No.727 今年も最高の Diamond Creek と Failla のラブリーピノ@Napa

ブルゴーニュワインを語り始めたら夢の世界へ行ってしまう(笑)ブルゴーニュ命のTさんにお誘い頂いて、ナパの Diamond Creek で毎年開催されるテイスティングイベントへ。素敵なピノにも出会った大収穫のナパツアー。



■ Failla Wines (フェイラ・ワインズ)
ナパ北部カリストーガにあるワイナリー、Failla。オーナー兼ワインメーカーは、カリフォルニア・ジンファンデルの金字塔 Turley のワインメーカーも勤める!Ehren Jordan (アレン・ジョーダン)氏。San Francisco Chronicle 誌の "Winemaker of the Year 2008" にも選ばれている。それだけでも興味津々だったけれど、今年のピノノアールの祭典 Pinot Days でワインの大御所かんちゃんゴマさんが「Failla のピノは美味しかった」と言うものだから、それは飲んでみなければ。

テイスティングは完全予約制。丁寧なメールのやり取りで好印象。朝の11時。私たちあわせて3組6人。(うち1組はシカゴでワインバーを営んでいるカップル。Failla の大ファンっぽい。)

Failla のテイスティングルーム兼オフィスはとっても素敵!古い山小屋風の建物の中は、こだわりのインテリアやアンティークでいっぱい。もちろん著名なワインボトルもたくさん並んでいて、これらはジョーダン夫妻がこれまで飲んだワインなんだとか。

Failla

リビング風のソファーに座って、ワイナリーの歴史やワインの説明を聞く。アットホームな雰囲気の中、ワインを傾けながら質問したり談笑したり。柔らかい時間がゆったり流れていく。

Failla Failla

テイスティング料は1人10ドル。ワインを買うと差し引いてくれる。

・2007 Chardonnay Monument Tree Anderson Valley ($38)
・2007 Pinot Noir Sonoma Coast ($34)
・2007 Pinot Noir Keefer Ranch Russian River ($45) GOOD!
・2006 Pinot Noir Hirsch Vineyard Sonoma Coast ($65) GOOD!
・2007 Syrah Phoenix Ranch Napa Valley ($42) GOOD!

文句なく美味しいピノ。特に単一畑の Keefer と Hirsch Vineyard はどちらも著名な畑だけあって本当に美味しい。Keefer は鮮やかなベリー系、Hirsch はより上品で落ち着きがあり、果実味と酸味のバランスがとてもいい。フェイラはブルゴーニュスタイルのピノを目指しているんだそう。もう、うっとり。先日のFreemanに引き続き、素晴らしいピノに出会えたもんだ。

最後のシラーがまた驚き。フルーツ爆弾みたいなカリフォルニアのシラーではなく、パワフルだけど落ち着きがあり複雑。ヴィオニエがブレンドされているからかお花のような後味が残る。夫は「Turley のワインみたい」と。前年の 2006 Syrah Phoenix Ranch Napa Valley は、Wine Enthusiast 誌の2008年 TOP 100 の第一位に選ばれたんだそう。

ワインは言うまでもなく、ワイナリーの雰囲気や対応も申し分なくご満悦。いやー、来てよかった。

Failla





Diamond Creek Vineyards (ダイアモンド・クリーク・ヴィンヤーズ)
カリフォルニアのプレミアワイン、Diamond Creek。今年も運よく年に一回のテイスティングイベントに参加できて幸せ。

Diamond Creek Vineyards


2時からのツアーには去年参加したため(去年の様子はこちら)、今年は3時からのテイスティングより参加。ダイアモンド・クリークには "Lake"、"Red Rock Terrace"、"Gravelly Meadow"、"Volcanic Hill" の4種類のカベルネ・ソーヴィニヨンがある。「Lake」は特別で良年にしか造られない。今年も「Lake」以外の3種類、リリース予定の2007が飲み放題!

Diamond Creek Vineyards

Red Rock Terrace は果実味と酸味が豊か。Gravelly Meadow は深みのある重厚で複雑なワイン。Volcanic Hill は Red Rock Terrace に少し似ていて、酸味控えめ、タンニンしっかり、暑い中でもきりっとした印象。香りがどんどんよくなる。最初は Volcanic Hill が一番好きだったけれど、最後は Gravelly Meadow に落ち着く。いや、落ち着けない。どれも最高に美味しい。未リリースの段階でこれだけ美味しいのに、何年か寝かせたらどうなるんだろう。

目下、ナパで一番好きなカベルネ。(これ以上高いナパのカベルネなんてそうそう飲んだことないもので。苦笑)でも、1本175ドル。Lake に至っては 1999 ヴィンテージが400ドルです。買えませんってば。

Diamond Creek Vineyards





■ Frank Family Vineyards (フランク・ファミリー・ヴィンヤーズ)
こちらもカリストーガにあるワイナリー。去年(2008年末)頃まではナパにおいてテイスティング無料!と重宝がられていたけれど、現在は10ドル。ご時勢ですかね。(ワインを買うと差し引いてもらえる。月から木は無料。)

Frank Family Vineyards

・Blanc de Blancs ($35)
・Rouge ($35)
・2007 Chardonnay, Napa Valley ($32.50)
・2007 Reserve Chardonnay, Carneros ($55)
・2006 Zinfandel, Napa Valley ($36.75)
・2005 Cabernet Sauvignon, Napa Valley ($45) GOOD!
・2005 Rutherford Reserve Cabernet Sauvignon ($85) GOOD!

Frank Family はスパークリングも造っていて、Rouge は100%ピノノアールのチャーミングな色が印象的。色とは一転、思ったよりドライでブラックベリーのような濃い味。その他のワインもどれも美味しい。この「どの品種を飲んでも一通り美味しい」を満たすワイナリーは貴重ですごいと思う。

ただ、朝一だったので準備が出来ておらず対応がかなりおろそか。目も見ず注ぐだけのワインもあったり。それはないよなー。でも、朝からすごく人気のワイナリーだった。ちゃんと対応してくれる時に来ればワイナリーの印象も全然違ったかも。

Frank Family Vineyards





■ Alpha Omega Winery (アルファ・オメガ・ワイナリー)
1、2年ほど前に初めて名前を聞き、それがどれもいい評判で、あれよあれよという間に有名になっていった感のあるワイナリー Alpha Omega。29号線沿いに大きな看板。

Alpha Omega Winery

モダンで洗練されたワイナリー。テイスティングルーム内も、天井が高くスタイリッシュ。ボトルを購入し、テラスで楽しむ人も少なくない。

Alpha Omega Winery

テイスティング料は15ドル。プラス10ドルでシグネチャーワイン ERA を飲むことが出来る。最近話題の、デキャンタージュしなくてもグラスにワインを注ぐ段階で同じ効果が得られるワインエアレーターで注がれる。へぇ。(ワインエアレーターは「カリフォルニアワインのお勝手口」でも紹介されてます。)

・2008 Sauvignon Blanc Napa Valley ($34)
・2006 Chardonnay Napa Valley ($46)
・2006 Cabernet Sauvignon Napa Valley ($74)
・2006 Rroprietary Red Wine Napa Valley ($82) GOOD!
・2006 ERA Napa Valley ($160) GOOD!
・2007 ERA Napa Valley (バレルテイスティング) GOOD!

ERA はカベルネソーヴィニヨンとメルローがほぼ同比率のブルゴーニュスタイルブレンド。Oakville や To Kalon、Spring Mountain のブドウが使われている。どっしりとしたタンニンでさすがに美味しい。2006を飲んだ後、2007のバレルテイスティングまで。若さはあるけどこれもいい。でも、160ドルとは強気の値段設定。(だったら私は175ドルの Diamond Creek を買いたい。)

ナパでは珍しく6時まで開いているワイナリー。私たちも一日の最後に訪れた。ワイナリー人気と遅い訪問が重なってか、対応が相当にいい加減。平気で長時間放置されるし、ワインは飛ばされるし、ボックスワインを売りつけようとするし。商業的になりすぎてて、、、残念。

Alpha Omega Winery


-+-+-

今回はどのワイナリーも全体的に美味しかった。Failla と Diamond Creek はもちろん、Frank Family と Alpha Omega もレベル高し。(ワイナリーの対応がよければ本当によかったのに。)樽香の強すぎるカリフォルニアのシャルドネが最近苦手だったけど、今回飲んだシャルドネはどこも上品で美味しく、カリフォルニアのシャルドネも悪くないな、と再認識。

ブドウがすっかり実をつけて房になっていた。ナパのブドウの成長を見ていると一年が巡るのが本当に早い。

Failla Wines (要予約)
http://www.faillawines.com/
Diamond Creek Vineyards (一般非公開)
http://www.diamondcreekvineyards.com/
Frank Family Vineyards
http://www.frankfamilyvineyards.com/
Alpha Omega Winery
http://www.aowinery.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-11 10:48 | ワイン&ワイナリー


<< No.728 歳をとるのはいい... No.726 インドインドとい... >>