No.670 スタンフォード大学の素敵なカフェ Cool Cafe@Palo Alto

パロアルトのスタンフォード大学内にある人気のカフェ Cool Cafe

女性オーナーの Jesse Ziff Cool シェフのこだわりは "fresh, in-season, organic and local ingredients." ローカル産で環境に優しい旬のオーガニック素材にとことんこだわる料理家。以前行ったメンロパークの jZcool や、同じくメンロパークのフレンチビストロ Flea St. Cafe のオーナーでもある。レストラン経営のほかに、本を書いたりテレビやラジオに出演したりクッキングスクールの講師をしたり、食関連のアドバイザリーやスポークスパーソンを勤めたりと多方面で活躍。

Cool Cafe


場所は、スタンフォード大学内の美術館 Cantor Center for Visual Arts の左奥。大好きな美術館だけど、お腹が空いていればあっさり素通り。

Cool Cafe


日曜日でもカフェは大人気。席を確保するのに一苦労。周りで食事をしてる人たちの会話が、さらっと難しい学会の話だったり、さらっと名誉教授に選ばれたすごい人の話だったり。うーん、アカデミック。

Cool Cafe


セルフコーナーにアガペシロップ(Agave Syrup)!カフェのセルフコーナーでは初めて見かけた。置いてある砂糖はオーガニック甘味料の代名詞 Wholesome、ミルク類ももちろんすべてオーガニック。

Cool Cafe



Grilled grass-fed beef burger ビーフハンバーガー
caramelized onions, chipotle aioli, baguette, add cheese: local swiss, cheddar or pt. reyes blue
バンズではなくハード系バゲットに挟まったバーガーが登場。(夫はバケットが固くて普通のバンズがいいといっていたけれど。その気持ちもちょっとわかる。でも美味しいバケット。)でもこの写真!肉汁たっぷりでとてもジューシー。これは満足。いい肉だなぁと思う。追加でトッピングしたブルーチーズとの相性もいい。

Cool Cafe


Pasture-raised chicken w/ bacon チキンサンドイッチ
caramelized onions, spinach, sun-dried tomatoes, aioli, wheat bread
淡白なチキンをカリカリのベーコンが補う。でも、個人的にはカラメライズドオニオンとサンドライドトマトがこのサンドイッチの主役だった。うまい。パンがぼそぼそぷちぷち素朴で健康になった気分。サイドに添えられたキャベツとブロッコリーのマリネサラダが、ほのかな甘さのドレッシングですっごく美味しくて。夫のまで奪って食べちゃった。

Cool Cafe



サンドイッチは、普通に美味しかったけど、すごーーーく美味しかったかというと、普通に美味しかったという感じ。・・・と、その場では思っていた、のだが。食べ終わった後の体の満足度というか、胃の快適さというか。あまり同じお店をリピートしたがらない私なのに、健康とかオーガニックとかに洗脳されたわけではなく、ここのサンドイッチやサラダはまた食べたいと強く思うようになった。ふむ。やはり実力のカフェなのかもしれない。

サンドイッチは9~10ドルとサイズ比にするとちょっとお高め。週末だと大学内のパーキングも無料だし、天気のいい週末が狙い目かな。

Cool Café
http://www.cooleatz.com/cool-cafe/index.html
Iris and B. Gerald Cantor Center for Visual Arts
Lomita Drive & Museum Way
Stanford, CA 93305
(650) 725-4758

水~日:ランチ、ディナーあり(夕方まで)。月・火曜定休。
スタンフォード大学内のカフェ最寄のビジターパーキング情報。有料時間帯は月~金の8:00~16:00。30分ごとに0.75ドル。近くのコインメーターで支払う。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-12 10:00 | レストラン


<< No.671 お役立ちサイト ... No.669 ハーゲンダッツで... >>