No.708 ベイエリアで一番美味しいイタリアン Oliveto@Oakland

ベイエリアで食べたイタリアンで、一番美味しいイタリアンだったぁ
そんな幸せ気分いっぱいになったオークランドのイタリアンレストラン Oliveto Cafe & Restaurant。きっかけは、私がベイエリアの食事情でかなりの信頼を寄せているiloveapplesさんがお気に入りレストランに挙げていたこと。(iloveapplesさん、ありがとうございます☆)

Oliveto


カリフォルニア料理の元祖Chez Panisse (シェ・パニーズ)で Executive Chef の経験を持ち、著書 『Chez Panisse Cooking』 を Alice Waters (アリス・ウォーターズ)女史と共同執筆、現在 Oliveto の共同経営者である Paul Bertolli (ポール・ベトリ)氏の Executive Chef のポジションを2004年から引き継いだのが、現在の Executive Chef である Paul Canales (ポール・カナレス)氏。イタリア中を長く旅し、恐ろしい舌の記憶力で料理を作り出す天才シェフなんだそう。イタリアンシーフードに広がりを持たせるため、日本食にも多大な関心を持っている。

お店は1Fのカフェと2Fのレストランに分かれている。この形式も Chez Panisse っぽい。今回のディナーは2Fのレストランを予約。螺旋階段を上がると、白で統一され大きな窓を一面に配した明るい空間が広がる。そんな空間ぴったりに活けられた、天井まで届きそうなグリーンにも目が釘付け。

Oliveto


メニューは季節変わり。この日も涼しげなイラストが配された Summer Dinner メニューを渡される。ここのメニューはイタリア用語が多くて(しかも英語の説明が少なくて)ハードルが高い。。ホームページ上のメニューを予習していってよかったと真剣に思う。でも、メニューの予習と、どれにするかを決めるのは別問題。いつものようにうんうん悩み、シェアできる夫と相談(お願いともいう)しながら決定。メインに肉やシーフードもあるけれど、今回はパスタメインで。

Oliveto



Chilled octopus "soppressata" with Castelvetrano olives, celery heart, and Monte Iblei olive oil 生タコのカルパッチョ
前菜一品目。"soppressata" はサラミだと思っていたらカルパッチョだった。シンプルで美味しい生タコとオリーブ。私はちょっと塩加減追加。(※関係ないけどスペイン名物の茹でタコは絶品だったぁ。)

Oliveto


Smoked shellfish sausage with scallopes, white shrimp, halibut, and salmon 魚介のソーセージ
前菜二品目。貝やホタテや海老や魚の身がぎゅっと詰まった、すり身状のソーセージ。バーブも効いて、いろんな味と食感がして美味しい。特に夫がお気に入り。

Oliveto


Pappardelle with Jones Farm rabbit ragú ウサギ肉の煮込み風ソースパスタ
Pappardelle (パッパルデッレ)は、フェトチーネより幅広のきし麺パスタ。ragu (ラグー)は肉の煮込みみたいな意味で、つまりウサギ肉の煮込み風ソース。うんまっ!生パスタはちょうどいい硬さの茹で加減、噛めば噛むほどすんごい旨い。一麺を30回くらい "もぐもぐ" 噛んで食べる。ソースとの絡みも最高。ウサギ肉がささみサイズで、夫はちょっと臭いね、と。ひき肉系なら尚よかったのかも。いや。パスタがうま過ぎるので何でもよし。

Oliveto


Agnolotti dal plin アニョロッティ・ダル・プリン
これも予習してなければ確実にスルーした一品。(だってこの名前以外なんの説明もない。)肉、ほうれん草、リコッタチーズなどをパスタで包んだ小さなラヴィオリのようなもの。これもうまっ!ぷっくり膨らんだちびパスタの中に、凝縮されたチーズと肉。それだけで十分味があるから、味付けはシンプルにオリーブオイルと摩り下ろしたパルメザンチーズのみ。このオリーブオイルとパルメザンそのものも美味しい。ああ、もう、幸せ。

Oliveto


あわせたイタリアワインは久しぶりの Aglianico (アリアニコ )。と思ったら Prugnolo (プルニョーロ)というサンジョベーゼ品種が85%だった。ブラックベリー系のフルーティなイタリアらしい飲みやすいワイン。パスタにはイタリアワインが断然あう。(そりゃそうでしょ。)

2004 Ramitello Di Majo Norante "Terre degli Osci"


前菜を2品頼ませてもらったし、絶品パスタで胃も心もめろめろだったので、なんとこの私がデザートをパス。帰りの車の中でもワインにほろ酔いになりながら「パスタおいしかったぁ」をつぶやき続けてた。ブログを書きながらも写真を眺めてはあのパスタの味が口に広がり、次はいつ行こう?って考えてしまう。ピザもとても美味しいらしいので、次はピザランチもありだな。いやー、パスタを食べずして帰れるかな。

「ベイエリアで一番美味しいイタリアン」などと偉そうにうたっておりますが、サンフランシスコ市内の有名なイタリアンにはほとんど行ったことがありません・・・(汗)でも、味で言えば、個人的には Quince や Perbacco より感動でした。

Oliveto Cafe & Restaurant
http://www.oliveto.com/
5655 College Avenue
Oakland, CA 94618

1F Cafe 月~日:朝食、ランチ、ディナーあり。定休なし。
2F Restaurant 月~日:ディナーあり、朝食とランチは月~金のみ。定休なし。
週末と平日夜は最寄のBARTのパーキングを利用可能。ピザメニューがあるのは Cafe のみ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-07-03 14:39 | レストラン


<< No.709 独立記念日は花火... No.707 ざくっさくっ!イ... >>