No.656 フォアグラとソーテルヌのマリアージュ(Foie Gras and Sauternes)

世界三大珍味の1つに数えられるフォアグラ。甘美な極上甘口ワインのソーテルヌ。フランスでは、このフォアグラとソーテルヌが伝統的なマリアージュ(一緒に飲食して相乗効果でおいしい組み合せ!)とされている。

そしてそれは夫の夢でもあった。
4月は夫の誕生日。お誕生日に、叶えてあげよう、きみの夢。049.gif


フォアグラのパテはよく見かけるけれど、フォアグラそのものをようやく見つけたのは高級グローサリーストア Draeger's。ポンドあたり $44.95なり。今回手に入ったのはガチョウではなく鴨のフォアグラだったので、これでも多少お安め。手の温度ですら溶けてしまうというフォアグラ(脂肪の塊ですから)。フライパンの熱で溶けないように表面に小麦粉をまぶし、強火でさっとソテー。

世界最高級のソーテルヌとして名高いシャトー・ディケムにはさすがに手がでない。Draeger's ごひいきの造り手で、悪くない年1999年のハーフボトルを購入。



1品目 フォアグラのソテー
塩こしょうをふり、バターでソテー。うお!溶けてる!?急いで救出。一回り小さくなっちゃったけど、、ご感想は?「おぉ、脂っこいフォアグラの脂と極甘口のソーテルヌの糖度がいい意味で相殺しあい、新たな旨味が生まれる!!!」甘口マディラワインをベースにしたソースも用意したけれど、粗くふった塩こしょうだけで充分にいけるんだとか。

Foie Gras


2品目 フォアグラ丼
夫たっての希望。フォアグラ丼。こちらは市販の照り焼きソース。ご飯には海苔もトッピング。2品目だけあってかりっと焼き加減もうまくいったし、これは旨くないわけがない。ソーテルヌとのマリアージュは?「最高・・・(夢の中)。」照り焼き味でも?(笑)

Foie Gras


・・・ところが。フォアグラ丼1切れを食べ終わったところで夫ギブアップ。だって隣で見てるだけで胸焼けしそうな油の量。最後にはご飯が1センチくらいの油にたぷたぷ浸ってた。今回用意したフォアグラは約150g。レストランで見る量の3~4倍くらい。胸焼けした夫は、ほうじ茶をすすり胃薬を飲んでダウンしたのでした。。なんて誕生日だ。

とりあえず、フォアグラとソーテルヌの夢のマリアージュは最高だったという感想を胸に、もう二度とこの企画はやらないでしょう。(それでも翌日、残ったフォアグラ丼をうまいうまいと懲りずに食べていました。)

Foie GrasFoie GrasFoie GrasFoie GrasFoie GrasFoie Gras

-+-+-



ご存知のようにフォアグラは、ガチョウや鴨に強制的に餌を食べさせて、肝臓を肥大化させる(人工的に脂肪肝の状態を作り出す)製法。動物虐待に当たるとして生産や販売を禁止する動きが強まる中、2004年9月、カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツネッガー知事が「2012年以降、カリフォルニア州でのフォアグラの製造と販売の両方を禁止する」法案に署名。

現在、カリフォルニア州でフォアグラを生産している業者は Sonoma Foie Gras ただひとつで、2012年はこのフォアグラ製造業者がビジネス転換するための時間を与えた措置なんだそう。

California Health & Safety Code section 25980 bans both the production and sale of foie gras in California starting in 2012, giving the state's lone producer time to transition into a less barbaric business.



確かにすごい製法ですよね。肉や魚を食べるために動物を殺すだけでなく、人工的に無理やり "脂肪肝" を作り出してるんだから。私はフォアグラ嫌いなので困りませーん。アメリカの肥満増加で甘い物禁止条例が出たら抗議運動起こすけど。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-04-05 23:17 | ワイン&ワイナリー


<< No.657 2009年春 骨折 No.655 Costco レ... >>