No.658 アメリカでカルボナーラが食べたい Osteria@Palo Alto

アメリカでなかなか見つからない物のひとつ、カルボナーラ。うちで作っちゃえばいいんだけど、レストランでカルボナーラを食べたくなることもありません?そんな日本人的願いを叶えてくれるイタリアンレストラン Osteria。訪れた日本人の方々が「ここのカルボナーラはアルデンテで美味しい」と以前から評判は聞いていたので、夫のテンションも上がる上がる。

Osteria

週末の夜。以前予約なしでふらっと訪れたらものすごい混み様で断念。今回は当日直前夕方5時頃に電話で予約。夜8時半なら空いてる、と。8時半でもまだまだ人が待ってる人気ぶり。店内は小さめで隣の席との間隔も狭い。でも満席で入り口も待ってる人がたくさんいるもんだから、ものすごい密集度。印象はイタリア大食堂。



アーティチョークと海老のサラダ
前菜で注文したのはアーティチョークと海老のサラダ。アーティチョークで一番美味しいハートの部分の上に茹でた小さな海老がこんもり。こってりイタリアンドレッシング。ハーブとレモンの酸味がいい。でも、2人で気に入ったのは左側の Hearts of Palm。柔らかい竹の子のような野菜。あっさり野菜だからこれもドレッシングにあう。

Osteria


Spaghetti Carbonara カルボナーラ
待望のカルボナーラ。量多い!いわゆる日本のカルボナーラとは違い、卵やクリームっぽさがなくさらっとした感じ。ほのかにガーリック。パスタは(アメリカ基準でなら)まぁアルデンテ。個人的にはもっと固いほうが好きだけど。食べ始めた後に、チーズと黒胡椒をがりがりかけにやってくる。チーズと黒胡椒で味が濃厚になってぐっと美味しくなる。

Osteria


Linguine con Vongole トマトソースのボンゴレ
このお店、パッパルデッレやフェトチーネのような幅広パスタはべちょべちょで出てくると聞いていたから、細パスタのリングイネのボンゴレ。こちらも大盛り。トマトソースにクラムがいっぱい。私は辛さが足りなくてチリフレークを追加。これも、アメリカでならアルデンテと呼んでいいかな、、という固さ。でも、パスタ自体はかみ締めると美味しい生パスタ。

Osteria


ワインは久々のキャンティ。軽めで飲みやすい。ワイングラスがまたイタリア大食堂っぽい。洗い立てなのか、ほんのり暖かいし(笑)パスタにはこういうワインがあうなぁと改めて実感。

2003 Terramia Chianti Riserva


Caramel Flan カスタードプディング
これが・・・これが・・・めちゃうまー☆濃厚で甘いカスタード味の、柔らかーいふるふるプリン。これはうまい!あぁ、幸せ。

Osteria



前菜の海老やボンゴレのクラムが缶詰っぽかったり、使っている食材が安っぽい印象はあるものの、味は悪くない。パスタは1皿13~14ドルでこの量だから、他のイタリアンに比べればお値打ち。なんといってもここはスタンフォード大学の学生街。レストランにも学生風の人たちが多かった。

夫は終始カルボナーラに大満足の様子。日本から来たばかりで、日本のカルボナーラを期待して行くとがっかりするかもしれないけれど(苦笑)、アメリカで食べられるカルボナーラとしては一度足を運んでみてもいいかも。実は近くにもう一軒、カルボナーラが食べられるイタリアンがあるらしいので、近々そちらも行ってみよう。

Osteria
http://www.osteriapaloalto.com/
247 Hamilton Ave
Palo Alto CA 94301
(650) 328-5700

ランチ :月~金:11:30 - 14:00
ディナー:月~土:17:00 - 22:00、日曜定休。絶対予約お奨め。パスタの他、子牛料理(veal)も評判。


-+-+-

※マウンテンビュー Napoletana Pizzeria のカルボナーラはお勧め。
※ちなみに私のベストパスタは、オークランドの Oliveto。その他、ハーフムーンベイの Pasta Moon と、ナパの Bistro Don Giovanni
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-04-17 18:46 | レストラン


<< No.659 爆笑!The M... No.657 2009年春 骨折 >>