテーブルセッティング☆

Thanksgiving Dinner



どーん、素晴らしい照り色のこんがりターキー氏。何ポンドあったんだろう?Chico 風ターキーは中にスタッフィングを詰めないタイプ。これを見事な手際でさばいてくれます。さすがです。職業がパティシエなら、料理の腕もプロ級。

Thanksgiving Dinner


バターナットスカッシュのスープに始まり、ブリュッセル・スプラウト(芽キャベツ)のソテー、ほくほく茹で栗入りスタッフィング(夫絶賛!)、スイートポテトのグラタン(絶品!)、自家製クランベリーソースに自家製グレービーソース。

Thanksgiving Dinner Thanksgiving Dinner


そりゃワインも進みます。飲んだなー、この日。

Thanksgiving Dinner


待ってましたぁ!パンプキン・チーズケーキ☆デザート3切れも食べちゃいました。

Thanksgiving Dinner


最後は恒例、ウィッシュボーン対決!ウィッシュボーン(Wishbone)とは、松葉のように二股に分かれた鶏の鎖骨のこと。この骨の両端を2人で引き合って、長いほうを取ると願い事がかなうという遊び。ぬおぉぉぉーーー、ぽきっ。今年も負けました。。

Thanksgiving Dinner




・・・と、楽しい雰囲気を思い出しつつ書いていますが、ほとんど記憶にございません。前菜の時点でなみなみと注がれたワインを飲み干したあたりで、すべてが吹っ飛んでいました。(お料理とデザートの美味しさはしっかり覚えているんだけど。)

「いつか自分でもターキーを焼くかなぁ」と思いつつ、このフルコースに到底敵うはずもなく、招待いただける限り自分で焼くことはないのでしょう。(この幸せ者。)いつも最高のホスピタリティで暖かく迎えてくれる Chico and Mark。本当にありがとうございました!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-11-30 05:11 | アメリカのイベント


<< No.777 NBA Gold... No.775 ざっくり香ばし焼... >>