No.709 独立記念日は花火と音楽の祭典で Independence Day 2009@Mountain View

4th of July。アメリカでの正しい独立記念日の過ごし方は花火でしょ。ということで、今年はマウンテンビューの Shoreline Amphitheatre で毎年行われる花火と音楽の祭典 4th of July Fireworks Spectacular with the San Francisco Symphony へ。サンフランシスコ・シンフォニーの野外コンサートと共に花火を楽しめる、このあたりでは有名なイベント。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


会場は、前方指定席、後方指定席、芝生自由席の3セクション。(あ、一応無縁のVIP席もあります。)芝生はオープンスペースの自由席だけど、後方指定席と値段は一緒!早く着いて場所取りしなきゃ!なんていうのは私的な発想で、アメリカ人にとっては待ってましたのお楽しみ時間。大きなマットを広げ簡易チェアーを並べ、芝生でごろごろしながら家族や友人とのんびりした時間を過ごす。子供たちも大はしゃぎ。

と言うわけで、芝生席が一番人気。コンサートが始まる2時間以上前から徐々に埋まり始める。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


私たちは後方指定席。こちらは席が決まっているので開始ぎりぎりまでガラガラ。舞台までは多少遠いけれど、音はよく、巨大スクリーンもあるのでコンサートは十分楽しめた。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


食べ物はピクニック風に持参する人が多い中、私たちのお楽しみはイベントならではのジャンクフード。このガーリックフライ、ポテトの揚がり方がカリカリで屋台としてはかなりの合格点!ガーリックも生過ぎず、美味しかったぁ♪ もちろんお供は夏ビール。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre



8時コンサート開始。第34回目を数える今年のテーマは "A LOOK TO THE FUTURE"。テレビシリーズや映画で有名な Star Trek の名ナレーター George Takei さんがメインゲストで登場。音楽に合わせて独特な語り口でナレーションが始まると、Star Trek ファンの人たちはうっとり。(・・・私は見たことないんですけどね、Star Trek。それでも十分楽しめました。)過去にはミュージカル特集やヒーロー曲特集などもあったそう。(2008年の様子はcampbellさん、2011年の様子はMiyukiさんのブログでご堪能ください。)


あっという間にコンサート開始から1時間半が経過。あたりはすっかり暗くなり、、、いよいよメインイベントの花火開始っ!花火は会場左後方、芝生席の後ろ頭上に打ちあがるため、みんな振り返って見上げる形に。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


写真でもわかるように、座席からだと大きな照明が結構邪魔になるため、座席の人は立ち上がって見えやすいところまで移動したり。ここでもやはり芝生は特等席。障害物も何もなく、ごろんと寝そべり、空には花火。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


音楽をBGMにどんどん打ちあがる花火。を組み合わせた花火が多くて独立記念日を盛り上げる。最後の連発花火はどどどどどどどーんっと大迫力で、観客も歓声と大拍手。最後にステージを振り返ると、舞台いっぱいの大きな星条旗。毎年恒例の締めくくり。アメリカらしい楽しいイベントでした。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre





・・・さて。ここからが長かった。

花火は15分くらい。「よかったねー」と話しながらぞろぞろと駐車場へ向かう。車に戻ったのが10時。エンジンをかけ、出口への列に並ぶ。そこから50分間微動だにせず。混雑も何も、とにかくびくとも動かない。みんな諦め、エンジンを切ってひたすら待つ。10時50分頃から少しずつ動き始め、11時15分にようやく駐車場敷地内から脱出。1時間20分後の11時20分に一般道にたどり着く。「帰りの車が激混み」とは聞いていたけれど、ここまでとは。

今回停めたのは10ドルのレギュラーパーキング。40ドルのVIPパーキングは高すぎるにしても、次回はせめて20ドルのプレミアパーキングに停めたいところ。プレミアパーキングは会場に近いだけでなく、何より帰りの一般道へのアクセスがいい。(コメント欄で情報頂きましたが、専用駐車場ではなく少し遠くに路駐して歩いて会場までいくのも手です。)


Shoreline Amphitheatre
http://www.livenation.com/venue/shoreline-amphitheatre-at-mountain-view-details
One Amphitheatre Parkway,
Mountain View, CA 94043


上記URLに以下のような会場情報が載っています:
・使い捨てカメラ、デジタルカメラは持込み可。
・プロフェッショナルカメラは不可。(何をもってプロフェッショナルというかは不明。実際、多くの人が一眼レフを持ってきていた。)
・ビデオ、オーディオレコーディング機器、レーザーポインタ、危険物も持込み不可。
・食べ物は大きなひとつの透明プラスチックバックに入れるようにとあるけれど、普通のスーパーのビニール袋や紙袋、エコバッグでも問題なさそう。
・アルコールは持込み不可。(会場内で買える。)
・会場入り口で簡単な持ち物チェックあり。

その他所感:
・コンサートが始まるまで、ちょっとした子供向けの特設ステージやフェイスペインティングはあるけれど、大人が時間をつぶせるようなものはない。(飲んで食ってしゃべってればいいのだが。)帰りの駐車場脱出待ちも兼ねて、時間をつぶせる遊び道具を持っていくといいかも。
・夜はかなり寒くなるので防寒必須!特に、芝生は地面に接するので指定席よりも寒い。厚手の毛布を下に敷く人も多数。寒がりの私は、長袖×2、フリース、ブランケットでも寒かった。。ダウンジャケット持参でもいいくらい。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-07-06 10:08 | アメリカのイベント


<< No.710 七夕 No.708 ベイエリアで一番... >>