No.773 個性様々な美味しい Siduri のピノ、など@Sonoma

至福の Cyrus ディナーの翌日、紅葉のワインカントリーへ。


■ Siduri Wines (シドゥーリ・ワインズ)
最初に向かったのは Siduri。カリフォルニアワイン好きで知らない人はいないはず。ピノノアールだけを造るワイナリーで、自社の畑は持たず、北はオレゴン州から南はサンタバーバラまで広い範囲のブドウを買い、20種類以上のピノを造っている。ワイナリーは、ブドウ畑とは無縁の倉庫街の一画。でも、施設の中には樽がぎっしり。

Siduri


予約制なので朝10時に予約を入れて訪れる。テイスティング料は無料。Siduri ラベルで造られているのはピノノアールのみ。ピノ以外の品種は Novy という姉妹ラベルで造られている。担当のお姉さんの簡単な話を聞きながら様々な地域のピノをテイスティング。

・2007 Siduri Chehalem Mountains Pinot Noir ($29) GOOD!
・2007 Siduri Amber Ridge Vineyards Pinot Noir ($45) GOOD!
・2006 Siduri Cargasacchi Vineyard Pinot Noir ($49)
・2007 Siduri Rosella's Vineyard Pinot Noir ($50) GOOD!
・2008 Siduri Pisoni Vineyard Pinot Noir ($55) GOOD!

・2008 Novy Willamette Valley Blanc de Noir ($24)
・2006 Novy Napa Valley Syrah ($19.50)
・2006 Novy Simpson Russian River Valley Syrah ($29)
・2006 Novy Christensen Vineyard Syrah ($29)
・2007 Novy Papera Vineyard Zinfandel ($33)
・2008 Novy "Oley" Late Harvest Viognier ($15)

オレゴンの Chehalem、ソノマの Amber Ridge、サンタバーバラの Cargasacchi、Rosella's、Pisoni。どれも一度は耳にする錚々たる畑たち。これだけ横並びで飲めると地域ごとの特徴を比べられて嬉しい。しかしどれも美味しい!さすが Siduri。中でもカリスマ畑 Pisoni は、ブルーベリーやブラックベリーのフルーツ味がぎゅっと凝縮、奥深い1本。素晴らしいピノの後だけに Novy はそれほど印象に残らなかったけれど、シラーは美味しかった。
※ただ、収穫時期の倉庫系ワイナリーは、fruit fly という小バエがたくさん、、、(汗)

Siduri






■ Paradise Ridge Winery (パラダイス・リッジ・ワイナリー)
高台の上に建つのは、素晴らしい景観を持つ Paradise Ridge。テラスから見下ろすワイン畑と田園風景は、ため息もののまさにパラダイス。

Paradise Ridge Winery


Paradise Ridge は日本人に馴染み深いワイナリー。慶応元年(1865年)、薩摩藩英国留学生として海を渡った長沢鼎(なかさわかなえ)という留学生が、後にカリフォルニアに渡り、ソノマにワイナリーを創設する。ナガサワワインは米国ワインコンクールで優秀な成績を収め、イギリスに最初に輸出されたカリフォルニアワインもナガサワワインだったそう。

もちろんすべてが順調だったわけではなく、度重なる火災やフィロキセラ(ワインブドウの樹を壊滅させる害虫)、宗教弾圧や禁酒法、排日運動など、ワイナリーは何度も危機に陥る。それでもサムライ・ワインメーカーの血は受け継がれ、今なお長沢の名を残す畑 Nagasawa Vineyard として眼下に広がっている。(※このストーリーは集英社コミック『ソムリエール』8巻にも収録されています。ちょっと感動的なお話。)

Paradise Ridge Winery


そんな畑を眺めながらテイスティング。テイスティング料は5ドル。ワインを購入すると差し引いてくれる。

・2008 Grandview Vineyard Sauvignon Blanc ($20)
・2007 Nagasawa Vineyard Estate Chardonnay ($30)
・2008 Hoenselaars Vineyard Brides Blush Rose ($18)
・2007 Pinot Noir ($35)
・2005 Hoenselaars Vineyard Estate Syrah ($35) GOOD!
・2006 Hoenselaars Vineyard Estate Zinfandel ($34) GOOD!
・2006 Rockpile "The Convict" Zinfandel ($38)
・2005 Rockpile Vineyard Cabernet Sauvignon ($55)

印象に残ったのは、シラーらしいパワフルさを持つシラー、これまたいいパワフルさを備えたジンファンデル、ウェディングも行われるこのワイナリーにぴったりのキュートな甘口ピンクロゼ。噂の Nagasawa Vineyard のシャルドネ、美味しかったのだが、ふと気がつくとカウンターに置かれていたボトルは Nagasawa ではなかった。。今飲んだの Nagasawa じゃなかった?疑惑。陽気なスタッフのお姉さん、朝からかなり酩酊してたからなー。

Paradise Ridge Winery


まだ造りかけですが、1Fには長沢鼎記念館があります。見学無料。
Paradise Ridge Winery






■ Seghesio Family Vineyards (セゲシオ・ファミリー・ヴィンヤーズ)
昨年、ワイン評価誌 Wine Spectator The Top 100 Wine of 2008 の10位に、なんと20ドル代のカリフォルニアワインがランクイン!それがここ Seghesio のジンファンデル。もともとジンファンデルには定評のあるワイナリーだったけれど、このランクインでますます知名度が上がる。

Seghesio Family Vineyards


ワイナリーは Healdsburg のダウンタウンの近く。ピクニックエリアもあり、静かで雰囲気のいいワイナリー。対応してくれたお兄さんも説明好きで好印象。テイスティング料は5ドル。

・2007 Costiera Pinot Noir ($42)
・2006 Chianti Station ($40)
・2007 Rockpile Zinfandel ($36) GOOD!
・2007 Old Vine Zinfandel ($36) GOOD!
・2005 Home Ranch Cabernet ($28)
・2005 San Lorenzo Petite Sirah ($45)

Wine Spectator 10位にランクインしたのは 2007 Sonoma Country Zinfandel。今回それは飲めなくて残念だったけど、それ以外のジンファンデルも美味しい。特によかったのは、近年カリフォルニアAVAに認定されたばかりの Rockpile のジンファンデル。スパイシーかつ深くてエレガント。Paradise Ridge でも Rockpile のジンを飲んだけれど、Seghesio のほうがずっといい。(ヴィンテージの違いも大きいけど。)どのジンファンデルも、口に含んだときにふわっと心地よい甘さを感じる。Seghesio の株がぐぐっとアップ。

Seghesio Family Vineyards





■ Ferrari-Carano Vineyards and Winery (フェラーリ・カラノ・ヴィンヤーズ&ワイナリー)
駐車場から建物まで、素晴らしく手の行き届いた庭園を抜けると、ヴィラ・フィオーレ(Villa Fiore)と呼ばれる宮殿がどーん。広大な庭には優雅な噴水。咲き乱れる花々。ネバダ州リノにあるエルドラドホテル&カジノのオーナーが経営していると聞いて納得。。(ちなみにこの時期はすっかりクリスマスムード。外灯の装飾はまるでディズニーランドのよう。)

Ferrari-Carano Winery


ラベルは見知っていたけれど、飲むのは初めて。地下にリザーヴ専用のテイスティングルームがあるらしいのだけれど、今回は通常テイスティング。テイスティング料5ドルで4種類を選択。

・2007 Siena Sonoma County ($23)
・2007 Zinfandel Dry Creek Valley ($28)
・Villa Fiore Cabernet Sauvignon Alexander Valley ($19)
・2006 Cabernet Sauvignon - Alexander Valley ($34)

1本目サンジョベーゼベースの Siena はスムース、パワフルでカリフォルニアらしいサンジョベーゼで悪くない。それ以外は印象に残らず。思い出すのは豪華絢爛なお庭と宮殿。

Ferrari-Carano Winery





■ A. Rafanelli Winery (エー・ラファネリ・ワイナリー)
カリフォルニアワインの大御所かんちゃんに飲ませてもらったメルローと、House of Prime Rib で飲んだカベルネがとても美味しく、今回待望の訪問となった A. Rafanelli。

A. Rafanelli Winery


予約の時間に到着すると、先に来ていたグループと共にぞろぞろ樽倉庫へ移動。自己紹介もぽんっと渡されたワインの説明もなく、ちょっと不満。ツアー中もなーんとなくの雑談風。歴史ある樽庫は素敵だったけどさ。

A. Rafanelli Winery


メインの小さな小屋に戻ってテイスティング。ツアーやテイスティング料は無料。

・2007 Zinfandel Dry Creek Valley (控え忘れ) GOOD!
・2007 Merlot Dry Creek Valley (控え忘れ)
・2006 Cabernet Sauvignon Dry Creek Valley ($45) GOOD!

私の一番のお気に入りはジンファンデル。スムースで落ち着きのある上品なジンで、最初ジンファンデルとわからなかった。夫のお気に入りはどっしり王道カベルネ。ワインメーカーの方がボトルにサインをしてくれると聞いていたのでお願いすると、さすが慣れているらしく、Kanpai! と書いてくれた(笑)。お店ではほとんど見かけない貴重な A. Rafanelli ワイン。ワイナリー訪問時には是非。

A. Rafanelli Winery
※ただし、ここも倉庫系ワイナリーなので、fruit fly (小バエ)がひどかった、、、(涙)


-+-+-

素晴らしいピノ勢ぞろいの Siduri、ため息の出るような風景が広がる Paradise Ridge、賞の実力は確かだった Seghesio、ゴージャス気分で Ferrari-Carano、素朴な実力者 A. Rafanelli。今回のワイナリー巡りはどこも個性的でよかった。

ブドウの葉は品種によって色づき方が違うそうで、カベルネやジンファンデルの多いナパは赤く、ピノやシャルドネが多いソノマの地域は黄色になるそう。(あ、間違っていたら訂正してください、、汗)

この時期に訪れるワインカントリーは日本の紅葉に負けないくらい本当に美しい。ワインと、ワインの母であるブドウの樹と、熱い思いのもとワインを造り続ける人々の努力に感謝。


Siduri Wines (要予約)
http://www.siduri.com/
Paradise Ridge Winery
http://www.prwinery.com/
Seghesio Family Vineyards
http://www.seghesio.com/
Ferrari-Carano Vineyards and Winery
http://www.ferrari-carano.com/
A. Rafanelli Winery (要予約)
http://www.arafanelliwinery.com/


-+-+-



嬉しい誕生日プレゼントが。

1件目の Siduri で、「A. Rafanelli のワインメーカーはボトルにサインしてくれるのよ」と聞いていたので、A. Rafanelli ではワインメーカーのおじ様にサインをお願い。「今日、私の誕生日なの」と会話の中でぽろっとこぼすと、「それはめでたい!」と言って、一番お気に入りだったジンファンデルのハーフボトルに Happy Birthday のサインを入れてプレゼントしてくれた☆うわーい♪

よれよれのシャツを着て、一瞬どこのおっちゃん?(笑)と思うような気のいいワインメーカーのおじ様。でも、外にはぴっかぴかのフェラーリが停まっていたのでした。「すげー、、、ワインメーカーって成功すれば儲かるんだな、、、(by 夫)」

A. Rafanelli Winery
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-11-25 05:16 | ワイン&ワイナリー


<< No.774 全米で一番に輝い... No.772 ミシュラン2つ星... >>