No.730 ワインカントリー・ガイドブック☆ 『カリフォルニア・ワイントピア』

ワインライターの旦那様を持つお友達のゴマさんが執筆されたワインカントリーのガイドブック 『カリフォルニア・ワイントピア』 が出版されました072.gif (ゴマさん、発刊おめでとうございます!)

Durif
わいんのむ?


ゴマさんの人柄のような優しくわかりやすい文章&翻訳でつづられるこのガイドブック。カリフォルニアワインの代表的なブドウ品種の説明に始まり、ワインラベルの読み方、お勧めワイナリー、魅力的なレストラン、テイスティングルームでのテクニック、などなど。いわゆる教科書的なガイドブックではなく、これまでお2人が実際の肌で感じてきた生の視点で書かれています。かといって単なるエッセイではなく、ブレイクさんの確かな経歴と知識に基づいた内容。ブレイクさんがそっと教える「ワインライターの日常」コラムも、この本ならではのスパイス。

カリフォルニアならではの青い空と雄大なブドウ畑。個性的なワイナリーの数々。読めば読むほどワインカントリーに飛んで行きたくなってしまう!そんな言葉がぴったりな一冊。「ワインのことはよくわからないんだけど、ちょっとカリフォルニアワインを勉強してみたいな」という方には特に是非!読んでいただきたいガイドブックです。


日本では書店や楽天、アマゾンで購入可能。楽天は日本国内なら送料無料、アマゾンは海外発送可能です(本より送料のほうが高いですが、、)。アメリカ在住であればお近くの紀伊国屋書店でお取り寄せできるそうです。

■ 楽天
カリフォルニアワイントピア
■ アマゾン
カリフォルニアワイントピア ~極上ワイナリーへの旅~ (私のとっておき)



-+-+-

著者略歴:
W. Blake Gray (W. ブレイク・グレイ)
サンフランシスコ・クロニクル紙のワイン記者・編集として、2007年まで年間200種類以上のワインを評価。2000年には、ナパ・ヴァレーを紹介する初のインタラクティブ・オンライン・ガイドを立ち上げている。サンフランシスコに拠点を置くワイン・ネゴシアンのCEO副社長として活躍。ワイン、蒸留酒、カクテル等、数々のコンテストの審査員、またワインの殿堂(Vintners’Hall of Fame)の選考会委員長を務めている。1991年から98年まで東京に在住し、美味しい日本酒と真美に出会う。

石川 真美
北京大学を卒業後、テレビ東京でアナウンサー、報道局国際部記者を務める。2002年に結婚を機会に、サンフランシスコに移住。現在はアメリカの日本酒業界に身を置く。山梨県生まれの、旅行、ダイビング大好き人間。ブログ「サンフランシスコ・ワイン日記」でサンフランシスコ生活とワイン徒然を更新中。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-19 04:08 | ワイン&ワイナリー


<< No.731 サンフランシスコ... No.729 胃も心も大満足ブ... >>