No.684 Jury Duty (陪審義務)

カリフォルニアに住み始めて4年目。とうとう家にもやってきた。Jury Duty。初めて届くと、「おぉ、これが噂のJury Dutyかぁ!」と、ちょっと感心。(なんて言ってられるのは免除されるからだよねー。)

Jury Duty
Jury Summons (陪審召喚状)


ご存知のとおり、「陪審制」とは、一般市民が裁判に召集されて「陪審員」として被告人を裁くシステム。アメリカでは市民権を持つ人の義務(陪審義務:Jury Duty)となっていて、呼び出されたら裁判所に出向い陪審員を務めなければならない。

カリフォルニア州で陪審員になるには、アメリカ市民権(アメリカ国籍)があり、18歳以上で犯罪歴が無く、英語が理解できることなどが条件。

Qualifications for Jury Service (by California Courts)
http://www.courts.ca.gov/jurybasics.htm

California law says you are qualified to be a juror if you:
* Are a U.S. citizen
* Are at least 18 years old
* Can understand English enough to understand and discuss the case
* Are a resident of the county that sent you the jury summons
* Have not served on a jury in the last 12 months
* Are not currently on a grand jury or on another trial jury
* Are not under a conservatorship
* Have had your civil rights restored if you were convicted of a felony or malfeasance while holding public office


従って、アメリカ市民でない私たちは陪審員になる義務はなく、「市民ではない」と断ればよい。

じゃ、なぜそもそも召集令状が送られてくるの?カリフォルニア州の場合、DMVのドライバーズライセンス情報と有権者登録リストからランダムにピックアップしているそう。(ピックアップルールは州ごとに異なる。)

How did you get my name?
http://www.courts.ca.gov/3953.htm#name
All potential jurors are selected at random from lists. Courts use Department of Motor Vehicles and voter registration lists.


アメリカ国民全員が有権者登録を行っているわけではない(と思う)から、有権者登録リストからだけピックアップするのは不公平、という考え。かといってDMVのデータベースを使うのはいかがなものかと。DMVのデータベースにアメリカ国民かどうかの情報を付加すれば、無駄な郵便料や免除者処理コストを削減できるのに。ただでさえ財政難のカリフォルニア州の無駄遣い、、、



-+-+-

Jury Duty の免除手続き(Request an Exemption)は、手紙、インターネット、電話の3種類。うちは夫がインターネットでやろうとしたら San Mateo County Superior Court のサイトが一日中落ちていてつながらず、電話は自動音声対応なので面倒。Jury Summons の免除理由にチェックを入れて郵送で送り返すのが一番楽だったー、とのこと。

ちなみに、夫は同じ裁判への召喚状が立て続けに2通、私にも1通届きました。ドライバーズライセンスの番号が連番だからだろうな。分かり易い。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-29 04:48 | アメリカ生活を始めよう


<< No.685 フレッシュサラダ... No.683 ベイエリアで魚釣... >>