No.721 居酒屋系ラーメン店 怒髪天@Palo Alto

San Antonio Rd を走っていて気になっていた、オレンジの暖簾の新しいラーメン屋、怒髪天(どはつてん)。ベイスポに載っていたのをきっかけに来店。US-101 を降りて Los Altos 方面に向かってすぐ。右側。

Dohatsuten(怒髪天)


日曜夜7時頃。外席は満席。お、結構流行ってる。店内もテーブル席のほとんどが埋まってる。海の家を思わせるような開放感のあるシンプルな造り。(写真は明るいけど、店内は結構暗め。)

Dohatsuten(怒髪天)


メニューを開くとラーメン屋にしては一品料理が充実。しかも嬉しい居酒屋系メニュー。日本酒や焼酎もぼちぼち揃ってて。

Dohatsuten(怒髪天)


ラーメンは、ラーメン(塩・醤油)、怒髪天ラーメン(塩・醤油)、柚子味噌ラーメン、冷製ラーメンの6種類。オープン当初より増えてるらしい。ランチはさらに野菜ラーメンと太肉麺あり。鶏がら、とんこつ、魚だし。

Dohatsuten(怒髪天)



一品料理にかなり引かれるものが多かったんだけど(名古屋風揚げ手羽とか自家製鮭燻製とか)、ここは初来店、ラーメンが食べれなくなったら本末転倒。ぐっと我慢し、前菜一品とラーメンをひとつずつ。

炙り〆鯖
乗り過ぎるくらい脂の乗ったしめ鯖。ほぉ、なかなか。結構美味しい。(偉そうな感想だなぁ、すみません。)"炙り" の香ばしさは感じなかった、そういえば。でも美味しい。

Dohatsuten(怒髪天)


ラーメン(醤油、チャーシュー追加)
夫は王道醤油。具は、チャーシュー、ねぎ、メンマ。スープを一口。おぉ?旨い。こってりとんこつ醤油系ではなくあっさり系だけど、複雑な味がする。ほのかなにんにく風味もいい。麺は私の好きな細めの卵ちぢれ麺。ちょっと茹ですぎな感じだけどまぁよしとしよう。

Dohatsuten(怒髪天)


怒髪天ラーメン(塩)
私は看板メニューの怒髪天。具は、チャーシュー、豚ひき肉、ニラ、もやし、メンマに韓国の糸唐辛子。(英語では "korean chilli" と書かれてあったので、ベイスポの写真を見ていなければ、辛さが塩味を邪魔すると思い注文しなかったかも。)こちらも、おぉ?旨い。コクのある塩。いいなぁ、このスープ。ひき肉ポイント高し。チャーシューも旨い。糸唐辛子は飾り程度で辛くもなっておらず。

Dohatsuten(怒髪天)

ただ、ここのラーメンを表現する一番適切な言葉は「甘み」。いい味出してる意味で、醤油も塩も甘口。(大阪の神座(かむくら)にちょっと近いかも。)これが病みつきになる人も絶対いそう。私は好み。そして「味が濃い」。お酒と一緒に食べるならいいけど、ランチなどで食べるとちょっと濃くないかなー。ベイスポによると「名古屋系ラーメン」なんだとか。名古屋だけに、甘くて濃い味なのかな。



抹茶ティラミス
あちこちで注文が入っていたので食べずにはいられなかった抹茶ティラミス。個人的にはこれはちょっと。。抹茶のスポンジケーキがぱさぱさ。マスカルポーネの味もせず。さらに、周りのクリームがこってり&量が多すぎて、ケーキ自体の味を隠しちゃってる。サンマテオのひまわりの抹茶のクリームブリュレに大きく軍配。(えー、普通に美味しかったよ。by 夫)

Dohatsuten(怒髪天)



「ベイエリアで日本と同じレベルのラーメンを期待してはいけない」という暗黙の了解が染みつき、晴、香風、ひまわりと流れ流れ。正直今回も、過度な期待はせずに訪れた。そういう意味で、甘さゆえ好みは分かれるかもしれないけれど、ベイエリアでは十分美味しいラーメン屋の仲間入り、と思う。ラーメン好きの夫も及第点。ただ、他のラーメン店に比べて量は少なめ。

気になったのは、混んでる時間だと一品物が出てくるのが遅い。これが居酒屋なら気にならないのかもしれないけれど、ラーメン屋の前菜と考えてしまうとちょっと遅い。

でも、ふと思う。ここはラーメン屋というより、美味しいラーメンを出す居酒屋として構えるべきなのかも。だって英語名は「Japanese Tapas & Ramen」。次回はラーメンではなく、一品料理だけをつまみに来たい。と言うわけで、リピ確定。


Dohatsuten(怒髪天)


麺酒場 怒髪天
799 San Antonio Rd.
Palo Alto, CA 94303
(650) 493-2878
火~日:ランチ、ディナーあり。夜は12時まで。月曜定休。カード利用可。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-07-28 08:54 | レストラン


<< No.722 West mee... No.720 あなたのうっかり... >>