No.640 ハイエンドなベジタリアンレストラン Greens@San Francisco

初めてこのレストランの名前を聞いたのは1年くらい前。おそらくサンフランシスコで一番有名なベジタリアンレストラン。名は体を表すその名も Greens Restaurants。その頃はまだ「ベジタリアン」=「野菜だけ食べる」くらいの浅はかな知識しかなく、ベジタリアンとヴィーガンの違いも知らず、マクロビやローフードの存在も知らない頃だったと思い出す。

Greens

レストランは Fort Mason (フォート・メイソン)という歴史的な倉庫の一角。(横浜の赤レンガ倉庫みたい。)店内に入るとまず目に飛び込むのは、サンフランシスコの港を一望できる大きなガラス張りの窓。夜の夜景もきれいだけど、昼のほうが港やゴールデンゲートブリッジを見渡せるかも、とも思う。

次に "へぇ" と思うのは、木。各所にたくさんの木が使われている。(上の写真にもある)どっしりした Black Walnut のドア、入り口には Hickory の階段、バーカウンターはオレゴン州の Cedar、ダイニングテーブルは Maple、Walnut、Cherry など。ほとんどがリサイクルされ再利用されている木々。

Greens


シェフは Annie Somerville 女史。ローカルなオーガニック野菜にこだわりを持ち、いくつもの地元の契約農家から新鮮なオーガニック野菜を仕入れている。季節によって仕入れる野菜が異なるので、メニューはほぼ日替わり。メニュー表にも毎日の日付が刻印されている。「野菜だけといってもボリュームがあり、肉メインな食生活な人でも楽しめる」という前評判。

テーブルを担当してくれたお兄さんは、とても柔和で親切で優しそうな人。友人夫妻と4人で、前菜から2品、メインから3品をチョイス。念のため「4人でこれで十分?」と聞くと、「plenty!」と元気よく。結構なボリュームなのかも。


-+-+-

Yellow Finn Potato and Green Garlic Griddle Cakes ポテトとグリーンガーリックのパンケーキ
with manchego, arugula pesto and creme fraiche.
全員が口を揃えて「美味しい!」と気に入った一品。ジャガイモを摩り下ろして小麦粉やチーズと混ぜて焼いたパンケーキ(想像)。もっちりなのにふわふわ、クリーミーで絶妙な食感。下味がしっかりついているので、ソースなしでも美味しい。(でも酸味のあるクリームフレッシュもうまうま。)

Greens


Winter Sampler 地中海前菜盛り合わせ
Filo turnover with fromage blanc (cheese), leeks and thyme; farro salad with cucumbers, Italian parsley and meyer lemon; hummous; eggplant relish with pine nuts; grilled artichokes with lemon oil and mint; grilled pita.
地中海料理でよく目にする品々の盛り合わせ。基本的に地中海料理ってオリーブオイルをふんだんに使うけれど、ここのはハマスも小麦サラダも油控えめあっさり系で、ちょっとヘルシー気分。ハマスとナスのレリッシュ、小麦サラダを一緒に口に運ぶとハーモニー。地中海はこうやっていろいろを混ぜ混ぜして食べるのが好き。

Greens


Stuffed Portbello Mushroom スタッフド・ポートベロ・マッシュルーム
with crimini mushrooms, spring onion, asiago and garlic breadcrumbs. Served with mushroom sherry sauce, green garlic mashed potatoes and broccoli di ciccio with pepper flakes.
メニューを見たとき、"スタッフド・マッシュルームに25ドル・・・?" と邪推な考えが頭をよぎったけど、いやいやどうして。立派なメイン料理。肉厚のポートベロに濃厚なマッシュルームソテー。グレービーもマッシュルーム風味。噛み応えがあり、味付けもしっかりなので食べ応えあり。

Greens


Mesquite Grilled Brochettes 野菜の串焼きグリル
mushrooms, yellow finn potatoes, peppers, red onions, yams, fennel and Hodo soy tofu with charmoula and almond cherry quinoa.
ぱっとみると、いかにも肉の塊が刺さっていそうな地中海風串焼きグリル。でももちろんすべて野菜。マッシュルーム、ジャガイモ、パプリカ、玉ねぎ、ヤム芋、フェンネル、そして醤油でマリネされた豆腐。味はエキゾチックなモロッコのスパイス。添えられているのは大好きなキヌア。ただ、欲張りを言うとスパイスなしで野菜そのものの味を楽しみたかったな。

Greens


Winter Roots Filo 冬の根野菜のパイ包み
with roasted butternut squash, parsnips, turnips, leeks, gruyere and almonds. Served with warm Italian butter beans and lacinato kale with pepper flakes.
この日一番のお気に入り。パイの中にはバターナットスカッシュ、パースニップ、ターニップといったアメリカを代表する冬の根菜類。これがすごく濃厚で、奥深い味にまとまっている。甘みのあるバターナットスカッシュはとろっととろけて、パースニップたちもほくほく。下に敷かれた白い豆の煮込みがまた優しい味付けで、ほろっと崩れる豆の甘さを堪能。私と友人の旦那様の一押し。

Greens


ちなみにここ、ワインもなかなか充実。興味深いのはやはりオーガニックワインが多いこと。そんな中から選んだのはスペインの Priorat (プリオラート)の赤ワイン。オーガニック。Garnacha (ガルナッチャ)と Carignan (カリニャン)が50%ずつのブレンド。ベリーの鮮やかなフルーツ味と酸味がうまく調和。食事も引き立て、単体でも楽しめるワイン。(だから飲みすぎる。飲みすぎた。)

2006 Ónix Priorat




ここまで来たら当然デザートも。

Roasted Pear Almond Tart 洋ナシのアーモンドタルト
with candied ginger crust and almond brown butter ice cream
さくっと崩れるタルト生地。アメリカのデザートなのに甘くない!アーモンド味のアイスクリームを狙い続ける。(かなり酔っ払い。)

Greens


Chocolate Coconut Marquis ココナッツがけチョコレートムース  *Vegan*
with medjool date caramel sauce
本日唯一のヴィーガンマーク。チョコレートムースにデーツ味のカラメルソース。濃厚なのに甘すぎない生チョコガナッシュのようでお気に入り。

Greens


Huckeberry Upside Down Cake ハックルベリーのアップサイドダウンケーキ
with meyer lemon creme anglaise and candied kumquats
これも甘さ控えめ。本当にここはアメリカのレストラン?スポンジはちょっとぱさっと感があったけど、周りに添えられたマイヤーレモン・クリームソースのほのかな酸味が美味しい。(Upside Down Cake っていうけど、普通スポンジが下だから Upside Down じゃないじゃーんと思ったら、焼いた後にひっくり返すという意味だったのね。へえ。と、やはり酔っ払い。)

Greens



野菜の味を大切にしながらも、全体的にしっかり味。「ボリュームがあり肉メインな人でも満足できる」という評に大きく頷く。ゆえに、野菜そのものの素朴な味を堪能するつもりで来ると、美味しいので結果としては楽しめると思うけれど、ちょっと肩透かしになっちゃうかもしれない、とも思う。(そういう方はバークレーの名店 Chez Panisse へ是非。)デザートは甘さ控えめ。それはそれで美味しかったけど、食後には甘いデザートを脳が求めるようになってしまったアメリカ生活(昔からか、、)、後から思い出すとお料理の感動のほうが大きい。

そうそう。ベジタリアンであってヴィーガンではないので、お料理にはチーズも乳製品も随所で上手に使われている。そういうところで肉食の人も満足度アップになるのかも。(そんなチーズ盛り合わせは、地元の名士 Andante DairyCowgirl Creamery より。地元とのつながりを大切にしてるのね。)




今でこそベジタリアンのお店はたくさんあるけれど、Greens がオープンしたのは1979年。まだまだベジタリアンレストランへの注目度は低く、そんな中で野菜を使った創造性溢れる料理の数々でカリフォルニアの美食家を魅了してきたレストラン。久し振りに友人夫妻とも会え、素敵な夜景を見ながら美味しい食事。大満足の夜。

Greens Restaurant
http://www.greensrestaurant.com/
Building A, Fort Mason Center
San Francisco, CA 94123
(415) 771-6222

ランチ :火~土:12:00 - 14:30 (日曜は10:30よりブランチメニュー)
ディナー:月~日:17:30 - 21:00 (土曜は$49の Prix Fixe Mene のみ)
予約をしていても全員が揃うまで席には通してもらえない。全員が揃っても予約時間ぴったりに来た人が優先的に席に通される。(当然といえば当然か、、、)駐車場がわかりにくいので、初めての人はサイトのDirectionをチェックすることを強くお奨め。入り口横には ToGo 専門の Greens to Go もあり。

Greens

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-03-05 04:19 | レストラン


<< No.641 サマータイム開始... No.639 レッドウッド・シ... >>